So-net無料ブログ作成

2017.07.15 夏の北海道旅2日目(1) 「北の国から」の舞台・富良野 前半編 [国内旅行]

diary_17071501.jpg

今朝のペンションの朝食。

おかずのプレート以外は、食べ放題・飲み放題となっている。

というわけで、メロンが食べ放題だったのが一番嬉しかった。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.07.14 夏の北海道旅1日目(3) 風のガーデン・ニングルテラス(富良野) [国内旅行]

 新千歳空港から夕張、南富良野を経て、富良野入り。16時半過ぎに市内のペンションにチェックインして、まだ外は明るかったので、回れるところを回ることにした。

diary_17071437.jpg

向かった先は、新富良野プリンスホテルの前にある風のガーデン。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.07.14 夏の北海道旅1日目(2) 映画の舞台の夕張・南富良野 [国内旅行]

 羽田を朝9時に出発し、10時半過ぎに新千歳に到着。意外と近いものである。

 北海道に何度も旅行していて、レンタカーを借りるのは今回が2回目。そして、新千歳空港で借りるのも今回が初めてである。

 空港で荷物を引き取り、レンタカーのカウンターで受付を済ませて、送迎のバスで借りる場所まで行く。新千歳空港だと、借りる場所が遠いので、車に乗れるまでに30分もかかる。意外と面倒なものだな。

 

 11時半前にレンタカーの営業所を出発。白ナンバーで一番小さい車種を予約したら、日産ノートになった。

 道東自動車道に入り、「帯広」の方角に車を進める。高速道路とは言え、ほとんどの区間が片側1車線である。30分以上進んで夕張のインターで下りた。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.07.14 夏の北海道旅1日目 旅立ち [国内旅行]

 ここ最近、年1回ペースで母親を連れての旅行をしている。韓国、岩国、台湾、そして今年は北海道に決めた。母親は札幌と小樽には行った記憶があるというが、それ以外の場所は初めて。あと、「北の国から」はよく見ていたようなので、ロケ地めぐりもしてみようということで、何ヶ月も前から計画立て。どこに行こうか、どのようにして行こうか。

 それにしても、北海道って旅先としては大人気だね。ホテルの予約が取りづらい。航空券の手配より、こちらの方がものすごく大変だった。

 こうして、3泊4日に行程を決定し、出発当日を迎えた。

diary_17071401.jpg

diary_17071402.jpg

朝9時発のANA55便で出発。

年2回もらっている株主優待券(半額割引)で搭乗。
心をひとつに!! 行こう2020 と書かれたオリンピックのスローガン入り。

diary_17071403.jpg

さて、今回も車窓を楽しませてもらうことに。

飛び立って、間もなく見えてきたのは東京ディズニーリゾートと、川の奥に葛西臨海公園。

diary_17071404.jpg

江戸川の真上を北上する。江戸川区北部、葛飾区の辺り。

diary_17071405.jpg

猪苗代湖。その向こうの市街地は会津若松。

diary_17071406.jpg

山形県の米沢付近と思われる。

diary_17071407.jpg

山形市と思われる。

真ん中にお堀が確認できるので、そこが山形城址。

diary_17071408.jpg

山形県北部を進む。

遠くに雪をかぶっているのは鳥海山だろうか。

ってか、まだ雪が残ってるんだな。

diary_17071409.jpg

秋田県に入り、田沢湖上空。

湖が異常に青い。

diary_17071410.jpg

青森県に入り、十和田湖上空。

田沢湖ほどの青さを感じない。

diary_17071411.jpg

眼下に大間崎。

本州はここまで。

diary_17071412.jpg

津軽海峡を抜けて、北海道の大地に入ると、もう着陸。

1時間半のフライトは本当にあっという間だった。

 

航路上の天気が良くて、車窓を十分楽しめたと思う。

このあと、レンタカーを借りて移動します。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.06.27-07.03 ブラジル出張でした その2 [海外旅行]

 約30時間かけてブラジルのサンパウロに到着し、セミナーを受講して、その日の夜はサッカー観戦で、ホテルに戻ったのは夜中の1時半。前日が遅いからと言って、翌日は遅く始まるわけでもなく、朝9時からスタート。6月29日はセミナー漬けの1日だった。


diary_17062901.jpg


diary_17062902.jpg


夕食はシュハスカリアでブラジル名物のシュハスコ。サラダバーで好きなだけサラダを取って、あとはスタッフが肉の塊を次から次から持ってくる。これで十分お腹いっぱいである。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.06.27-07.03 ブラジル出張でした その1 [海外旅行]

 突如、ブラジル出張を打診された。本当は韓国出張を予定していたが、ブラジルに行く予定の人のビザが下りないという。私もちょうど8月の休みにビザがなければ行けないところに旅行を予定していて、パスポートを預けている最中で、まずはそれを取り戻す作業がある。


 6月21日、元々某社の株主総会に出席するために有給休暇を取っていたのだが、午前にまず都内の某旅行者に出向いて、パスポートを引き取った。8月の旅行先のビザは取れている状態である。そしてその足で、仕事関係の旅行者の方に近くで待機してもらっていて、某ドトールでコーヒーを飲みながらパスポートの引渡しと、ブラジルビザのお願い。申込書は既に下書きをメールで渡していて、会社の推薦状も原本を作成済み。ブラジルビザのビジネス用は、不思議なことに訪問先の招聘状が不要で、しかも10日近くかかる観光と違って、1日で出るのだという。余談だが、この手続きをしていたために、午前中訪問予定だった株主総会は到着したら既に終了していた。残念。


 6月26日、職場に旅行者の方がビザ付きのパスポートを持ってきてくれた。これでブラジル行けるのが確定したことになる。出発1日前のことだ。


diary_17062701.jpg


出発当日6月27日、14時に職場を出発し、17時成田発のニューアーク行きで飛ぶ。ユナイテッドを使うのは、6年前のアメリカでのロードショー以来。あの時もハードな行程だったと思い出す。ニューヨークには何度か足を運んでいるが、ニューアーク空港を利用するのは今回が初めてである。


diary_17062702.jpg


diary_17062703.jpg


12時間のフライト中、前半は成田空港で購入したビジネス書を読んで過ごし、後半は仮眠または映画。マクドナルド創設の話が映画になったんだね。


機内食は離陸後間も無くと、着陸前に出た。以前に比べて相当シンプルになってる。逆に、アイスクリームとミネラルウォーターのサービスは以前なかったものである。ユナイテッドって、乗る度に段々ケチっぽくなるイメージが強いが、合併の効果で昔なかったサービスも生まれてるんだな。あと、上級の座席に乗るには金払えって話、ケチの典型だよな。あまりいい気分しない。


diary_17062704.jpg


16時半にニューアークに到着。


入国審査がものすごく時間がかかり、更にアメリカの空港ということで一旦荷物を取らなければならないのがめんどくさい。そして預け直しもある。到着してから乗り換えのセキュリティを過ぎるまでに1時間半もかかった。


diary_17062705.jpg


幸いなことに、それでもあと4時間乗り継ぎ待ちの時間がある。


正直、電車でマンハッタンにも行ってみたかったが、時間が読めなかったので今回は空港のラウンジで過ごすことにした。


diary_17062706.jpg


diary_17062801.jpg


22時過ぎにサンパウロに向けて出発。


成田からの便と同様にチキンとパスタを選べるようになってて、この区間でもパスタを選んだが、内容は全然違う。


diary_17062802.jpg


日付が変わって6月28日午前9時過ぎにサンパウロの空港に到着。


標高が少し高いところにあるからか、霧がかかっているように見える。


 


そして、ブラジル入国手続き。商用3年有効のマルチビザでの入国ということで、何か質問されたりするのかなと思いきや、


「ちょっと待ってて」


と、係員が私のパスポートとビザを見るなり、何処かに行ってしまった。何か問題あるのかな? と思いながら待つこと5分ほどして、再び係員が戻ってきて、何もなかったかのようにスタンプを押して、パスポートを返却してくれた。何があったのかは全然分からないままである。


 


空港に迎えが来ていて、トヨタEtiosというかつてのプラッツに似た車で移動。1時間半は乗っただろうか。サンパウロの街に入ったあたりで北に方角を変え、田舎の街へ。ビニエド(Vinhedo)という街に到着したのは午前11時半過ぎで、日本の職場を出発してから33時間半経過していた。移動だけで一苦労である。


 


そのあと、昼食からすでに到着しているメンバーと合流し、午後はセミナーに参加したが、とにかく眠くてしょうがなかった。何せ、日本との時差は12時間。昼夜が完全に逆転状態なのだから。


 


そんな疲れている夜に限って面白いイベントがあったりする。サンパウロへサッカーを見に行こうというのである。セミナーの参加者が全員乗り込んで、1時間以上かけてサンパウロの市街へ。


diary_17062803.jpg


パルメイラスの本拠地アリアンツパルケ(Allianz Parque)である。


ビジネスシートという上の階の落ち着いて見ることができる席である。


飲み物やおつまみも用意されていて、飲み食いしながら観戦できた。


diary_17062804.jpg


対戦相手はクルゼイロ。


前半に相手が3点も入れて、ホームで何てクソ試合をと思っていたが、後半にホームチームが3点入れて同点に。まさかの同点劇に大盛り上がり。どうせならもう1点入れて勝って終わってほしかったが、同点で試合終了となった。


試合開始が21時半を過ぎていたため。ホテルに戻ったのは夜中の1時半。ものすごく長い6月28日はこれにて終了した。


 


出張記後半編は、次のページで書きます。


 


 


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る