So-net無料ブログ作成

2018.01.08 常総御朱印めぐり(2) 八千代町、下妻市の神社 [国内旅行]

 野田市からスタートして、坂東市を通り抜けて次に向かったところは八千代町。


 途中、常総市の一言主神社に参拝しているが、ここについては次の常総市のページで紹介したい。


diary_18010813.jpg


八千代町の北部にある大きな鳥居を構えた鹿嶋神社へ。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018.01.08 常総御朱印めぐり(1) 櫻木神社(野田市)と坂東市の神社 [国内旅行]

去年、平成29年(2017年)の御朱印めぐりは野田市の櫻木神社からスタートし、ここでご朱印帳も購入して千葉県の神社を埋めて行った。

diary_18010801.jpg

今年、平成30年(2018年)のスタートは別の神社で、櫻木神社は今年2日目の参拝となった。

diary_18010802.jpg

diary_18010803.jpg

diary_18010804.jpg

朝9時過ぎに到着したが、既に参拝客が目立っていた。

去年は、何度と参拝と参拝したが、今年は何回参拝できるだろうか。

diary_18010805.jpg

diary_18010806.jpg

御朱印だが、1月は紙での授与となる。

正月限定のものと、川屋神社のものをいただき、これにて去年から使用している櫻木神社のご朱印帳のオモテ面だけでなく、ウラ面もページが全て埋まって満願となった。このご朱印帳を埋めた神社は全て千葉県のもの。1年で意外と埋まるものである。ありがたく保存させていただきます。

diary_18010807.jpg

diary_18010808.jpg

利根川を渡って、茨城県の坂東市へ。

まず向かった先は、岩井の國王神社。

diary_18010809.jpg

平安時代前期に、この辺りを治めていた平将門を祀っている。

歴史に出てくる平将門の乱の首謀者で、中央政府から見ると逆賊にあたるが、民衆からの支持が強く、神社に祀られるほどだったわけだ。拝殿、本殿、坐像が県指定文化財に登録されている。

この日、御朱印はいただけず。正月や11月の祭事の際にしかいただけないようである。

diary_18010810.jpg

車でさらに進み、沓掛の香取神社へ。

diary_18010811.jpg

diary_18010812.jpg

神世の時代からあると言われているが、空海が神社裏に寺院を建てて別当寺としたとか、平将門が社殿を建てたとか、歴史ある神社である。

御朱印を・・・と思ったが、残念ながら不在。授与所は開けっ放しだったのになぁ。

またの機会に伺うことにしよう。

 

坂東市の神社ではどこからも御朱印をいただけなかったので、またの機会に伺うことにしたい。

次のページで、八千代町に入ります。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018.01.06 初詣御朱印めぐり 葛飾八幡宮・船橋大神宮 [国内旅行]

 年末年始の旅行から戻ったのが1月4日。昼過ぎに帰宅して、荷物を片付けて夕方は食事に誘われていたので、この日は初詣に行けなかった。


 ということで、平成30年の御朱印始め兼初詣は1月6日。この日にどこに出かけたかと言うと・・・


diary_18010601.jpg


まずは地元の葛飾八幡宮へ。


総武線の本八幡駅から歩いて鳥居をくぐる。


鳥居は平成27年(2015年)に建て替わったばかり。


diary_18010602.jpg


diary_18010603.jpg


diary_18010604.jpg


diary_18010605.jpg


踏切を渡って参道を進む。


朱塗りの門は明治維新まではお寺の門だったという。


diary_18010606.jpg


社殿脇の大銀杏・千本公孫樹(せんぼんいちょう)は、初詣の時期となると葉が全く残っていない。


diary_18010607.jpg


例年通りだが、今年もうまくいくようにお願いした。


diary_18010608.jpg


京成電車で京成八幡から大神宮前まで移動し、向かった先は船橋大神宮。


diary_18010609.jpg


diary_18010610.jpg


2年前に参拝した時は1月4日で、この参道に長い列ができていたが、今回は列すらできていない状態だった。


diary_18010610.jpg
diary_18010611.jpg
境内はお正月の雰囲気が漂っていた。
diary_18010612.jpg


今年、平成30年(2018年)の千葉県の神社の御朱印は、佐倉・麻賀多神社の御朱印帳に集めようと思う。デザインが他の神社の御朱印帳と違って、横に描かれているタイプである。


diary_18010613.jpg


今回いただいた御朱印はこの2つ。


葛飾八幡宮の御朱印は、初めて紙でいただいた。今年は2月5日までは紙での対応とのこと。


その代わり、今年の正月用に「戊戌歳」と書き入れがある。


意富比神社(おおひじんじゃ)が船橋大神宮の正式名称。


 


このあと、横浜の親戚の家に行ったので、この日の御朱印めぐりはここまで。


次のページから、翌々日に出かけた茨城県方面の御朱印めぐりを書きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018.01.04 西安北京旅7日目 帰国 [海外旅行]

帰りの飛行機が午前9時10分発ということで、ホテルをまだ夜が明けない6時にチェックアウト。

diary_18010401.jpg

diary_18010402.jpg

この時間の地下鉄駅は平日なのに閑散としている。

それにしても、ギャッツビーの広告が目がさめるぐらい奇抜。

2号線を東直門まで移動したが、車内は空いてて座って移動できた。

diary_18010403.jpg

7時前に空港に到着してチェックイン。

diary_18010404.jpg

これだけの画面で、午前中に出発する国際線を全てカバーできるということは、北京からの国際線て意外と少ないような気がする。

出発時間まで中国国際航空(CA)のラウンジで待機。

残念なのは、上海のCAのラウンジは何種類も食事が用意されていて高級なホテル並にしっかりしているのに、北京のラウンジは食事はカップ麺と小さなサンドウィッチしか用意されていない。CAの本拠地なのに、なんで上海と同じぐらいの施設がないのだろうか。

diary_18010405.jpg

CA925便成田行きに搭乗。

diary_18010406.jpg

機内食。何故かパンが2個も付いてきた。隣の人は1個だったのに何なんだろう。

diary_18010407.jpg

車窓は全然期待できなかった。

写真はソウルと思われるが、霞んでてよく見えなかったし。

diary_18010408.jpg

機内で読めた新聞は人民日報。やっぱり中国国営らしいな。

diary_18010409.jpg

予定より20分ほど早い13時20分頃に成田に到着。

久しぶりに青空が眩しく感じた。

diary_18010410.jpg

こうして、7日間の旅はこれにて終了なのだが、中国国際航空の残念なところは、上級会員なのに荷物が優先的に出てくるように貼りつけられる”PRIORITY”のタグを全然付けてくれなかったこと。全部で4区間乗ったが、乗り換えの北京で係員に指摘したら付けてくれた以外は全く付いてなくて、荷物が出てくるのがどこも遅かった。スターアライアンスなのに、最低限のサービスもできていない。機内のエンタメも日本人向けのサービスが非常に薄かったし。シンガポール航空やアシアナ航空、タイ国際航空といった他のスターアライアンスの航空会社の日本語サービスと天地の差である。多分、今後は国際線で利用することは私的では基本的に無いと思う。

 

今回は西安、北京の7日間だったわけだが、西安はまた行ってみたい。西安で食べていないものがまだたくさんある。そして、西安から西の街にも足を運んでみたいとも思ったし。また、北京も今回ぐらいの天気だったらまた行きたい。空気が悪い日は勘弁だ。

 

次のページから初詣御朱印旅を書いていきます。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018.01.03 西安北京旅6日目(4) 北京 西単・王府井の夜 [海外旅行]

diary_18010369.jpg

頤和園を北門から出て、歩くのが面倒になり、バス停で行き先を見ていたら、西単まで行くのがあると知り、それで移動することにした。

頤和園まで西四から地下鉄で5元で、初乗りの3元より高かったので、バスに乗った時に車掌に確認したら4元とのこと。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018.01.03 西安北京旅6日目(3) 北京 頤和園 [海外旅行]

 西四から地下鉄4号線で30分ほど乗って、西苑で下車。

diary_18010344.jpg

diary_18010345.jpg

駅から10分ほど歩いて頤和園(いわえん)の東門に到着。

ただ、この時点で午後2時をわずかに過ぎていて、園内の主だった施設の入場券とのセット割引を購入することができず、入場料のみで中に入った。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018.01.03 西安北京旅6日目(2) 北京 西四付近のお寺 [海外旅行]

diary_18010333.jpg

紫禁城を神武門から出てバス移動。

北京の路線バスはトロリー方式は前からあったが、最近は電気方式も目立つ。

料金も知らない間に距離制に。最低2元で、10km以上から5km毎に1元加算になった。

diary_18010334.jpg

バス停の名称は「故宮」である。

北京のバスは、停留所の案内が出ているので、わかりやすい。

ここから101番に乗車した。

diary_18010335.jpg

白塔寺で下車。

diary_18010336.jpg

正式名称は妙応寺で、通称の白塔寺とは、本殿の後ろに建つ白い塔からきている。
diary_18010338.jpg

元の時代から続く仏塔。

diary_18010337.jpg

ネパール人・アニグの像が境内に置かれている。

この寺を建てた人で、ここはチベット仏教のお寺である。

また、この縁で中国とネパールの親善交流の場にもなっている。

diary_18010339.jpg

白塔寺から東に進み、広済寺へ。

diary_18010340.jpg

ガイドブックには紹介されていない寺だが、参拝客で賑わっている寺だった。

diary_18010341.jpg

ネコちゃんも尻尾を立てて上機嫌。

参拝客に可愛がられていた。

diary_18010342.jpg

diary_18010343.jpg

広済寺の近くに地下鉄4号戦の西四駅がある。

ここから頤和園の最寄駅である西苑まで移動。

続きは次のページで書きます。



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018.01.03 西安北京旅6日目(1) 北京 天安門広場・紫禁城 [海外旅行]

diary_18010301.jpg

朝8時半過ぎの前門からスタート。

ここを右折すると、天安門広場、そして突き当たりに天安門という場所である。

何故かこの時間は天安門方面に車が入れない状態。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018.01.02 西安北京旅5日目(2) 北京 夜の前門大街から天安門まで [海外旅行]

diary_18010225.jpg

牛街から乗ったバスを前門大街の東側で下車。

ここから街の中に入った。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018.01.02 西安北京旅5日目(1) 北京へ移動し、牛街へ [海外旅行]

 午前11時10分に北京行きの飛行機に乗るにはホテルを何時に出ればいいか。


 これを前夜にフロントで問い合わせて、午前8時にホテルを出発することになった。ホテルで予約した専用送迎車のお代は150元。旅の初日に空港からホテルまで155元したので、それに比べたら若干安く済んだ。


diary_18010201.jpg


朝8時の出発前にホテルの部屋から撮ったものだが、どんよりしている。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る