So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.07.15 夏の北海道旅2日目(1) 「北の国から」の舞台・富良野 前半編 [国内旅行]

diary_17071501.jpg

今朝のペンションの朝食。

おかずのプレート以外は、食べ放題・飲み放題となっている。

というわけで、メロンが食べ放題だったのが一番嬉しかった。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.07.14 夏の北海道旅1日目(3) 風のガーデン・ニングルテラス(富良野) [国内旅行]

 新千歳空港から夕張、南富良野を経て、富良野入り。16時半過ぎに市内のペンションにチェックインして、まだ外は明るかったので、回れるところを回ることにした。

diary_17071437.jpg

向かった先は、新富良野プリンスホテルの前にある風のガーデン。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.07.14 夏の北海道旅1日目(2) 映画の舞台の夕張・南富良野 [国内旅行]

 羽田を朝9時に出発し、10時半過ぎに新千歳に到着。意外と近いものである。

 北海道に何度も旅行していて、レンタカーを借りるのは今回が2回目。そして、新千歳空港で借りるのも今回が初めてである。

 空港で荷物を引き取り、レンタカーのカウンターで受付を済ませて、送迎のバスで借りる場所まで行く。新千歳空港だと、借りる場所が遠いので、車に乗れるまでに30分もかかる。意外と面倒なものだな。

 

 11時半前にレンタカーの営業所を出発。白ナンバーで一番小さい車種を予約したら、日産ノートになった。

 道東自動車道に入り、「帯広」の方角に車を進める。高速道路とは言え、ほとんどの区間が片側1車線である。30分以上進んで夕張のインターで下りた。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.07.14 夏の北海道旅1日目 旅立ち [国内旅行]

 ここ最近、年1回ペースで母親を連れての旅行をしている。韓国、岩国、台湾、そして今年は北海道に決めた。母親は札幌と小樽には行った記憶があるというが、それ以外の場所は初めて。あと、「北の国から」はよく見ていたようなので、ロケ地めぐりもしてみようということで、何ヶ月も前から計画立て。どこに行こうか、どのようにして行こうか。

 それにしても、北海道って旅先としては大人気だね。ホテルの予約が取りづらい。航空券の手配より、こちらの方がものすごく大変だった。

 こうして、3泊4日に行程を決定し、出発当日を迎えた。

diary_17071401.jpg

diary_17071402.jpg

朝9時発のANA55便で出発。

年2回もらっている株主優待券(半額割引)で搭乗。
心をひとつに!! 行こう2020 と書かれたオリンピックのスローガン入り。

diary_17071403.jpg

さて、今回も車窓を楽しませてもらうことに。

飛び立って、間もなく見えてきたのは東京ディズニーリゾートと、川の奥に葛西臨海公園。

diary_17071404.jpg

江戸川の真上を北上する。江戸川区北部、葛飾区の辺り。

diary_17071405.jpg

猪苗代湖。その向こうの市街地は会津若松。

diary_17071406.jpg

山形県の米沢付近と思われる。

diary_17071407.jpg

山形市と思われる。

真ん中にお堀が確認できるので、そこが山形城址。

diary_17071408.jpg

山形県北部を進む。

遠くに雪をかぶっているのは鳥海山だろうか。

ってか、まだ雪が残ってるんだな。

diary_17071409.jpg

秋田県に入り、田沢湖上空。

湖が異常に青い。

diary_17071410.jpg

青森県に入り、十和田湖上空。

田沢湖ほどの青さを感じない。

diary_17071411.jpg

眼下に大間崎。

本州はここまで。

diary_17071412.jpg

津軽海峡を抜けて、北海道の大地に入ると、もう着陸。

1時間半のフライトは本当にあっという間だった。

 

航路上の天気が良くて、車窓を十分楽しめたと思う。

このあと、レンタカーを借りて移動します。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.06.27-07.03 ブラジル出張でした その2 [海外旅行]

 約30時間かけてブラジルのサンパウロに到着し、セミナーを受講して、その日の夜はサッカー観戦で、ホテルに戻ったのは夜中の1時半。前日が遅いからと言って、翌日は遅く始まるわけでもなく、朝9時からスタート。6月29日はセミナー漬けの1日だった。


diary_17062901.jpg


diary_17062902.jpg


夕食はシュハスカリアでブラジル名物のシュハスコ。サラダバーで好きなだけサラダを取って、あとはスタッフが肉の塊を次から次から持ってくる。これで十分お腹いっぱいである。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.06.27-07.03 ブラジル出張でした その1 [海外旅行]

 突如、ブラジル出張を打診された。本当は韓国出張を予定していたが、ブラジルに行く予定の人のビザが下りないという。私もちょうど8月の休みにビザがなければ行けないところに旅行を予定していて、パスポートを預けている最中で、まずはそれを取り戻す作業がある。


 6月21日、元々某社の株主総会に出席するために有給休暇を取っていたのだが、午前にまず都内の某旅行者に出向いて、パスポートを引き取った。8月の旅行先のビザは取れている状態である。そしてその足で、仕事関係の旅行者の方に近くで待機してもらっていて、某ドトールでコーヒーを飲みながらパスポートの引渡しと、ブラジルビザのお願い。申込書は既に下書きをメールで渡していて、会社の推薦状も原本を作成済み。ブラジルビザのビジネス用は、不思議なことに訪問先の招聘状が不要で、しかも10日近くかかる観光と違って、1日で出るのだという。余談だが、この手続きをしていたために、午前中訪問予定だった株主総会は到着したら既に終了していた。残念。


 6月26日、職場に旅行者の方がビザ付きのパスポートを持ってきてくれた。これでブラジル行けるのが確定したことになる。出発1日前のことだ。


diary_17062701.jpg


出発当日6月27日、14時に職場を出発し、17時成田発のニューアーク行きで飛ぶ。ユナイテッドを使うのは、6年前のアメリカでのロードショー以来。あの時もハードな行程だったと思い出す。ニューヨークには何度か足を運んでいるが、ニューアーク空港を利用するのは今回が初めてである。


diary_17062702.jpg


diary_17062703.jpg


12時間のフライト中、前半は成田空港で購入したビジネス書を読んで過ごし、後半は仮眠または映画。マクドナルド創設の話が映画になったんだね。


機内食は離陸後間も無くと、着陸前に出た。以前に比べて相当シンプルになってる。逆に、アイスクリームとミネラルウォーターのサービスは以前なかったものである。ユナイテッドって、乗る度に段々ケチっぽくなるイメージが強いが、合併の効果で昔なかったサービスも生まれてるんだな。あと、上級の座席に乗るには金払えって話、ケチの典型だよな。あまりいい気分しない。


diary_17062704.jpg


16時半にニューアークに到着。


入国審査がものすごく時間がかかり、更にアメリカの空港ということで一旦荷物を取らなければならないのがめんどくさい。そして預け直しもある。到着してから乗り換えのセキュリティを過ぎるまでに1時間半もかかった。


diary_17062705.jpg


幸いなことに、それでもあと4時間乗り継ぎ待ちの時間がある。


正直、電車でマンハッタンにも行ってみたかったが、時間が読めなかったので今回は空港のラウンジで過ごすことにした。


diary_17062706.jpg


diary_17062801.jpg


22時過ぎにサンパウロに向けて出発。


成田からの便と同様にチキンとパスタを選べるようになってて、この区間でもパスタを選んだが、内容は全然違う。


diary_17062802.jpg


日付が変わって6月28日午前9時過ぎにサンパウロの空港に到着。


標高が少し高いところにあるからか、霧がかかっているように見える。


 


そして、ブラジル入国手続き。商用3年有効のマルチビザでの入国ということで、何か質問されたりするのかなと思いきや、


「ちょっと待ってて」


と、係員が私のパスポートとビザを見るなり、何処かに行ってしまった。何か問題あるのかな? と思いながら待つこと5分ほどして、再び係員が戻ってきて、何もなかったかのようにスタンプを押して、パスポートを返却してくれた。何があったのかは全然分からないままである。


 


空港に迎えが来ていて、トヨタEtiosというかつてのプラッツに似た車で移動。1時間半は乗っただろうか。サンパウロの街に入ったあたりで北に方角を変え、田舎の街へ。ビニエド(Vinhedo)という街に到着したのは午前11時半過ぎで、日本の職場を出発してから33時間半経過していた。移動だけで一苦労である。


 


そのあと、昼食からすでに到着しているメンバーと合流し、午後はセミナーに参加したが、とにかく眠くてしょうがなかった。何せ、日本との時差は12時間。昼夜が完全に逆転状態なのだから。


 


そんな疲れている夜に限って面白いイベントがあったりする。サンパウロへサッカーを見に行こうというのである。セミナーの参加者が全員乗り込んで、1時間以上かけてサンパウロの市街へ。


diary_17062803.jpg


パルメイラスの本拠地アリアンツパルケ(Allianz Parque)である。


ビジネスシートという上の階の落ち着いて見ることができる席である。


飲み物やおつまみも用意されていて、飲み食いしながら観戦できた。


diary_17062804.jpg


対戦相手はクルゼイロ。


前半に相手が3点も入れて、ホームで何てクソ試合をと思っていたが、後半にホームチームが3点入れて同点に。まさかの同点劇に大盛り上がり。どうせならもう1点入れて勝って終わってほしかったが、同点で試合終了となった。


試合開始が21時半を過ぎていたため。ホテルに戻ったのは夜中の1時半。ものすごく長い6月28日はこれにて終了した。


 


出張記後半編は、次のページで書きます。


 


 


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.06.25 烏森神社・回向院 [国内旅行]

 午後に株主総会に参加する用事があり、午前中の空いた時間を利用して、御朱印めぐりをした。

diary_17062501.jpg

東京新橋の烏森神社へ。

期間限定の御朱印を年に何度も発行している神社で、当blogでも今年は何度か紹介している。

diary_17062502.jpg

この時期は夏越大祓の御朱印。

書置きの紙でしか発行されず、朱書きはしない。500円お支払いした。

diary_17062503.jpg

株主総会の会場最寄の両国で下車し、回向院(えこういん)に向かった。

diary_17062504.jpg

江戸時代の明暦の大火で亡くなった人々を弔うために建立されたのが始まり。

本堂はコンクリート造りのビルに建て替えられている。写真はペットの霊堂だろうか。

diary_17062505.jpg

本堂は法事で入ることができず、御朱印をお願いしている時、本日も第一ネコちゃん発見。

いい時間つぶしになった。

diary_17062506.jpg

鼠小僧の墓もある。

お参りすると願い事が叶うと言われている???

diary_17062507.jpg

住職さんがネコちゃんの居場所を移動させた。

diary_17062508.jpg

やたらベロベロなめるネコちゃんで、軽く噛みつきもするので注意。

回向院では他にもう1匹ネコちゃんを飼っているとのことだった。

diary_17062509.jpg

回向院でいただけた御朱印はこの2種類。

きれいに書いていただき、ありがとうございました。

 

この後、昼食とって株主総会会場へ。

旅行記と趣旨がずれるので、次のページでは書きませんが、社会勉強させていただきました。

次のページは再び出張記になります。地球の裏側へ。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.06.24 茂原御朱印巡りとあじさい [国内旅行]

 先週に引き続き、午前中は仕事で出社して、午後からの御朱印めぐり。今回は千葉県の茂原です。

diary_17062401.jpg

まずは、本納(ほんのう)にある橘樹神社(たちばなじんじゃ)へ。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.06.17 東国三社めぐり+α [国内旅行]

 4月に野田の櫻木神社と大宮周辺の神社を巡って以来の御朱印である。

 今回は、午前中に職場で仕事を済ませてからの出発で、テーマは東国三社とその周辺の神社めぐりである。

diary_17061701.jpg

利根川を渡り、茨城県入り。

高速道路の稲敷東インターで降りて、看板に従って進んでいくとあるのが大杉神社。

駐車場は神社の裏側にある。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.05.20-25 香港上海出張でした 帰りの飛行機まで [海外旅行]

5月22日からは完全に仕事モード。

出張の合間に撮った写真を紹介したい。

diary_17052301.jpg

5月23日に、上海浦東から香港までの移動に中国東方航空を利用。

2時間半のフライトで、エコノミークラスでも機内食がしっかり付いた上に、デザートにアイスクリームまで付いた。機内食の味はどうあれ、ここまでサービスが付いているのは何とも意外だった。

diary_17052302.jpg

取引先の案内で、夕食はビクトリアピーク展望台のレストランで。

しかし、残念なことに濃霧で窓からの眺めは真っ白だった。

diary_17052303.jpg

山頂から車で麓に下りる途中の展望台からは、なんとか香港島の夜景を眺めることができた。

diary_17052304.jpg

この日の夜に、ホテルの近くのスーパーに行ってみて、衝動で出前一丁を購入。

日本にない味がいくつも出ている。

diary_17052401.jpg

5月24日の夕食は、鯉魚門(レイユームン)に案内された。

diary_17052402.jpg

単なる小さな漁村かと思いきや、

diary_17052403.jpg

生け簀の魚屋が併設された海鮮料理店がずらりと並ぶ「美食街」で、魚屋で注文した魚類を料理屋に持ち込んで料理してもらうというスタイルである。

diary_17052404.jpg

購入したマテガイが・・・

diary_17052405.jpg

こんな形で食卓にやってきた。

diary_17052406.jpg

チャーハンを除いて、生け簀からやってきた料理である。

diary_17052501.jpg

5月25日、帰りの飛行機の時間まで余裕があったので、中心街まで電車で出てみた。

3年ぶりに八達通(オクトパスカード・ICカード)を使おうとしたので、改札で警告表示が出て、案内所で使用再開の手続きも。

diary_17052502.jpg

尖沙咀(チムシャツォイ)まで行き、海沿いの遊歩道から香港島側を眺める。

今回は見ることができなかったが、夜の光と音楽のショーがまたいい。

diary_17052503.jpg

香港島へ向かう渡船乗り場の前にある塔。

かつて、ここに鉄道駅があったが、東に数キロの場所に移動して、今は広場になっている。

diary_17052504.jpg

また、ここは近距離系統のバスターミナルにもなっている。

地下鉄での移動もいいけど、ネイザンロードを2階建てバスの先頭から見る景色もなかなか良い。

diary_17052505.jpg

九龍公園まで行って、少しだけ散策。

これにて時間になったので、バスでホテルに引き返した。

diary_17052506.jpg

帰りの成田空港行きは、15時前に香港を出発。

diary_17052507.jpg

離陸直後に真下を見ると、海の上にずっと繋がる道路が見えた。

まだ建設途上のように見えたが、これが近々開通する香港とマカオの連絡道路ということなのだろうか。

車窓はこの先、完全に雲に覆われた状態で日本まで続いた。

 

6日間の出張はこれにて終了。

仕事の合間の内容のみではあるが、今回もわずかながら貴重な体験をすることができたと思う。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る