So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年総括 旅行以外

 今年2015年もいろいろな出来事があった。


 旅行やお出かけの案件が今までになく多かったように思えるし、演奏の案件も久しぶりに多かった。


 


 まず、音楽から。


 去年、地元で結成された吹奏楽団に加わって、練習を続け、今年やっと定期演奏会を開催できるまでになった。第1回の演奏会を過ぎると、活動が下火になりやすい。今後継続的に活動できるかは団員の皆さんの練習と行動にかかっているので、何としても続けて欲しいと思っている。


 


 また、この楽団のメンバーから、金管アンサンブルへの誘いを受けて、今年夏から本番があればエキストラ参加をさせてもらっている。少人数ということで、自分のパートの責任が重くなり、自分の技術力が試されるものである。決して周りからお世辞でも褒められる技術力ではないが、誘っていただき、また受け入れてくれた皆さんに感謝したい。


 来年からは正式メンバーで活動し、早速1月末に定期演奏会に参加することになっているので、年明けの週末は練習が多くなる。


 


 一方で、地元で別に少人数のメンバーで活動していた方は、10月に活動しない旨を代表者に通知した。こちらは、4月以降の活動がなくなり、新しい活動が見込めなくなったので。


 


 旅行しながら、音楽活動もするというのは結構ハードなものがある。吹奏楽団の練習が木曜か金曜の夜で、金管アンサンブルが隔週の土曜夜。これ以上グループに入ると、すべてが中途半端になりそうなので、これ以上新たにメンバーに加わるというようなことはしない。


 


 また、高校時代からの吹奏楽関係の紹介で、船橋の火鍋屋さんに月1回ペースで通うようになった。去年は年数回程度だったが、今年は予約を自分でするようになり、また食べに行った話をFacebookで上げたら、地元の吹奏楽団のメンバーで食べに行こうという話が盛り上がり、今年の夏以降4回企画した。これは皆さんに好評なので来年も企画したいと思う。


 


 そして健康面。


 6月に高熱出して、1ヶ月喉の調子が悪いままだったのと、10月頃は口の中が荒れて食べるのがつらい時期があったり、風邪をひいた時期があった。西暦・和暦の奇数年はどうも体力的にも精神的にも大きく体調を崩しやすい。11.12月は頭の中がグルグルまわるような思いをした日も何度かあったし。仕事で大きなストレス抱えて、旅行で消化して・・・という状態。あまりよろしくないんだけど。


 


 その他、結婚するのかとか、株式投資はどうだったとか、そういう話はしません。


 


 来年は本厄の年。


 しかし、過去の占いなどで、運気は絶好調と言われていた年はものすごく不調だったし、あまり運気が良くないので旅行を控えろと言われた月に今まで通り旅行をこなして全然問題なかったり。ある種、私は逆に作用する人間だと思っている。


 厄年だろうが、今まで通りに、ただしむやみに出かけたりしないようにして、2016年を過ごしたいと思っているので、来年も今まで通りよろしくお願いします。


 


(追記)


という内容を、2015年12月26日、年末年始恒例の旅行で飛行機を乗り換えるシンガポールの空港ラウンジで書いている。


待ち時間6時間30分。これだけ時間があったら、本当はシンガポールの市街に出て、2時間でも歩き回りたいものなのだが、2015年の総括もせず、また疲労を溜めてしまうことにもなるので、空港内のラウンジでずっと過ごし、その合間に書き込んだ。


さて、そろそろ次の目的地に向かう飛行機の時間が迫っているので、ここで締めくくることにしよう。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2015年総括 国内旅行編 [国内旅行]

 1年を振り返る国内の話。


 今年から御朱印めぐりが新たに加わったのが大きな話で、旅行のスタイルも変わった。


 


 ここ最近の国内旅行のスタイルは、日本100名城めぐりがメインで、これまでに80箇所をめぐった。来年または再来年で100ヶ所すべて廻れそうな感じで、その後のテーマを考えていたら、ある方から御朱印めぐりの提案を受けた。


 


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-04-22


 


 正直、これは死ぬまで続きそうな旅のテーマである。北陸新幹線開業前の特急はくたか乗り納めの旅に出かけ、金沢の忍者寺に行ったときに、ふと先日の提案を思い出し、スタートさせた次第である。これが3月のことだった。


 北陸新幹線開業1週間前とは言え、それでも金沢市内は観光客で賑わっていたのを覚えているが、新幹線が開業してからはさらに多くの観光客が訪れていることたろう。


 


 4月末のゴールデンウィーク前は長野へ善光寺ご開帳に合わせて行ってきた。


 朝7寺半過ぎに向かったにもかかわらず、善光寺で御朱印に並ぶ列があまりにも長かったのを覚えている。本堂の御朱印をいただくのに2時間近く並ぶなんて、ディズニーランド状態である。このあと、戸隠神社、そして上田の鹿教湯温泉などなど1泊2日の旅だった。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-04-28


 


 5月は親戚を訪ねて山口県の岩国へ。そして更に足を伸ばして広島県の宮島へ。


 初めて岩国空港を利用したが、とても便利。これまでは広島や新岩国まで新幹線を利用していたが、飛行機を降りてすぐ岩国市内なのがいい。ついでに御朱印も何ヶ所か廻ることができて、中国地方用の御朱印帳を用意した。


 あと、日本酒「獺祭」の工場見学も貴重な経験だった。車の運転を担当したので、試飲できなかったが、いつかは試飲してみたい。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-05-18


 


 6月は日帰りで甲府周辺の御朱印旅。


 武田氏ゆかりの地ということで、街の規模の割にお寺が比較的多い。そんなことから、4月に善光寺からスタートさせた甲信地方の寺院用の御朱印帳が、残り数ページというところまで埋まった。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-07-04


 


 7月は福島に日帰りで城と御朱印めぐり。


 すべてが行ったことのない場所で、新鮮な気分、浜通りはまだ行くのが大変だけど、中通りは全然大丈夫。また機会を見つけて御朱印めぐり第2章をしてみたいものである。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-07-28


 


 7月下旬は、大阪そして約15年ぶりに京都へ御朱印めぐり。


京都は御朱印の宝庫。今後、行く機会が増えそうです。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22


 


 8月のお盆休みは中国地方の城と御朱印めぐり。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-09-14


広島県の福山からスタートして、岡山、島根をまわって、山口の萩までという旅。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-10-05


途中、城めぐりを目的として訪れた街で、いただけないであろうと思っていた御朱印がいただけた上に、そのお寺にネコちゃんがたくさん。数年前から旅先でネコの写真を集めるようになったので、ネコ好きにはたまらない出来事もあった。


 


 9月上旬は1泊2日で日光へ大人の修学旅行。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-09-07


徳川家康没後400年ということで、日光東照宮から特別な御朱印帳が出ていたので、それを購入して栃木の御朱印めぐりをスタート。中禅寺湖まで足を運んだ他、鹿沼の山奥にある古峯神社にも行き、天狗の絵入りの御朱印もいただく。私の中で今年印象に残った御朱印の上位に入っている。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-09-07-2


 


 9月はシルバーウィーク5連休を利用して北海道にも行ってきた。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-10-21


北海道神宮で御朱印帳を購入して、御朱印めぐり開始。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-11-08-1


網走ではレンタカーを借りて、知床五湖まで行ってきた。


何年か前にも知床五湖に行っているが、この時は大雨で山が全然見えなかったが、今回は見事な晴れ模様で、行って正解だった。


それにしても、外国人が多かったせいか、2ヶ月以上前からウトロ温泉の宿を探したものの、全然空きが見つからず、たまたま見つけた温泉街から外れた場所の民宿に今回は宿泊。海の幸の料理が沢山出てきて、満足な宿だった。


 


 11月末に山形・仙台へ1泊2日の旅。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-12-02


山形城と仙台城を必修として、御朱印はおまけで付けたつもりの旅で、米沢にも立ち寄った。


今年3月の北陸の旅で上越高田の林泉寺に立ち寄ってて、同じく上杉ゆかりの米沢の林泉寺を訪問できたのは大きかった。


 


 この他、地元周辺で日帰りの御朱印めぐりなどに月に1回の割合で出かけている。


地元用の御朱印帳は、神社で2冊、寺院で1冊終了し、満願となった。


他にも北海道神宮から始めた北海道用の神社も9月の旅行5日間ですべて埋め、5月に岩国の白崎八幡宮から始めた中国地方用の神社も8月のお盆休みにすべて埋まった。ということで、今年は4冊満願。来年は初詣から新しい御朱印帳で臨みたいと思う。


 


 御朱印旅が新たに加わって旅のスタイルが大きく変わった1年だった。


 人生はまだまだ長い。行きたいところは沢山あるが、海外旅行の案件もあるので、あまり無理をしないで来年も動き回りたいと思うので、かわらずお付き合いの程よろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.12 御朱印めぐり 東京・城東編 [国内旅行]

地元の神社用に使っている御朱印帳と、同じく地元をメインに使用している寺院用の御朱印帳を1冊年内で終わらせて、来年の初詣から新しい御朱印帳を使いたいと思い、2日間にわたって御朱印めぐりを東京都内で行った。


 


diary_15121901.jpg


1日目の1219日は、スカイツリーが見える辺りをメインにまわった。


写真は墨田区押上の高木神社から。


diary_15121902.jpg


同じく墨田区押上の飛木稲荷神社。


高木神社から歩いて数分のところにあり、こちらは境内のイチョウの大木が有名。


数週間早かったら、イチョウで黄色に染まった状態を見ることができたようだ。


diary_15121903.jpg


12月19日の御朱印はこの4箇所。


天祖神社は江東区亀戸にあり、亀戸天神からも歩いて行ける。


diary_15122301.jpg


12月23日は午前中に東京の葛飾区で演奏の案件があり、その会場に向かう前に1箇所御朱印。


小岩不動尊として知られている江戸川区の善養寺。


境内で横に大きく広がった松の木は注目。樹齢は推定600年ほど。


diary_15122302.jpg


続いて、演奏の後に向かったのは、木下川(きねがわ)薬師として知られている浄光寺。


diary_15122303.jpg


平安時代から続く天台宗の寺院。


大正時代に荒川が拡張されるにあたり、現在の場所に移ってきたとのこと。


江戸時代は徳川家から御朱印を賜り、保護を受けてきたという歴史がある。


「あら、御朱印帳のトリをここで飾ったのですね」


御朱印をいただいたときに、そのように言われた。善養寺、浄光寺で地元の寺院用の御朱印帳を締めくくった。


diary_15122304.jpg


善養寺と浄光寺の御朱印はこの通り。


diary_15122305.jpg


diary_15122306.jpg


diary_15122307.jpg


神社の方は、堀切天祖神社、氷川神社(堀切)、そして青砥神社と、葛飾区の神社をまわって御朱印をいただき、


diary_15122308.jpg


神社用の御朱印帳の最後の地に亀有香取神社を選んだ。


普通、入口に狛犬がいる位置に、ここは亀が左右にいる。


diary_15122309.jpg


境内には、キャプテン翼の絵馬が掲げられたところがあったり、


diary_15122310.jpg


こち亀の両さんの像もある。


亀有周辺はこち亀の舞台になっていて、亀有駅周辺には両さんの像がいくつもある。


diary_15122311.jpg


道路をはさんだところにショツピングモールのアリオがあったり、マンションが多く建っていたり、環七通りは車通りが多かったりと、周りは賑やかだが、この神社の中だけは静かな状態が保たれていた。


diary_15122312.jpg


diary_15122313.jpg


神社内の亀有の歴史と両さんゆかりの場所についての案内板は必見です。


diary_15122314.jpg


12月23日の神社の御朱印はこの4箇所でいただいた。


どれも美しいっす。


 


これにて、御朱印帳を2冊終わらせた。


2015年の御朱印めぐりもこれにて終了。


次の御朱印は、初詣を兼ねてということになりそうです。


 


次のページで、御朱印の件も含めて、国内旅行の総括をします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015年総括 海外旅行編 [海外旅行]

1年を総括する時期になってきた。


今年もお出かけに、楽団の練習に、色々とあった年だったと思う。


年末年始の旅行前に、海外には出かけないので、このページで1年を振り返りたい。


 


去年の仕事納めの夜から、ミャンマーに飛んだ。


ヤンゴンと郊外のチャイティーヨーだけだったが、私にとっては衝撃的な内容だった。


次はマンダレーとかバガンとか、地方にも足を運んでみたいな。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-01-05


2015年の新年は、ミャンマーからの帰りに立ち寄ったバンコクで迎えた。


約9年ぶりのタイで、しかも新年をこの国で迎えたのは初めてで、タイにも初詣のような習慣があるんだなとか、メディアなどでよく紹介されている鉄道がすれすれで通り抜ける市場に行くことができたり、収穫の多い旅行だった。


 


1月は、年末年始の旅行後に、出張が2回。


1度は中国で、週末はついでに上海から紹興まで旅行してみた。もう1回は急遽決まったヨーロッパ出張で、こちらはドイツまでの往復飛行機で、オランダへはレンタカーに乗せてもらった。急遽決まった出張だったので、国際免許の申請する時間がなくて、久しぶりの運転ができなかった。


紹興の旅


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-03-29


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-03-31


 


2月に、誕生日旅を企画。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-02-17


冬だからこその場所に行きたかったので、最終目的地は中国のハルビン。


行きと帰りにソウルを経由して、航空券を設定した後で初日に仕事関係の人に会うという案件が付いてきた。その仕事関係者とは、今は順調に仕事が大きくなっていて、嬉しい限りである。


2カ月連続で中国旅行ということになったが、これはこれでいい思い出。


以前から、ハルビンの氷祭りに行きたいと思っていたので、満足の内容となった。


 


ゴールデンウィークは北欧3カ国の旅だった。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-05-02


去年に続き、今年もコペンハーゲンで乗り換え待ちの間を利用して街歩きをし、その後はノルウェー、そしてスウェーデンへ。


旅行中に、スウェーデンのゴットランド島に行くことを思いつき、行きはフェリー、帰りは飛行機という弾丸の日帰り旅行を実行したことも。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-07-15


魔女の宅急便の背景モデルの街とされ、そんな街で黒ネコを見つけて、勝手にジジと思い込んだり(笑) 今年の思いつき旅行で、一番良かったところかもしれない。


 


そして、今年最後はマレーシア。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2015-10-27


約11年半ぶりのクアラルンプールで、仕事絡みの訪問がメインだったが、休日を利用して郊外にも出かけることができた。以前に比べて清潔感が増したような機がする。改めて街の良さを認識。


 


例年、複数回行けてる韓国は、今年の訪問は1回だけだった。


逆に、国別で一番多かったのは中国で、公私合わせて4回訪問。


初めて行けた国は、ミャンマー、ノルウェー、スウェーデンの3ヶ国。


久しぶりの訪問だったのが、9年ぶりのタイと12年ぶりのマレーシア。


 


さて、今週末からの年末年始の旅行はオーストラリアからスタート。


今までになく長い休みになったので、この時期の旅行として初めて南半球に進出することにした。4年半ぶり3度目のオーストラリアで、行きと帰りにシンガポールにも立ち寄るルートで航空券を購入した。


 


あと、今年は行こうと思って行けなかった台湾に、どこかのタイミングで行きたいものである。


カナダのモントリオールもしばらく行っていないので、そろそろ行きたいと思うが、なかなか長い休みが取れない。


来年は行ったことのない国の開拓ができるだろうか。本当は、ゴールデンウィークにヨーロッパの行ったことない国に行ってみたいのだが、音楽活動の絡みで黄色信号が灯っている。


来年の計画は、年末年始に旅行しながら考えることにしよう。

 

※今回、写真のアップをしていません。

リンク先のページに載せてますので、そちらをご覧ください。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.12 御朱印めぐり 内房線沿線編 [国内旅行]

 旅行記が一段落したので、201512月に御朱印めぐりをした話でも書くことにしよう。


 千葉から市原にかけてのJR内房線エリアは、当月だけで2回訪問している。前のページで久留里線に乗った話を書いたが、実はその日に木更津に向かう途中で姉ケ崎でも下車している。


diary_15121353.jpg


総武快速線からの直通電車を姉ケ崎で下車したところから話を進めたい。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.12.13 久留里線御朱印・城旅 後編 [国内旅行]

diary_15121327.jpg


木更津からの列車を久留里で下車して2時間後、再び久留里駅からスタート。


この列車にはチーバくんなどのキャラクターは描かれていない。


13:50発の上総亀山行きは2両編成で、出発時点で10人ほど乗っていた。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.12.13 久留里線御朱印・城旅 前編 [国内旅行]

diary_15121301.jpg


今年2度目の木更津。


前回は駅近くの八剱八幡神社と證誠寺(しょうじょうじ)に行ったのだが、駅周辺はお寺が多くてまだまだ訪問していないところがあるということで、今回もまた駅周辺を歩いてみることにした。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.11.29 南東北御朱印旅2日目(3) 仙台 [国内旅行]

 13時過ぎに仙台駅に戻ったところから話を始めよう。


 15分間隔で市内の観光地を循環している「るーぷる仙台」で仙台市内の城と御朱印めぐりスタート。


 1乗車260円、1日乗車券620円ということで、3回以上乗車することを想定して1日乗車券をバス乗り場前の案内所で購入して乗車した。


 るーぷる仙台は仙台観光の移動手段としてかなりの好評で、乗車前に長い列ができている。


diary_15112944.jpg


全部で15箇所ある停留所の4番目の瑞鳳殿前で下車。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.11.29 南東北御朱印旅2日目(2) 塩竈から仙台へ [国内旅行]

diary_15112916.jpg


国府多賀城から1駅次の塩釜まで移動。


ここから15分ほど起伏のある道を歩いて鹽竈神社(しおがまじんじゃ)を目指す。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.11.29 南東北御朱印旅2日目(1) 多賀城(宮城県) [国内旅行]

diary_15112901.jpg

6時半起床でスタート。

まずは、城めぐりの多賀城からということで、仙台駅から東北線で国府多賀城駅まで。

朝8時1分発の一ノ関行きはわずか2両。それでも混雑しないのが不思議である。

diary_15112902.jpg

15分ほどで国府多賀城駅に到着。

駅構内に日本100名城のスタンプが置かれていて、まずは押印。

この時間はまだ観光案内所が開いていないので、駅の中にある案内板をもとに多賀城の跡を目指し、そして最終目的地は陸奥国総社へ。

diary_15112903.jpg

平地が広がる中、駅の近くに島のようになっているところがある。

その山頂には浮島神社が置かれていた。無人です。

diary_15112904.jpg

たわわに実った柿を見ながら多賀城跡に向かう。

diary_15112905.jpg

奈良時代に建てられた多賀城政庁は、京都や奈良のように中心となる建物に向かって南側からまっすぐな道が延びていたようである。

diary_15112906.jpg

政庁跡に向かう途中にあるのが、奈良時代に建てられた石碑。

奈良時代に多賀城政庁が建てられ、そして修理事業も行われたことが書かれている。

江戸時代に石碑を守るために建物で覆われたとのこと。

当時の人々も歴史あるものを保護する意識があったんですな。

diary_15112907.jpg

まっすぐ延びる道を進むと、多賀城政庁の跡。

パノラマで撮ったけど、ここにどんな建物があったのかしか残っていない。

九州の太宰府のような雰囲気が漂っている。

ここが奈良時代から平安時代にかけての政治行政の中心地だったわけだ。

diary_15112908.jpg

外郭にもこのような跡があって、多賀城の規模の広さを窺える

diary_15112909.jpg

こうして、多賀城まわりで45分かけて到着したのが陸奥総社宮。

総社という名称なので、奈良時代、平安時代から存在するものと思われる。

diary_15112910.jpg

この時期はイチョウが美しい。

社務所に誰もいない雰囲気があって、御朱印をいただけないかと思ったが、繋がっているお住いの方に回って欲しいとインターホン越しに言われたので、そちらからお願いすることができた。

diary_15112911.jpg

紅葉末期にお参りすることができた。

このあと、駅まではずっと下り道を歩くだけだったので、行きより楽に駅まで戻ることができた。

この時間で、神社前にタクシーも待機していたので、疲れている人はタクシーという手もある。

diary_15112912.jpg

国府多賀城駅まで戻り、多賀城廃寺へ。

奈良時代は政治と仏教が密接に繋がっていた時代なので、ここは多賀城政庁の付属寺院ということになる。今はこの通り跡しか残っていない。

diary_15112913.jpg

廃寺周辺はちょうどいい紅葉だった。

diary_15112914.jpg

電車の時間まで駅前の東北歴史博物館へ。

東北地方に焦点を当てた歴史が紹介されている博物館。ここは見る価値があります。

江戸時代の仙台藩の後継をめぐる伊達騒動についての特別展が開催されていて、当時の文書が公開されていた。

diary_15112915.jpg

このあと、10時55分発の電車で1駅次の塩釜へ。

また観光に不向きな701系に当たった(涙)

 

 

塩竈から先の話は次のページで書きます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る