So-net無料ブログ作成
検索選択

入院そして手術 [健康]

 8月お盆休みの紀伊半島旅の話に入る前に、個人的なお話を。


 


 8月29日から9月3日まで6日間入院し、8月30日と9月2日に手術を受けた。入院も手術も人生で初めてである。その経緯を書くこととしたい。


 


 事態に気付いたのは去年のGW明け頃のこと。風呂場で裸を鏡で見ていたら、体の右と左で胸から脇腹にかけての体つきが大きく違っていることに気付いた。


 その左側だけが何故か膨れているのだ。「お腹の膨れ」は単に太っているから、「股間の膨れ」は男だから(笑)、「胸の膨れ」も小学校高学年から気になっているけど、太っているからということにしたい。ただ、左脇腹だけが膨れるなんて考えられないのだ。


 


 そこで、地元の医者に診てもらったら、


「これ、脂肪腫ですね。大したことないから、そのままにしておきましょう。大きくなったらまた来てください」


と言われて、去年5月から気になりながらも約1年間放置していたわけだ。


 


 そして1年後、今年4月の健康診断で、問診の先生に診てもらったら、


「これは皮膚科で切ってもらったほうがいいよ」


と踏み込んだアドバイスを受けた。別にあれから大きくなったという意識はなかったのだが、ここの医者からすると大きなもののようだった。


 そんなわけで、去年診てもらった先生とは別の市川駅近くの皮膚科に出向いたのは5月末のこと。そこで、話がとんでもない方向に向かってしまった。左脇腹の膨らみを見せたら、こんな大きいのはここの皮膚科では取れない。全身麻酔手術になる。大学病院に紹介状を書くので、そこで診てもらって取ってほしい、ということになった。


 紹介状を持って大学病院の形成外科に出向いたのは6月中旬のこと。この頃、職場でも色々あって精神的に崩れていた時であり、かつ腰も痛めてて、最悪な時期。仕事休めないし、楽団の練習参加できないし。


 何度か診察を受けて、手術日を決めたんだけど、8月末まで手術室が空いてないという状況。さすが大学病院。体調を崩していたこともあり、2週間の休みの間に手術も済ませてしまおうというつもりが、この休みと手術の休みを別々でとることになった。職場に本当に申し訳ない思い。


 


 そして8月29日入院。3日間仕事を休んでから職場復帰するつもりでいたが、6日間の入院になってしまった。


 初日は、医師の診察、麻酔科の問診、看護師から色々・・・とあったけど、比較的自由に過ごせた。


 8月30日午前中に全身麻酔手術。食事は朝から晩まで一切なし。手術着を着用して、パンツではなくT字帯というふんどしのようなものを着用して手術室へ。寝ている間に手術が行われて、終わったところで起こされて、ゴルフボールより大きいぐらいの摘出した腫瘍を見せてもらい、ベッドに戻る。1時間半の予定が2時間以上かかった。腫瘍が筋膜に癒着していて除去に時間がかかった上に、筋膜の一部も取り除いてしまったとのこと。傷口がものすごく痛くてベッドで動けないし、人生で初めて点滴刺されたままで、酸素マスクも外せない状態。そんでもって、水すらも飲ませてもらえない。手術が終わった後からこの日が一番つらかった。


 8月31日、9月1日と、医師の診察、看護師とのやりとりがある以外は何もなし。しかし、傷口が痛いままで、何度か痛み止めの薬をもらう。痛みがきつくて普通に歩けない。何とかトイレとお茶汲みに行けるまで。


 9月2日、実は背中にも小さな膨らみがあったので、ここも除去手術を受けた。こちらは小さかったので、局所麻酔で30分ほどで終了。


 9月3日の朝の診察で退院決定。点滴の針もやっと取れた。傷口に薬を塗られて、絆創膏で処置する程度までになった。


 


 入院期間中、幸い自分の病室でパソコンとネットが使えたこともあり、大きな手術があった日以外は会社のメールを常に見られる状態にして確認していたのと、次の火鍋を食べる日程決めとメンバー集めをLINEやFacebookのメッセンジャーでしたり、今後の旅行計画を立てたりすることができた。また、読みかけの世界史に関する本1冊と、新しく購入したトヨタ式改善活動に関する本1冊を読み終えた。なかなか本を読む機会がないので、その点では良かったと思う。


 


こうして、5日ぶりに外の空気を吸って帰宅。


入院はしたくない。健康でい続けたいものである。


 


次のページから旅行記に戻ります。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4月いろいろ [健康]

 4月もあっと言う間だったな。
 去年ほどの決算がものすごく大変というのはなかったんだけど、気分的なせいか仕事に追われていたような気がする。心療内科のお世話にもなった。
 2週間前に夜10時に寝るようにと医者から言われて数日を除いて指導を守っているつもり。ただ、仕事は休めていない。いまだに土曜日出勤の日もある状態。
 明日午前中に、再び医者に診てもらうんだけど、どのような話になるだろうか。来週の旅行を中止しなさいと言われはしないと思うのだが。

 というわけで、来週は遠出します。今年はドイツ経由でマルタまで。
 さほど大きくない島をバスと船でまわってきます。地中海の太陽を浴びれば、少しは気分も晴れるだろうか。

 そのあとは、泊まりがけの研修があったりで、仕事の予定が詰まってる。友人の結婚式に呼ばれてたりもする。6月下旬まで行事が続くので、一通り終わる6月末に4日ほど韓国行くつもり。ミサイル? 飛んできたら、飛んできた時の話だ。
 今、ケーブルテレビがキャンペーンで、普段見られないチャンネルまで無料放送している。生放送のKBSニュースを見ていて、ハングルで何て書いてあるかは7,8割方分かるけど、アナウンサーが何て言ってるかは、逆に1,2割程度しか理解できない。ソウルに2年以上行ってないから、ちょっと修行したい気分なのだ。

 というわけで、寝る。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

治療中 [健康]

 体調不良続いてます。
 それでも、仕事があって毎日朝8時半から夜8時、9時、最近は土日も出る日があって・・・という日々が続き、一般の内科に診てもらっても異常がなく、昨日は職場に行く気がないぐらい体調が悪くなり、心療内科のある医院で診てもらうことにした。
 金曜日の午前中でも患者さんって結構いるんですな。今はどこの医院かは言いませんが。

 で、30分待って、私の番。
 10分程カウンセリング受けて、出た結論は、
 寝不足、そして過労。幸い鬱とは言われませんでした。
 毎朝5時半に起きてるということもあり、夜は10時には寝ること。・・・って、夜9時まで仕事があると10時には家に着けないときもある。ま、仕事を強制終了しろということね。
 あと、仕事を休んだ方がいいとも言われたけど、決算やら研修やらで6月末まで詰まってる(涙)。それでも、休める時は、休めってことね。休日はおとなしくしていた方がいいって言われたけど、仕事以外だったら何してもいいよね??? じゃないと、楽器も吹けなくなるし、旅行もできなくなる。これらできなくなったら何の楽しみもないよな。

 というわけで、寝る前に飲む薬を処方されて今日は終了。GW前にまた診てもらうことになってます。

 29日から5月6日までは恒例の旅行。これは何としても出かけたい。詳細は後日。
 これから風呂入って寝ます。明日は仕事。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんとか週末へ [健康]

 重度の喘息と診断された火曜日は仕事を休んで1日家に滞在。

 そして水曜日から出勤。しかし本調子ではなく、午後になるとどういうわけか頭が痛くなる。咳も止まらない。そんな日が今日まで続いている。
 家からバス停までは下り坂を5分程歩くのだが、帰りは上り坂でものすごくつらい。これもしばらくの我慢だろうか。

 そんな感じでやっと週末が来た。
 旅行? とんでもない。週末は極力出かけないつもり。あと、1件忘年会って話があるけど、パスさせてください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かぜ→重度の喘息 [健康]

 医者が悪いとは言いたくないんだけど、土曜日に診てもらった時から症状が悪化して、月曜、火曜と2日続けて会社を休んだ。

 とにかく呼吸がつらい。ベッドで横になると尚更で、ほとんど寝られずに月曜の朝を迎えた。日曜に新聞に2件分の求人載せたので電話対応があるし、スケジュールの確認をして相手に知らせなければならないし、と思いつくだけでも通常以上の仕事量がある。行かなければならないという思いが強い。弁当を作って、朝食前に体温を測ると、37.3度。こりゃ、やばい。でも、午前中もてば何とかなるだろうという思いで、普段通り家を出た。この結果が会社にものすごい迷惑を被る結果となる。
 駅までバス移動までは良かった。駅でバスを降りてから改札までで息切れし、駅の階段を上がる気力ゼロ。普段全く使わないエレベータでホームまで上がり、確実に座るためにこちらも普段は利用しないグリーン車に750円払って乗車。
 40分グリーン車の中でリクライニングを最大にして移動したものの、全然落ち着かない。こりゃやばいと思い、同じ電車に乗っているだろうと思う職場の人に「駅に着いたら待ってて欲しい」とメール。駅に着いて、気力でなんとか階段を上がり、息切れ&大汗の状態で改札の外に出でベンチに座った。
 駅で電車を降りて改札を出るまででも大変なことになってるのに、ここから徒歩10分の職場なんて絶対無理だ。職場の人に状況を説明して、職場の上長にも連絡して休むことを話した。さらにここから申し訳ない出来事が。千葉駅で乗り換えしないで済む快速電車を待っていたら、上長(それも常務です)が来て、
「家まで送ってやろうか?」
と言われる。
「いやぁ、そこまでではないです。駅からタクシーで戻るつもりですから」
「いいよ、いいよ。途中で大変なことになるかもしれないし」
と、大変申し訳なく、家までお世話になることになった。(↑実は、上記の会話もこんな感じだったか正確に覚えていない)
しんどくて会話できない状態。ただ休むだけならまだしも、会社の人を巻き込むなんて本当に最悪の休み方だよな。

 マンションに着いて、ゲートから自宅までの100mの徒歩もものすごくつらかった。このあと風呂で汗を流し、布団に入ったものの、やはり息苦しくて眠れない。昼間に一度体温を測ったら37.7度の表示。ますますひどくなってる。動くにもつらいし、寝たら苦しいし、どうにもならないと思い、実家の親に「救援」のメールを出し、夕方に来てもらった。延べ7年近く一人暮らししているけど、病気で救援を求めたのは初めてである。
 夕方、寝ている間に親が来て、シチューとごはんを作ってくれた。大変有り難い。これがなければ、夕食もなしで過ごすところだった。とにかく何をするにも気力が要る状態だったので。

 前夜よりは長めに寝られたようだが、まだ息苦しさが残る。動くのがやっとな状態。そのため、火曜日も職場を休むことにした。で、前回の医者にも行ってきた。症状が変わってきたことを伝えると、レントゲン撮影等色々と診てもらい、結果は「重度の喘息」とのこと。呼吸すると奥から変な音が常に聞こえている状態なので(今も)、肺炎も疑われたが、それはないとのことだった。
 軽い喘息の症状なら何度もしている。朝、なんとなくそんな症状があっても、仕事していたらなんとなく治ってたり、医者に診てもらって、もらった薬でも1日あればすぐ治ってたのであまり気にしていなかったのだが。
 それに、医者にかかっても、薬を飲めば2,3日で回復して、同じ症状で2回も医者に行くなんてことなかったのが、2回も行くことになったのは記憶がないぐらい昔以来かもしれない。

水分は多く摂ってください。
運動はしないでください。

とのこと。今の気分だと、明日はなんとか出社できそう。しかし、駅から職場まで10分歩けるかという不安が残る。ま、とりあえず今日は寝ることにしよう。

nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダウン [健康]

 先々週は出張があり、先週は社員の前で発表する件が5回あり。
 先週中頃から何となく喉の痛みを感じ、これはやばいと感じながらも金曜日に3つの工場を廻って30分程度の話をしていたら、声が出にくい状態に。
 帰宅して、早く寝ればいいものの、「らんま1/2」の実写版とか、「天空の城ラピュタ」をテレビでやってたもんだから11時半まで寝られず。この間、鼻水が徐々に流れ出す。

 土曜日、状態が回復せず朝9時に地元の医者で診てもらって薬を処方してもらう。ま、いつもの風邪ということなんですね? この医者で風邪で診てもらったのは1年ぶりのような気がする。
 夜からお客さんが来られるということで、買物に出かけた以外は寝て過ごした。夜は、お客さんが来て、ヨーロッパのお土産を渡して、夕食をとって終了。う〜、頭が痛くなってきた。

 日曜日。鼻水は止まったけど、頭が痛い。ずっとベッドで横になって1日を過ごした。

「最近、朝一番に体調が悪いと連絡して、有給休暇を使って休む人が増えております」
と、先週言った自分が、このような行動に移すピンチの状態。とにかく熱が下がらない。
明日は電話対応で喉を使う。出なければならないことを考えると、もう寝た方がいいのかもな。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

体調 [健康]

 体調は大丈夫か?

 と言われると、決して完璧とは言えない。

 地震で生活のペースが崩れて、今なんとか直そうとしているところ。という答えが一番当たっているかもしれない。

 まわりが指摘する通り、いつも揺れている感じがする。ここ数日はだいぶ落ち着いたかもしれないが、地震が起きたあの日からずっとそんな感覚が続いている。先々週に韓国に行った時も、地震はないはずなのに椅子に座っているとそんな感じが続いていた。

 それと、寝不足。夜12時には寝るようにしているが、朝までぐっすり寝られた日がない。夜中に地震で目が覚めた日もあったし。

 家ではテレビをつけて情報を仕入れているが、休日の昼間はインターネットでラジオを聴くようにした。最近は、首都圏でも関西や中京のラジオ局を聴けるようになった。何だか新鮮味を感じる。

 食生活はなんとか普段通りに戻ろうとしているところ。今のところ納豆もヨーグルトもあるが、あと2日でなくなりそうなので、また買いに行かないと。牛乳はなくても、コーヒーで代用できる。パンはなくても、米で代用できる。でも、納豆の替わりになるものは何だろうか?

 仕事は今週末から来月中旬まで決算整理で多忙になりそう。夕食も外食か。

 倒れない程度に頑張ります。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

献血しました 今年2回目 [健康]

 現在の職場に勤めて間もなく2年。
 半年に1回の献血の車が今日、工業団地にやって来た。

 献血をしない理由がないので、半年ぶりに400mlの献血をした。
 問診を済ませて、まずは右腕から血を抜いて成分の確認。
 そして、左腕に太い針が刺されて献血スタート。

 ・・・

 ・・・

「はい、終わりました」
意外と早く終わった。5分も経っていないと思う。
「え? もう終わりですか?」
「本当に血が流れ出るのが速いですから」
私の血管は水道の蛇口に例えるとフルに開けて流れが良い状態らしい。逆に血液の流れが悪い人もいるとのこと。

終了後にジュースをもらい、更に駄菓子もたくさんもらう。
そして今回は、
diary_10112401.jpg
diary_10112402.jpg
キティとけんけつちゃんの2011年の手帳をもらえた。
私は多分使わないので、職場の他の人か、姪っ子にあげようかな。

また半年後に献血する予定。輸血用の血液が不足しているようなので、皆さんもご協力を。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

何てことなかった? [健康]

 健康診断での結果を踏まえて、地元の医者に診てもらった話は先日した通りである。

 逆流性食道炎については現在も薬で治療中。
 
 血液検査の結果が出たんだけど、意外なものだった。

 HDLコレステロールもLDLコレステロールも、どちらも正常の基準値内だったのだ。

 唯一引っ掛かったのは、中性脂肪が基準値をはるかにオーバーしていたこと。

「大丈夫です。脂分を控えればそれでいいです。揚げ物の油の部分とか、カルビとか、いくら・うにも控えて下さい」

 ということでした。
 食生活気をつけます。

nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メタボ認定記念 [健康]

 健康診断の結果が帰って来たんだけど、ショックだよ。

 今回初めて「治療が必要です」という判定が出た。胃の内視鏡で撮影したリアルなカラー写真まで添付されていて、「食道裂孔ヘルニア」「逆流性食道炎」「胃ポリープ」の指摘。「内視鏡検査では食道裂孔ヘルニアに伴う逆流性食道炎が見られます。かかりつけ医を受診して治療を受けて下さい。胃ポリープは小さなもので心配いりません」というアドバイス。

さらに、「体重および腹囲が多く脂肪肝があります。中性脂肪が多く空腹時血糖がわずかに特定検診(メタボ検診)基準値を超えています。カロリーの摂り過ぎに注意して下さい。現在の運動を続けて下さい」との警告も。

 しまいには、「腹囲が85cm以上で、高脂血症、空腹時高血糖がありますので、メタボリックシンドロームに該当します」とまで書かれた。

 ハッキリ言って、いいことなし。
 アルコールは普段は飲まないので、自分で作る料理を違うものにしろということだろうか。それとも、夕食は食べないというのはありだろうか。
 実は週末は韓国に出かけて、週明けはロッテ戦を見に行く予定もある。食事制限するならそれ以降だな。あと、医者も週明けに行こう。

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る