So-net無料ブログ作成
検索選択
地元ネタ ブログトップ
前の10件 | -

2017.04.16 郭沫若記念公園のシバザクラ [地元ネタ]

 今月は仕事がものすごく忙しくて、平日は1日12時間以上職場にいる状態。週末も昨日の佐倉のチューリップを見に行った後で仕事をするほどで、例年以上にとにかく忙しい。

 4月は花の時期。そんな忙しい中でも何とか時間を作って、昨日のチューリップ、そして今回のシバザクラを見ることができた。


 シバザクラは自宅から徒歩圏内にある。秩父や富士山の麓が有名だが、そことは比べ物にならないほど面積が小さい。でも、小さくても綺麗に咲くところがいいのだ。

diary_17041601.jpg

その名前は郭沫若記念公園。

郭沫若は、戦前に市川に住んでいた中国人の文学者であり、毛沢東政権時代の中華人民共和国の政治家でもある。

郭沫若の当時の住まいをこの地に移築して、公園として整備している。

diary_17041602.jpg

diary_17041603.jpg

diary_17041604.jpg

ここ最近、毎年のように見に行っているが、今年は残念なことに雑草が多くて鮮やかな赤白ビンクになっていない。

とあるところから聞いた話では、庭を手入れする業者が今年から変わったそうで、そしたらこの有様。今までは雑草なんて気になっていなかったので、今年は何とも残念だった。


来年こそは、再び鮮やかなシバザクラを見せて欲しいものである。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.04.15 佐倉チューリップフェスタ [地元ネタ]

 4月は花めぐりの月。

 3月末から桜の花見ができ、桜が散ったら次は佐倉のチューリップである。

 ここ5年以上、連続で見に行ってるが、何度見ても飽きない光景である。


diary_17041501.jpg

オランダと言えば、風車と木靴。

江戸時代の藩主が蘭学にはまっていたことから、当時から佐倉はオランダ文化とのつながりがある。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.04.24 市川花めぐり2回目 [地元ネタ]

 先月末にしだれ桜を見て、今月中旬には芝桜を見て、次は藤の花。


 すべて市川市内で見ることができる。


diary_16042401.jpg


本八幡駅からバスで行き、宮久保坂下から5分程歩いたところにあるのが高圓寺(こうえんじ)。


鎌倉時代に創建された日蓮宗のお寺で、中山法華経寺の末寺の一つ。


diary_16042402.jpg


diary_16042403.jpg


diary_16042404.jpg


diary_16042405.jpg


目玉は樹齢推定200年以上の藤の花。


もうあと数日で満開という感じだった。


亀戸天神に比べると規模ははるかに小さいけど、地元では評判の藤の花である。


diary_16042406.jpg


日蓮宗のお寺ということで、本堂裏手の事務所で御首題をいただいた。


他に、三面大黒天が安置されているということだったが、ちゃんと見ておけばよかったな。


diary_16042407.jpg


高圓寺の御首題。


 


diary_16042408.jpg


diary_16042409.jpg


高圓寺の近くにある白幡神社は、宮司さんのいない神社。


昔、この近くに住んでいた時は、初詣といえばここで、列に並んで一組ずつお祓いを受けた記憶がある。


diary_16042410.jpg


diary_16042411.jpg


一時期、本尊が白幡神社に納められている時期があったという所願寺。


創立は江戸時代。ここも日蓮宗の寺院。


diary_16042412.jpg


所願寺に隣接してあるのが頂圓寺。


ここも日蓮宗の寺院。千葉県はもとより、市川市は法華経寺や弘法寺という由緒ある大きな寺があるのを始め、日蓮宗が圧倒的に多い街である。


diary_16042413.jpg


所願寺と頂圓寺の御首題。


突然の訪問ながら、丁寧に御対応いただき感謝です。


これにて、1年前から始めた日蓮宗用の御首題帳が1冊埋まった。2冊目は5月末か6月にどこかで購入しようかと考え中。

 

何回かにわたって書いた地元の花めぐりの話はここまで。
次のページから、ゴールデンウィーク前半旅行記に入ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.03,27, 04.03, 04.09 市川花めぐり [地元ネタ]

 市川市内でしだれ桜の名所があると聞いて、原木(ばらき)にある妙行寺に行ってみた。


 去年に続いて2回目である。


diary_16032701.jpg


diary_16032702.jpg


本堂の周りにお堂がいくつもある日蓮宗の大きな寺院である。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.01.04 初詣御朱印巡りを地元で [地元ネタ]

 朝7時に成田空港に着いて、9時前に帰宅。


 年末年始の間に届いた年賀状を見たり、洗濯物や土産物を出してかばんを片付けたり、風呂に入ったりで1時間半ほど自宅にいて、再び外出。


 


diary_16010405.jpg


しだれ桜や紅葉で有名な市川の真間山弘法寺からスタート。


奈良時代に行基によって創建され、後に天台宗となり、鎌倉時代には当時の住職が問答の末に敗れて日蓮宗に転向して、今に至っている。徳川家康から朱印地を与えられたり、徳川光圀から茶室に号を贈ったりと、江戸幕府とも繋がりが深かったお寺。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.06.27 成田周辺御朱印巡り(新勝寺には行ってません) [地元ネタ]

土曜日だが職場に出向く用事があり、それが終わってから、成田方面へ御朱印巡りに出向いてみた。


diary_15062701.jpg


佐倉市から成田市に入って少し進んだところにあるのが、東勝寺。


お寺の名前より、交差点の名称にもなっている宗吾霊堂(そうごれいどう)の方が一般的に知られている。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

花めぐり 2015年3・4月まとめ [地元ネタ]

diary_15032802.jpg


お花見シーズンとなった3月下旬のこと。


市川市内で、弘法寺以外にもしだれ桜が有名なところがあるということで、原木の妙行寺に行ってみた。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

4/12 佐倉チューリップフェスタ [地元ネタ]

 ゴールデンウィークの旅行前に書き残した話が1件残っていたので、1ページはさませてください。

 今の会社に入社してから、このイベントのことを知り、今回で行くのは3回目。
 また、成田空港へ向かう京成電車から見える車窓で、風車の存在は知っていたものの、ここまで本格的だと知ったのも今の職場に入社して以降のことである。
diary_14041201.jpg
印旛沼に面したところにあり、今回のイベントでも遊覧船が出ていた。

画像が多いですが、続けて見たい方はクリック


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

郭沫若記念公園的芝桜(千葉・市川市) [地元ネタ]

 すみません。
 北陸城めぐりの話が4日間のうち2日目に入ったところまで公開中ですが、今週末の出来事をこのページで書かせていただきます。

 新聞に市内の郭沫若記念公園のシバザクラが満開になったと載っていたので、この週末に自宅から歩いて行ってみた。
 郭沫若氏は、中華人民共和国建国期の政治家であり、戦前は蒋介石に追われて日本で亡命生活を送り、一時期市川で生活していた。当時の建物は市内の須和田から現在の真間に移築・復元され、一般に公開されている。

diary_14041314.jpg
車は2台までしか置けず、周辺に駐車場もないので、市川駅から20分ほど歩くかタクシーで行くようにしましょう。
diary_14041301.jpg
外にも公園と郭沫若氏に関する案内が書かれている。
diary_14041302.jpg
diary_14041303.jpg
diary_14041304.jpg
diary_14041305.jpg
diary_14041306.jpg
diary_14041307.jpg
diary_14041308.jpg
diary_14041309.jpg
diary_14041311.jpg
diary_14041313.jpg
過去3年連続で見ているが、今までの中で一番いい出来かもしれない。
この色の組合せを見ていると、シバザクラだけでマイメロディーが作れるんじゃないか? って思うのは私だけではないと思う。
diary_14041310.jpg
建物の裏手もシバザクラが行き届いていた。
建物の中は郭沫若氏に関する資料が展示されている。盧溝橋事件から日中戦争に入った時に、家族に内緒で単身中国に戻り、国共合作で蒋介石から追われる身から解放される。毛沢東、周恩来のおかげで戦後も活躍。北京の郭沫若邸は今も観光名所の一つだが、私はまだ入ったことがない。ただ、文化大革命で過去の自分の作品を全否定するまでに追い込まれてしまったのは何とも残念なところ。
なお、近くの須和田公園には郭沫若氏の詩碑があります。
diary_14041315.jpg
最後に、市川駅の観光案内所の入り口にあった案内板。
残念ながら「若」が「惹」になっているのが痛い。

来年もきれいな花を咲かせてくれることを期待して、締めくくることとしよう。

2012年のシバザクラの様子はこちら↓

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりの大雪 [地元ネタ]

 沖縄旅行が中止になったことにより、完全に予定が空いてしまったこの週末。
 外は大雪で、「無理な外出は控えてください」ってテレビで言っているので無難に家で今後の旅行の計画を立てたり、パソコンにたまった写真をDVDにバックアップをとったりして過ごした。
diary_14020802.jpg
土曜日夜8時過ぎの様子。降り始めてからだいぶ時間が経つのに強く降っていた。
diary_14020905.jpg
翌朝9時前。起きると真っ白な状態。
私の車は、3段式の地下部分に収められているので、全く雪をかぶらずに済んだ。
diary_14020906.jpg
屋上から街の様子を眺めようと階段を上がるが、階段が完全に雪に埋もれている。
それでもなんとか上がってみた。
diary_14020907.jpg
diary_14020908.jpg
屋上からの眺め。一面真っ白である。屋上で膝まで足が埋まった。おそらく積雪40cmぐらい。
diary_14020909.jpg
diary_14020901.jpg
午後から自宅から駅まで歩いてみた。
まずは、雪の真間山弘法寺。
diary_14020910.jpg
弘法寺から下りる階段がかなり危険な状態。
両手で手すりをつかんでなんとか下まで滑らずに下りた。
diary_14020902.jpg
手児奈霊堂も真っ白。
diary_14020911.jpg
すべらないように轍を進む。
diary_14020903.jpg
diary_14020904.jpg
春になると芝桜で有名な郭沫若記念公園もこの通り真っ白。
diary_14020912.jpg
遮断機が下りてて、よく見ると、線路に雪がかぶっている状態。
diary_14020913.jpg
その上を普通電車が通過していく。除雪しないで大丈夫なのかい???
そんでもって、行き先は「市川真間」だなんて、普段存在しない行き先。
diary_14020914.jpg
diary_14020915.jpg
市川駅南口の建物にある展望台に行ってみた。
まずは南側から。残念なことに富士山までは見えなかった。
diary_14020916.jpg
西側の景色。
東京側から千葉側に向かって渋滞がずっと続いている。
JRも京成もかろうじて動いている感じ。
diary_14020917.jpg
北側の景色。
遠くに筑波山がよく見える。
diary_14020918.jpg
展望台にも雪だるま[わーい(嬉しい顔)]

こんな感じで街の雪を一通り見たところで、スーパーに買い物に行って帰宅。

カナダに住んでいたときを除いて、自分の住んでいた場所でこんなに積もったことはなかったかもしれない。
20年ほど前に20cmほど積もったのと、30年以上前に広島に住んでいた時に30cmほど積もったこと。他はあまり記憶にない。

さて、明日はちゃんと出勤できるのだろうか。
高速道路は今も通行止だし、JRも復旧しているけど千葉駅が大混乱しているらしい。
ちょっと早く出ることにしよう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 地元ネタ ブログトップ
メッセージを送る