So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.04.24 市川花めぐり2回目 [地元ネタ]

 先月末にしだれ桜を見て、今月中旬には芝桜を見て、次は藤の花。


 すべて市川市内で見ることができる。


diary_16042401.jpg


本八幡駅からバスで行き、宮久保坂下から5分程歩いたところにあるのが高圓寺(こうえんじ)。


鎌倉時代に創建された日蓮宗のお寺で、中山法華経寺の末寺の一つ。


diary_16042402.jpg


diary_16042403.jpg


diary_16042404.jpg


diary_16042405.jpg


目玉は樹齢推定200年以上の藤の花。


もうあと数日で満開という感じだった。


亀戸天神に比べると規模ははるかに小さいけど、地元では評判の藤の花である。


diary_16042406.jpg


日蓮宗のお寺ということで、本堂裏手の事務所で御首題をいただいた。


他に、三面大黒天が安置されているということだったが、ちゃんと見ておけばよかったな。


diary_16042407.jpg


高圓寺の御首題。


 


diary_16042408.jpg


diary_16042409.jpg


高圓寺の近くにある白幡神社は、宮司さんのいない神社。


昔、この近くに住んでいた時は、初詣といえばここで、列に並んで一組ずつお祓いを受けた記憶がある。


diary_16042410.jpg


diary_16042411.jpg


一時期、本尊が白幡神社に納められている時期があったという所願寺。


創立は江戸時代。ここも日蓮宗の寺院。


diary_16042412.jpg


所願寺に隣接してあるのが頂圓寺。


ここも日蓮宗の寺院。千葉県はもとより、市川市は法華経寺や弘法寺という由緒ある大きな寺があるのを始め、日蓮宗が圧倒的に多い街である。


diary_16042413.jpg


所願寺と頂圓寺の御首題。


突然の訪問ながら、丁寧に御対応いただき感謝です。


これにて、1年前から始めた日蓮宗用の御首題帳が1冊埋まった。2冊目は5月末か6月にどこかで購入しようかと考え中。

 

何回かにわたって書いた地元の花めぐりの話はここまで。
次のページから、ゴールデンウィーク前半旅行記に入ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2016.04.16 佐倉チューリップフェスタ [国内旅行]

 ここ最近、4月の恒例行事になっている。


 7年前に職場が東京からこの近くに移転して、このイベントを知り、ほぼ毎年見に行くようになった。


diary_16041601.jpg


この日の風車は東の方角を向いていた。


朝9時過ぎの時点で出足がすでに多い。


それよりチューリップが今年も見事である。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


2016.03,27, 04.03, 04.09 市川花めぐり [地元ネタ]

 市川市内でしだれ桜の名所があると聞いて、原木(ばらき)にある妙行寺に行ってみた。


 去年に続いて2回目である。


diary_16032701.jpg


diary_16032702.jpg


本堂の周りにお堂がいくつもある日蓮宗の大きな寺院である。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


2016.04.10 水戸の神社巡り [国内旅行]

diary_16041010.jpg


牛久駅に戻り、土浦で乗り継いで水戸に入る。


グリーン車が付いていないこの電車は、土浦から北でしか走っていない。友部から栃木県の小山まで結んでいる水戸線もこの車両が使われている。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


2016.04.10 春の牛久大仏(茨城県) [国内旅行]

 3月の滋賀旅で使用した「青春18きっぷ」の残りが1日分だけあって、4月10日が使用期限ということで、往復で2000円以上かかるところへ日帰りで行くことにした。


 いろいろ考えて、水戸まで行ってみようかと。バスの時間が合えば、途中で行ったことのない牛久大仏にも行ってみることにした。


 


 今回、電車は松戸から出発。


 それにしても、日曜朝って、間隔が開く時間帯があるんだな。ちょうど勝田行きが出て行ったばかりで、次の5分後に来たのが我孫子止まりで、我孫子まで乗って次の土浦行きまで17分待たされて。せめて取手行きにしてくれたら、取手か天王台で途中下車したかもしれないのに。


 


 取手で次に来た電車で牛久まで向かい、バスに乗り換えて牛久浄苑で下車。


 大仏が見えたので下車したんだけど、牛久淨苑と牛久大仏って、バス停が別々で、数百メートル歩くことになってしまった。


diary_16041001.jpg


やっと牛久大仏のバス停まで歩いてきた。


diary_16041002.jpg


桜が満開のいい時期に来たものである。


diary_16041003.jpg


牛久大仏は高さ120m、青銅製の仏像としては最大の大きさでギネスブックに登録されている。


diary_16041004.jpg


diary_16041005.jpg


シバザクラまで咲いていて、綺麗な花に囲まれた大仏だった。

diary_16041008.jpg

diary_16041006.jpg


大仏の正面まで歩いたあと、後ろ側にある入口から大仏の中に入ってみた。


diary_16041007.jpg


エレベーターで大仏の胸の辺りまであがると、そこは展望台。


しかし、眺める窓に限りがあって、写真を撮れるほどの大きさの場所はなかった。


大仏内部では、他の角度から麓を見たり、写経をできる場所があったりもするが、牛久駅に戻るジスの時間が迫っていたので、急ぎ足で麓に戻った。


diary_16041009.jpg


ソメイヨシノとシバザクラを同時に味わえるとは、本当にいい時期に来たものだ。


 


牛久大仏のバス停で帰りのバスの時間を確認したら、ちょうど1時間後に来るということで、余裕かなと思ったが、大仏内部のエレベーターに乗るのに数回待たされて、ここで大いに時間がロスしてしまったのが痛かった。


その次のバスの時間は更に1時間20分後だったので、急いででも早めのバスに乗りたかった。そのため、今回の牛久大仏は後半駆け足となってしまった。


 


このあと、牛久駅に戻って水戸へ移動。


次のページで書きます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2016.03.26 館林から佐野 御朱印めぐり [国内旅行]

 某食品工場の見学の抽選が当たり、群馬県に行くことになった。


 ただ、その工場を往復するだけではもったいないと思い、せっかくなので御朱印巡りも考えることにした。


 ちょうど本厄の年にあたり、佐野厄除け大師に行き、食事は佐野ラーメン、夕方はアウトレットで買い物というプランを考えていたのだが、当日直前になって、工場の近くに館林という街があり、分福茶釜の伝説が残るお寺があり・・・となると、行くしかない。


diary_16032601.jpg


自宅を9時頃出発して、1時間ほどで到着したのは館林の茂林寺。


diary_16032602.jpg


参道のお土産屋さんには、たぬきがいっぱい。信楽焼だろうか。


diary_16032603.jpg


diary_16032604.jpg


diary_16032605.jpg


山門をくぐると、参道の両脇にたぬきが並んで我々を出迎えてくれた。


diary_16032606.jpg


本堂前の枝垂れ桜は満開とまではいかなかったが、いい感じの咲き具合。


曹洞宗で室町時代からの歴史があるお寺で、分福茶釜のモデルとなった茶釜は拝観料を払って中で見ることができる。回っている間に御朱印もお願いした。


分福茶釜に関する資料も残っているし、何故か館林を舞台にした漫画まで置いてあるし(笑)


diary_16032607.jpg


館林の神社にも足を運んでみた。


尾曳稲荷神社は当時あった城の北東側に室町時代後期に建てられたもの。


御朱印は書置きの紙でいただいた。授与所にいたおばあさんが89歳と元気な方で、記憶力も良く声も通っている。過去にどこに行ったとか、旅行の話を色々と聞かせていただいた。


diary_16032608.jpg


これは計画外。車で通ってたら、このイベントを見つけてしまい、そして立ち寄る。


芋煮が無料で振る舞われるということなら、食べてみたい。10分ほど並んで1杯いただいた。


diary_16032609.jpg


よく見ると、ステージそばにぐんまちゃんがいる。


芋煮食べ終わったら並んで写真撮りたい!! と思っていたが、食べ終わった時にはすでに休憩でステージ裏に隠れてしまった(涙)


他に、食品などが破格の値段で売られていたので、いくつか買って帰った。


diary_16032610.jpg


館林市内北部の長良神社(ながらじんじゃ)。


御朱印をお願いしようと思って訪問したものの、不在でいただくことはできなかった。


diary_16032611.jpg


diary_16032612.jpg


708年に行基によって開山したと言われている善導寺に行ってみた。


見た目が全然新しく見えるのは、平成の世になって館林駅前からこの地に移転したため。


館林が城下町になって、幕府から御朱印を賜るなどして発展してきたという。ここでの御朱印は書置きの紙でいただいた。


diary_16032613.jpg


板倉町に入り、雷電神社に足を運んでみた。


大和時代の推古天皇の時代に聖徳太子によって創建されたと言われている。


diary_16032614.jpg


現在の社殿は1835年に建てられたもの。壁面の装飾が美しい。


diary_16032615.jpg


通りを渡った外れにある社務所には、なまずが置かれている。


なでると自信がつくと言われている。神社周辺にはなまずを食べられる食堂がいくつかあるのも注目すべき点だろうか。


 


このあと、メインの工場見学に出かけたが、ここでは話を割愛したい。


diary_16032616.jpg


diary_16032617.jpg


工場見学の後は、一般に「佐野厄除け大師」と呼ばれている惣宗寺へ。


私は今年本厄にあたるため、御朱印だけでなく、厄除と方位除けの祈願もお願いした。


この日の最終回の祈願になんとか間に合った。


これで大きな事故や悪い事が起こらない事を願いたい。


 


このあと、佐野ということでアウトレットに出かけて買い物をして終了。


館林から佐野にかけては、意外と見てまわりたいところがたくさんあるものですな。


 


diary_16032618.jpg


diary_16032619.jpg


今回の御朱印は、去年9月に日光東照宮と輪王寺で購入した御朱印帳に書いていただいた。あまり訪問できなかったが、書置きの紙で対応というところが意外といくつもあった。まだまだ御朱印帳の空きページに余裕があるので、また機会を見つけて北関東をまわることにしたいものである。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

2016.03.21 滋賀旅3日目(4) 夕方だけ近江八幡 [国内旅行]

diary_16032163.jpg


安土から1駅の近江八幡に移動。


自転車を返却してから5分以内に来て、ぎりぎりセーフだった。


これを逃したら次は30分後。その場合は、次の場所で御朱印もロープウェーにも乗れなくなる。


 


近江八幡駅でのバスの接続があまり良くなく、バスが来るまでの10分間にコンビニで軽く食事をする。やっと昼食にありつけた。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


2016.03.21 滋賀旅3日目(3) 観音寺城 [国内旅行]

diary_16032144.jpg


安土駅前で自転車を借りた時におじさんからアドバイスをいただいて、麓で自転車を止めて、ここから歩いて山の中へ。観音寺城へ行くには、桑実寺(くわのみでら)から入るルートと、南側の観音正寺から入るルートとがあるが、安土駅に近い桑実寺からのルートから入ることにした。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


2016.03.21 滋賀旅3日目(2) 安土城 [国内旅行]

diary_16032124.jpg


彦根城を見て回った後は、安土へ移動。


JRは乗り心地のいい電車で移動できるのはいいんだけど、安土に新快速が停車しないので30分に1本しかないので、乗り遅れたら大変。10:36出発。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


2016.03.21 滋賀旅3日目(1) 彦根城 [国内旅行]

diary_16032101.jpg


今回の旅3日目も近江八幡からスタート。


前日入るのを断念した彦根城の天守閣に朝一番で入ることにした。


近江八幡を朝8時前に出発する電車は、姫路から来る最初の電車で、この電車より前は大阪、京都始発である。


12両編成で祝日朝はガラガラかと思いきや、座席はほぼ埋まっている。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


メッセージを送る