So-net無料ブログ作成

2015.10.25 バトゥ洞窟(マレーシア) [海外旅行]

約12年ぶりのマレーシア。


今回の最大の目的は「出張」ということになっているのだが、この日は日曜日。


というわけで、電車に乗って郊外の観光地に向かうことにした。


diary_15102501.jpg


朝10時過ぎのラジャ・チュラン通りとスルタン・イスマイル通りの交差点。


繁華街ブキッ・ビンタンに近いところだが、この時間は車通り少なくて閑散としている。


このあと、モノレールに乗ってKLセントラル駅に向かった。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.10.24 マレーシアへ出発 [海外旅行]

 2004年正月以来、11年10ヶ月ぶりにマレーシアへ行くことになった。


 過去2回のマレーシア行きのうち、1回は仕事で石鹸の工場を訪問し、2回目は完全な個人旅行。この2回目の時に、乗り継ぎの航空券の予約を1日間違えてシンガポールで足止めを食らい、ペナン島での宿泊ができなかったという失態をしてしまったのを今でもよく覚えている。あの旅行でトラブルの対処をよく学んだものである。


 


 さて、今回の目的であるが、主な目的は仕事の関係者に会うこと。ただし、アポイントはとっておらず、突撃の旅である。


 去年も上海でアポ無し訪問をして、最低限の仕事はしたつもりになっている。今回、うまく行けば出張、何もできなかったら旅行同然。結果や過程をこのblogで書くのは控えさせていただく。


 


diary_15102401.jpg


9月から全日空がクアラルンプールに直行便を就航させた。JALと度重なる墜落事故で評判の悪いマレーシア航空以外にも直行便の選択肢が増えたはありがたい。


17時20分の出発である。


diary_15102402.jpg


人口の半数以上をイスラム教が占めるということで、おつまみがハラール認証を受けたものになっている。


diary_15102403.jpg


機内食は和食を選んだ。エコノミークラスでこの内容はありがたい。


 


約7時間のフライトで、夜の飛行ということもあり、外は何も見えない。


途中、フィリピン上空も飛んだようだが、窓からは何も見えなかった。


 


着陸前にCAが天井付近にエアゾールを噴射して歩いて回る。マレーシア政府の指示によるものなのだろうか。


 


23時半過ぎにクアラルンプールの空港に到着。


マレーシア航空以外で到着した場合は、シャトルトレインで到着ロビーに移動することになる。入国審査はあまり待たなくても、荷物が出てくるのが遅く、その間にトイレで用を済ませてもターンテーブルが回っていない状態だった。


 


荷物を引き取り、タクシーのチケットカウンターで行き先と人数を申告して、タクシーに乗ったのが、日付が変わって夜0時20分。そして、クアラルンプール市内のホテルに到着したのが1時10分。


そして、PCでメールを確認するなどして寝たのが夜3時。


 


全日空が直行便を飛ばしてくれたのは大変ありがたいが、時間が悪すぎる。この時間だと、タクシーも5割増になって、出費も余計にかかる。もう2時間早めていただけるだけでも、大変ありがたいのだが。


 


翌2日目は日曜日。休日ということで、クアラルンプール郊外のヒンズー教寺院と洞窟を兼ねたところに行ってみます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.10.18 成田山新勝寺・香取神社など [国内旅行]

 千葉県入門の旅2日目は、東の方角を目指した。
diary_15101801.jpg
車で東関道を進み、富里インターから一般道に入って、京成成田駅の前を通過してしばらく進んだところにある駐車場に車を止めて、街歩きスタート。
通り沿いには古い建物が並び、和菓子屋や土産物屋が続く。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.10.17 木更津・養老渓谷の旅 [国内旅行]

10月17、18日の2日間、大阪から来た友人を誘っての千葉県入門旅。

diary_15101701.jpg
お迎えは羽田空港。
全日空で伊丹から来るということだったので、時間まで展望フロアで待っていたら、ポケモンの飛行機が入ってきた。ポケモン仕様は一時期は3機もあったが、今はこの1機だけ。

10時過ぎに合流して、プランに沿って千葉県を目指す。
羽田から千葉県と言うと、少し遠いイメージがあるかもしれないが、アクアラインを通れば本当に近い!!
途中、海ほたるのサービスエリアに入ろうとしたが、入場規制がかかっていたので、そのまま通過して木更津市内へ。羽田空港から30分ほどで木更津駅近くの駐車場に到着した。
diary_15101702.jpg
駅にほど近い八剱八幡神社。
diary_15101703.jpg
古くからあるが、具体的な創建年代は分からない。
源頼朝の寄進で社殿が造営され、何度か建て替えがされて現在に至っている木更津の総鎮守。
この日は七五三参りをする家族連れが目立った。
diary_15101719.jpg
御朱印はこんな感じ。
diary_15101704.jpg
八剱八幡神社から歩いてすぐの場所にあるのが證誠寺(しょうじょうじ)。
看板に古さを感じる。
diary_15101705.jpg
diary_15101706.jpg
ちょうど、狸まつりの日とぶつかって、何かいいものが見れないかと思ったが、開始は3時間後ということで、次の場所があるのでお参りだけして後にする。
木更津で浄土真宗の寺院は、ここ證誠寺だけで、市内のお寺の半分が真言宗とされる。
そんな構図も千葉県の中では珍しいかもしれない。千葉県は日蓮宗系が多数を占めるので。
なお、御朱印はここではいただくことはできなかった。
diary_15101707.jpg
本殿奥に狸塚があったりして狸と縁の深いお寺。
漢字表記が異なるが、童謡「証城寺の狸囃子」のモデルになったお寺である。
diary_15101708.jpg
diary_15101709.jpg
diary_15101720.jpg
證誠寺と八剱八幡神社の間にあるのが成就寺。
木更津では少数派の日蓮宗のお寺で、御主題をいただくことができた。
diary_15101710.jpg
昼食は、木更津郊外の洋食レストランでとった。
生姜焼き定食1080円のボリュームの多さにはまいったが、なんとか完食。
diary_15101711.jpg
木更津郊外から1時間弱車を進めて、小湊鉄道の養老渓谷駅へ。
廃線になってしまったかのような雰囲気が漂っているが、先日の台風による大雨で土砂崩れが発生して今でも不通で、列車が来る姿が見られない。レールの錆びようが物語っている。
diary_15101712.jpg
diary_15101713.jpg
diary_15101714.jpg
diary_15101715.jpg
養老渓谷駅にはネコちゃんが住みついている。
猫駅として知られているようで、駅舎内には写真が多く展示されていた。
しかし、今回に限っては、列車が来ないせいか私たちの滞在中は外に出ようとはしなかった。

過去の訪問時にネコちゃんの相手をした話はこちら↓

diary_15101716.jpg
養老渓谷駅から車を10分ほど進めて、粟又の滝へ。
途中からの眺めが一番良かったかもしれない。
diary_15101717.jpg
間近からの眺めもなかなか良かったが、
diary_15101718.jpg
過去2回、真下まで降りて滝全体を眺めることができたが、水量がいまだに多くて、靴を履いた状態ではこの先進むことができず、断念した。せっかくここまで案内したのに、何だか申し訳ない気分。
1ヶ月以上経つと、千葉県で最後の紅葉の見どころになり、多くの観光客が訪れるであろうが、それまでには水量が減って通れるようになってほしいものである。

このあと、船橋に戻って夕食。
翌日の話は次のページで書きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.08.16 中国地方御朱印+城めぐり6日目(2) 萩城下町から帰る [国内旅行]

萩市内を循環バスと徒歩でまわる旅の続き。


前のページで松下村塾があった松本川から東側のエリアを中心に見て、その後に世界遺産の萩城跡。ここを出て、武家屋敷跡の街並みを歩くところから話を始めよう。


diary_15081622.jpg


diary_15081623.jpg


diary_15081624.jpg


diary_15081625.jpg


萩城の東側に広がる街並み。上級武士が住んでいたところとされ、ここも世界遺産の構成の一つに組み入れられた。何となく長府の武家屋敷の街並みにも似ている。毛利が作った街並みはどこか似てしまうところがあるのだろうか。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.08.16 中国地方御朱印+城めぐり6日目(1) 萩 前半編 [国内旅行]

diary_15081601.jpg


今回の萩での宿泊先は、JR東萩駅に隣接したホテルだった。


1ヶ月以上前から萩の宿泊先を探していたが、1泊1万円以上のところしか残ってなくて、7千円ほどのこのホテルに決まった。


萩って、元々宿不足なのか、どうなのか。松下村塾や反射炉が世界遺産に決まり、また、高速道路もなくて移動が大変な場所なので、宿の需要もあるような気がするのだが。


8時過ぎにチェックアウトをしたが、フロントには誰もおらず、鍵を置いて出てくださいという感じ。あと、荷物を帰りのバスの時間まで預かって欲しかったが、「ホテルの内部にコインロッカーがあるので、そこに預けてください」だって。しかも有料。あまりいい感じがしない。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.08.15 中国地方御朱印+城めぐり5日目(4) SLやまぐち号の旅 [国内旅行]

diary_15081576.jpg


津和野の永明寺から駅に戻る途中、踏切の遮断棒が下りたままだったので、待っていたらSLの先頭車両だけがやってきた。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.08.15 中国地方御朱印+城めぐり5日目(3) 津和野(島根県) [国内旅行]

持ち時間3時間40分の津和野の街歩きは駅からスタート。


7年ぶり3度目の津和野である。


diary_15081548.jpg


diary_15081549.jpg


diary_15081550.jpg


津和野の見どころの一つとして、津和野藩の城下町の街並みが残っているところ。


山陰の小京都と言われる所以は実際に見ればすぐに頷ける。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.08.15 中国地方御朱印+城めぐり5日目(2) 益田(島根県) [国内旅行]

松江からの特急を益田で下車して、街歩き。持ち時間は3時間。


diary_15081523.jpg


益田駅から医光寺まではバスが多く出ていて便利。


逆に柿本神社がある方面は、少し本数が減るので乗り遅れたら大変なことになりそうだ。


市内線に雪舟・人麿ラインと名付けられている通り、益田はこの2人のゆかりの街である。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015.08.15 中国地方御朱印+城めぐり5日目(1) 特急スーパーおきの旅 [国内旅行]

旅もついに5日目。朝食無料の東横インに泊まっているのに、朝食開始時間の前にチェックアウトしなければならないという悲しい現実からスタートする。


朝食は松江駅前のコンビニで調達し、早速改札を通過。


diary_15081501.jpg


またきてにゃ、だって[わーい(嬉しい顔)]


松江周辺は御朱印をいただきたくなる神社が多いので、機会見つけてまた行くよ。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る