So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.06.25 南房総御朱印旅 あじさい寺と料理の神様の神社 [国内旅行]

diary_16062528.jpg


清澄寺から南房総市のあじさい寺へ向う途中、しばらくアシカとにらめっこしながら車の運転。


鴨川シーワールドと、安房鴨川駅の間を結ぶシャトルバスのようである。


交差点が赤信号で停止中に撮影したものです。ご安心を。


このあと、しばらく海岸沿いを進む。


せっかくいい眺めなのに、車を止めて写真を撮る余裕がなかったのが残念。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


2016.06.25 南房総御朱印旅 鴨川 [国内旅行]

 1ヶ月前の上海出張以来の遠出らしい遠出。


 体調がまだ完全ではないので、千葉県内を日帰りで。3回の予定で分けて書きます。


 


 去年から始めた御朱印巡りで、日蓮宗用に書いていただいた御朱印帳のページがいっぱいになったので、どこかで入手したいと思い、考えた結果、まだ行ったことがない安房小湊の誕生寺へ行くことにした。これがメインの遠出である。他に行きたい場所を考えた結果は、旅行記の中で紹介していきたい。


 


 朝8時過ぎに自宅を車で出発し、ナビの設定に従って進むと、高速の降りるインターで指示された場所が鋸南保田インター。ここから山の方向に向かえば誕生寺のある鴨川に行けるわけだが、海側にちょっと進んだところに話題の道の駅があるというのが分かり、最初から寄り道。


diary_16062501.jpg


diary_16062502.jpg


高速を降りてから最初に立ち寄った場所は、道の駅・保田小学校。


廃校になった小学校の校舎を改装して道の駅にしたというもので、かつての校庭が駐車場、体育館が農産物などの直売場になっている。10時過ぎに到着したので、駐車場は半分程度の埋まり具合だったが、もう少し時間が経つと、遠くの別の駐車場に回されそうだ。


この時間に来て正解だったのは、朝採りの農産物が多く並んでいること。きゅうりなどの野菜と乾物を1500円分購入して後にした。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


構想を練る日々 [国内旅行]

 前回のページで、たまっていた旅行記をすべて書き終えた。

 次の話のネタに御朱印めぐりをしようか、土日でどこか出かけようか考えていたのだが、体のあちこちが悲鳴を上げているかのように色々と悪い症状が出て、ついには仕事を含めて色々あってメンタルまで異常をきたしてしまって(涙)
 メンタル系の医者からは、「休職までとは言いませんが、相当疲れが見られますので、休める時は休んでください」と言われ、別の症状で診てもらっている医者からは、MRI検査をして、その内容から全身麻酔で手術で入院と言われるし(涙)。それから、腰痛にもなって、全部で医者3件絡んでるし。悪い事が重なりすぎ。
 今も通勤だけで異常に疲れるし、仕事中も座っているだけで疲労感がある。どうすりゃ、良くなるよ?

 実は、月末から韓国に3泊4日で行くつもりだったが、病院で仕事を早退を繰り返している中で、旅行で休める環境でなくなり、韓国旅行も中止。悪い事が重なっている。
 週1の楽団の活動も6月に入ってから休んでいる。安静のため、今月いっぱいは休むつもりだ。

 仕事以外で、外に出られない日々が続いている。そんな時は、自宅でテレビを見ながら、そしてパソコンに向かいながら今後の旅行の構想を練っている。8月のお盆休みのプランがほぼ固まり紀伊半島を反時計回りに移動する旅のスケジュールをほぼ固めた。9月中旬の連休は、北海道の留萌線の廃線区間を乗る旅を計画し、往復LCCを予約した。今の時期なら全日空の株主優待よりも安く買える。
 あと、年内に日本100名城の残り9箇所を巡る目標もほぼ現実のものとなってきた。会津若松の鶴ヶ城は7月下旬、松本城は10月、豊後竹田の岡城は11月下旬から12月上旬、そして締めくくりは地元千葉の佐倉城で年内に。これでどうだろうか。直近は7月9日にツアー参加で千早城と高取城へ。これは何としても入院・手術とかぶらないようにしたい。かぶったら、年内達成ほぼ不可能。
 それから、中止を決めた韓国旅行だが、年内には必ず実施したい。これもまた仕事と自分の体と相談して決めたい。年末年始の海外旅行は、まだ考えなくていいだろう。

 久しぶりに、旅行の構想をよく練ることができている。これもまたいい機会だと思いたい。
 そして、はやく私的にも復帰して色々と旅行記を書き続けたいものである。

2016.05.08 台北旅4日目 故宮博物院 そして帰国 [海外旅行]

台北旅最終日。初めての台北旅で必ず行くべきところでまだ行ってないところがあったので、午前中に行ってきた。


diary_16050801.jpg


台北駅からMRTで淡水方面に乗って夜市で有名な士林で下車。


そしてバスに乗り換えて向かった先は・・・


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


2016.05.07 台北旅3日目(3) 松山車站・台北車站(駅) [海外旅行]

 台北旅3日目の最終話は、鉄道旅行好きな人向けのお話。


diary_16050758.jpg


松山の夜市から台北のホテルへ戻るのに、台鉄・松山車站(駅)から戻ることにした。


駅舎とは思えない建物であるが、列車は地下を通っている。


diary_16050759.jpg


TRA(台鉄)の松山車站と、JR四国の松山駅は、友好提携をしている。


このような交流はどんどんして欲しいものである。


diary_16050760.jpg


わずか1駅で台北車站(駅)に到着。


1階を歩いていると、日本の鉄道に関する特別展が開催されていた。


目の前には西武のレオが置かれている。


diary_16050761.jpg


台北の南にある新竹駅と日本の東京駅はデザインが似ていることから、友好締結している。


新竹駅は日本統治時代に建てられたもの。


diary_16050762.jpg


diary_16050764.jpg


路線同士の提携も行われている。


前日乗った平溪線と日本の江ノ電が友好提携を結んでいる。


diary_16050765.jpg


日本の京浜急行とも提携関係にあり、京浜急行では台鉄の区間車と同じカラーリングの車両が走っているほか、台鉄でも最近、京急と同じカラーリングの区間車が登場したと聞く。


diary_16050766.jpg


東武鉄道との提携はまだ続いているのだろうか。


diary_16050767.jpg


台湾中部の集集線と、千葉のいすみ鉄道とが提携関係にある。


diary_16050768.jpg


大多喜町から贈られた甲冑が展示されていた。


diary_16050769.jpg


diary_16050770.jpg


diary_16050771.jpg


diary_16050772.jpg


diary_16050773.jpg


台北駅にもLINE FRIENDS STOREがあります。


親会社は韓国企業だけど、日本のみならずアジアでかなり浸透している。


このようなストアは日本では原宿と仙台にしかないと聞くが、台湾はどうなんだろう。


売っているものは日本と変わらないような気がする。


 


こうして台北旅3日目終了。


翌4日目は午前中にあの博物館に行ってきます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

2016.05.07 台北旅3日目(2) 猫空行けず台北午後の話 [海外旅行]

diary_16050729.jpg


台北101から猫空を目指す午後の旅スタート。


また書くが、MRTの駅はこの手の広告をよく見かける。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


2016.05.07 台北旅3日目(1) 中世紀念堂から台北101 [海外旅行]

diary_16050701.jpg


旅行3日目。初日に雨が降る中を歩いた二二八公園を再び歩く。


中華圏の朝の公園は、例外なくどこかに必ず太極拳をする人たちがいる。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


2016.05.06 台北旅2日目(4) 基隆夜市 [海外旅行]

diary_16050682.jpg


九份からのバスに乗ること1時間で基隆(きーるん)に到着。


2014年の年始にマカオから台湾に入った時以来なので、2年半ぶりである。


当時は港に大きな黄色いアヒルが浮かんでいて、観光客が多く押し寄せていたと記憶する。


今回到着した時は、アヒルではなく、大型客船が停泊していた。


当時のblogはこちら↓


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2014-02-02-1


diary_16050683.jpg


バスを降りたところから歩いて数分の夜市へ。


基隆の夜市は台湾の中でも観光客に有名な部類に入る。


19時前の夜市は夕食を求める人たちで大混雑。


diary_16050684.jpg


夜市の中に中国寺院も紛れ込んでいる。


diary_16050685.jpg


「三明治」と書いてサンドイッチなんですな。


どの店舗にも日本語の表記があるが、お店の看板だけで、メニューはすべて中国語なので全然意味がわからない。中国語分かる人が一緒だとものすごく楽しめる場所である。


diary_16050686.jpg


diary_16050687.jpg


夜市のメインストリートから離れても、この人の多さ。


diary_16050688.jpg


夜市は食べるところだけでなく、玩具を売るお店も。


ジバニャン発見。


diary_16050689.jpg


地場のコンビニでは日本のローソンでおなじみのPontaカード扱っている。


熊本地震の義援金求めたり、リトルツインスターズがいたり。


屋台で揚げ物を食べたり、そうめんのようなものを食べたりして1時間ほどで夜市を後にした。


 


diary_16050690.jpg


帰りは基隆車站(駅)から電車で帰る。


背後の山に”KEELUNG”の表示がかつてはライトアップされていたが、今回は見られず。


diary_16050691.jpg


基隆駅のホームは以前は、改札をくぐってすぐのところにあったけど、今は工事中だからか駅舎に入ってからかなり歩いたところに改札口がある。


基隆発彰化行き区間車(各駅停車)は、日本の技術で造られた最新車両。


彰化は台湾中部の台中よりもさらに南に位置する街。台湾北部を走る区間車は多くが台北の南に位置する新竹で折り返す車両が多いので、比較的長い距離を走る電車に当たったことになる。


 


基隆から1時間弱で台北に到着。


途中、特急電車の通過待ちが2回ほどあっただろうか。


前回2014年に基隆から台北へ戻った時の話はこちら↓


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2014-02-02-2


 


これにて旅の2日目終了。


ネコ村、ローカル線、九份、そして基隆夜市。かなり内容の濃い1日だった。


同じルートをまた行ってもいいと思っている。


3日目は台北市内を廻ります。続きは次のページで。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

2016.05.06 台北旅2日目(3) 九份 [海外旅行]

diary_16050659.jpg


平溪線の列車を瑞芳下車したところから話を始めよう。


台北郊外で観光客が最も訪れる九份への入口ということで、多くの人が下車。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


2016.05.06 台北旅2日目(2) 平溪線の旅 [海外旅行]

 私の中ではネコ祭りな気分だったを後にして、ここから本格的なローカル線の旅スタート。


diary_16050636.jpg


を11:17に出る列車に乗る。


3両編成のディーゼルカーは日本車輌製。


台湾は平日金曜日だというのに、通勤ラッシュ並みの混雑。これが土日だと乗り切れないぐらい乗客がいるのではないかと思うぐらい人が多い。


当然座ることができず、窓の外もまともに見ることができない。せっかく窓の外の渓谷が美しいのに残念である。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


メッセージを送る