So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.02.28 広島旅2日目(1) 郡山城・清神社 [国内旅行]

 広島まで来たので、すぐ帰るのは何だかもったいない。せっかくなので、行ったことのない場所には是非とも行ってみたい。3年前から続けている日本100名城めぐりで、中国地方について吉田の郡山城にまだ行ったことがなかったので、この際に行ってみることにした。


diary_16022801.jpg


銀山町にあるホテルで朝食を済ませて、7時半前にチェックアウト。


紙屋町にあるバスセンターまでは広電で4つ分あるが、時間に余裕があったので歩いて行くこととした。


広電に5両と長いチンチン電車も今や当たり前。昔は長くても3両だったのに。


それだけ利用者が多いってことなんだな。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.02.27 広島旅1日目(2) 広島御朱印巡り [国内旅行]

エヴァ新幹線の体験から話を完全に切り替えて、広島での話。


diary_16022735.jpg


diary_16022736.jpg


新幹線の改札を出てメインの南口へ。


通路がきれいになったり、30年ぶりに新車が導入されたりと、JR西日本は広島にやっと金をかけるようになったんだな。Red Wing乗ってみたい。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.02.27 広島旅1日目(1) 500 TYPE EVA 搭乗記録 [国内旅行]

 元々は千葉県内をある人を案内する予定だったが、予定が変わってしまい、穴があいてしまった。音楽の練習もあったが、前々から休むと言っていたので、ならばどこかに出かけようかと。


 それと、前々から当たったら乗ってみたい新幹線があった。去年11月から山陽新幹線で走っている500系のTYPE EVA。エヴァ初号機をベースにデザインされていて、先頭車では展示とコックピット体験ができるというもの。抽選制ということで、1ヶ月前にネットで申し込みを入れたところ、数日後、見事に当選通知が来た。展示のみのB賞と、展示にコックピット体験ができるA賞があり、A賞に見事当選。

(2016年3月15日以降、展示室は誰でも入れる形に変更となりました)


 エヴァンゲリオンはストーリーを軽くかじった程度しか分からない。碇シンジが初号機で、零号機に冷めた性格の綾波レイが乗り、弐号機にツンデレな惣流アスカラングレーが乗る。登場人物に他にはミサトさんがいたり、渚カオルという実は使徒がいたり・・・出発前にYoutubeとかネットで色々復習したつもり。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.02.14-15 冬の道南旅4日目(4)・5日目 はまなす乗り納め [国内旅行]

 今回の道南旅最終話は、急行「はまなす」乗り納めの旅。


 3月末に北海道新幹線が開業するのに伴い、青函トンネルを通る従来の特急・急行が廃止されるため、乗り納めするのが今回の旅行の大きな目的である。


 約20年前、学生時代に初めて北海道を旅行した時、北海道からの帰りに乗ったのがこの急行はまなすである。以来、2回ほど乗った記憶があるが、最近の北海道旅行は飛行機だったり、函館旅行なら往復共に昼間の特急だったりで、はまなす利用は今回が15年ぶりぐらいかもしれない。


 


 あと少しで廃止ということで、1ヶ月前の切符発売と同時に売り切れる可能性があると判断し、1月14日は午前中に仕事を休んで、朝10時前にみどりの窓口に並んでなんとか購入した。これが取れなかったら、今回の旅行もキャンセルしていたと思う。


 


 小樽の雪あかりを見て、20時半に札幌に戻り、はまなすの出発まで1時間半もあったので、駅ビルのスターバックスでスマホの充電、写真のPCへの取り込みなどを兼ねて、この日のまとめ。今回の旅行もなんだかんだ色々あったなぁと振り返っていると、あっという間に21時半を過ぎていた。


diary_16021484.jpg


diary_16021485.jpg


出発30分前だが、すでに列車は入線していた。


かつて走っていた寝台特急「北斗星」の牽引でも使われていたタイプである。


diary_16021486.jpg


diary_16021487.jpg


痛々しい車体だよなぁ・・・


今回は5号車指定席・ドリームカーに割り当てられた。


diary_16021488.jpg


5号車指定席の車内。


国鉄時代ならグリーン車に相当する座席が使われている。


手前は女性専用。男性は座れません。


diary_16021489.jpg


diary_16021490.jpg


最後尾まで青い車体。こんな列車で定期運用は今やはまなすしか残っておらず、これも翌月で廃止となる。


diary_16021491.jpg


こんな車両があったのもはまなすの特徴。


指定席料金で床にゴロンとできた車両である。


diary_16021492.jpg


22時ちょうどの出発予定だったが、遅れて到着の稚内からの特急の接続をとったので、9分遅れでの出発となった。


車内の自分の指定席から。壁には今度のダイヤ改正のことが書かれている。


 


新札幌、千歳、南千歳、苫小牧、登別、東室蘭と停車し、日付が変わって最初の停車は伊達紋別。そして長万部、函館と停車する。外は真っ暗なので寝て過ごす。


客車独特の構造で、停車時と出発時にガタンと衝撃が走るので、ぐっすりと眠れない。これも乗客離れで廃止の一因のような気もするのだが。


 


diary_16021501.jpg


diary_16021502.jpg


午前3時前に函館に到着し、出発は3時56分。


停車時間が1時間もあるということで、ホームに出てみた。


この間に札幌から牽引していたディーゼル機関車から、電気機関車に付け替えられ、進行方向が反対になる。


写真は撮らなかったが、この時点で自由席に空席が目立っていたような気がする。座席に荷物が置かれていないところがかなりあって、分からなければそのまま座れる状態なところばかり。ここまでで下車した人が多かったということだろうか。


 


外は真っ暗の真夜中なので、函館を出発してからも再び寝て過ごし、知らない間に青函トンネルに入り、知らない間に青函トンネルを出て青森県に入っていた。


 


到着前のアナウンスで起こされ、下車の準備。


6時過ぎだとまだ外は明けきってなくて、まだ寝ていたい気分。


diary_16021503.jpg


定刻の6時19分、終点の青森に到着した。


乗り換えのために跨線橋に上がった時点で、既に回送用に機関車が連結されていた。


北海道旅行で何度も帰りにお世話になったはまなすも、これにて乗り納めとなった。今までありがとう。


 


diary_16021504.jpg


青森から新幹線の新青森まで1駅の移動。


JR線なのに、青い森鉄道の車両だった。


diary_16021505.jpg


そして、新青森からはやぶさ号で東京に戻り、今回の旅行を終了した。


 


実は、はまなすに乗った2月14日は私の誕生日。


はまなすは来月で廃止ということで、今後の誕生日に二度と同じようなことができない旅行となり、自分でも納得の内容である。


北海道の旅は去年9月に続いて、わずか5ヶ月しか間が空かなかったが、何度でも行きたくなる場所である。函館を拠点とするなら、次は江差方面に向かいたいし、稚内方面には2007年以降向かってないので、そちら方面も次の候補。考えるときりがない。多分、そう長く間を空けずに北海道に行くと思うので、その時はまたこの旅行記にてお付き合いを。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.02.14 冬の道南旅4日目(3) 小樽雪あかりの路 [国内旅行]

高島3丁目からのバスを中央通で下車して、小樽の旧市街へ。


diary_16021452.jpg


線路もないのに警報機だけが残されているところがある。


ここは、北海道で最初の鉄道が通っていた場所(手宮線)で、今は遊歩道として整備されている。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.02.14 冬の道南旅4日目(2) 小樽御朱印巡り [国内旅行]

diary_16021429.jpg


電車を小樽で下車してからの神社巡りの話。


広々とした駅舎の中からスタートしよう。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.02.14 冬の道南旅4日目(1) 札幌→小樽 途中下車御朱印めぐり [国内旅行]

diary_16021401.jpg


diary_16021402.jpg


ホテルの近くに札幌の観光名所・時計台がある。


前回、去年9月に訪問した時に、時計台の2階ホールでコンサートが頻繁に行われていることを知っが、この日はマリンバデュオリサイタルとなっていたが、開始時間までに札幌に戻れないので断念。次回訪問時は、また何か音楽を聴けるといいな。


冬のこの時期は、落葉で建物がよく見える。木に葉っぱが付いていると、こんなにすっきりとは見えない。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.02.13 冬の道南旅3日目(2) 札幌御朱印巡り そして夜景 [国内旅行]

 札幌に午後2時過ぎに到着したということで、3時間でどれぐらい御朱印をいただけるだろうか。


 札幌駅のコインロッカーに荷物を預けて、去年9月の御朱印巡りで消化不良だったすすきの周辺のお寺を廻ってみることにした。


diary_16021323.jpg


札幌駅から地下鉄東豊線で豊水すすきの駅まで移動。


駅のほぼ真上にあるのが浄土宗の新善光寺。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.02.13 冬の道南旅3日目(1) 特急北斗の旅 函館→札幌 [国内旅行]

diary_16021301.jpg


今回泊まっているホテルは、朝食の種類が豊富なことで知られている国際ホテル。


朝から海鮮丼もステーキ丼も食べられるということで、昼食が要らないぐらい食べさせてもらった。


朝食代抜きにして、朝市で海鮮丼を食べるという方法もあるが、少量で高い朝市の海鮮丼よりかはここのホテルの朝食の方が正直満足である。


宿代を極力安くして朝市で朝食をとるか、宿代を朝食込みにして少しいいところに泊まるか。次回函館訪問時もこのようなところにするか考えよう。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2016.02.12 冬の道南旅2日目(3) 函館の夜景を麓から [国内旅行]

diary_16021246.jpg


日が暮れると、御朱印巡りができないので、ここからは夜景巡りの話でも。


背後に函館山が見える金森倉庫からスタート。


diary_16021247.jpg


17時を過ぎて、少しずつ明かりが灯り始める。


diary_16021249.jpg


30分程倉庫内のお店をまわって外に出てみたら、空はだいぶ暗くなっていた。


diary_16021248.jpg


函館を代表するレストランのラッキーピエロと、食料品店のハセガワストア。


diary_16021250.jpg


夕食は、まるかつ水産の回転寿司。


普段あまり酒類は飲まないのだが、この日は何故か飲みたい気分。


10皿は食べただろうか。


diary_16021251.jpg


diary_16021252.jpg


夕食後は、函館山麓の元町付近を散策。


旧函館区公会堂も見事にライトアップ。


diary_16021253.jpg


函館区公会堂前から見る港の景色もなかなかいい。


diary_16021254.jpg


diary_16021255.jpg


diary_16021256.jpg


昼間は観光客で賑やかな通りも、この時間帯に歩いている人はあまりいない。


この時間は建物がライトアップされているので、この時間でも実はおすすめなのだが。


diary_16021257.jpg


diary_16021259.jpg


ハリストス正教会もこの時間の方が昼間より美しく見える。


diary_16021258.jpg


この写真を撮った後で気づいたのだが、北海道新幹線が函館まで開通するというCMで少年たちが円になってダンスをしているシーンがあるが、あれってこの広場で撮影したものではないだろうか。


とすると、ここはハリストス正教会の敷地。


diary_16021260.jpg


その北海道新幹線のCMで広場の向こうに映っている教会は、カトリック元町教会。


 


夜8時過ぎまで歩いて、函館山ロープウェイ乗り場前からバスでホテルまで戻って、旅行2日目は終了。


とりあえず、お土産も購入したので、安心して翌日は札幌に移動できます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る