So-net無料ブログ作成

2017.08.15 ウズベキスタン旅5日目(2) タシケント 後半編 [海外旅行]

diary_17081520.jpg


チョルスー・バザールからコスモナウトラル駅まで地下鉄で4駅移動し、目指すはウズベキスタン歴史博物館。駅を出たところにいた警察官にガイドブックを見せて、その場所を教えてもらい、博物館を目指す。途中の道はこのように日陰になっていて、涼みながら行くことができる。


diary_17081521.jpg


その途中に、石積みの広場があった。


ガイドブックに表記はなくて、Pokémon GOを開いてみたら、”Japanese Stone Garden”という名のポケストップになっていた。何故そんな名称なのか? ネットで検索しても出てこない。


diary_17081522.jpg


ナヴォイ・オペラ・バレエ劇場。


旧ソ連によって抑留された旧日本兵が強制労働させられて建てたのがこの建物。


その後、大地震で周りの建物が崩れる中で、この建物は崩れずに残ったという。


日本のテレビでも先日このことが紹介され、日本語のパネルも取り付けられているというが、この時は素通りしてしまい、見逃してしまった。


diary_17081523.jpg


そして、ウズベキスタン歴史博物館に到着。


入場料を払ったら、3階へ。展示は4階まである。


diary_17081524.jpg


この博物館で一番見たかった展示である。


1-3世紀頃の仏像で国内の遺跡から出土したもの。仏様に寄り添う2人の僧侶。


かつては、ウズベキスタンにまで仏教文化が浸透していたことになる。


diary_17081525.jpg


ウズベキスタンは海がなく、どこの国とも陸続き。


中国とペルシャとの中間に位置しているため、様々な文化の影響を受けていることが、展示品からも分かる。
diary_17081526.jpg


4階は現代ウズベキスタンを紹介。


この展示を見て、何故車はシボレーや大宇ばかりなのかが分かった。


小型トラックや小型バスのほとんどがいすゞなのも国策会社の工場で作ってるからなんだな。


diary_17081527.jpg


鉄道もここ数年で新しい車両がどんどん投入されている。


機関車は中国南車製、高速鉄道車両はスペインのタルゴがベース。


diary_17081528.jpg


2015年に安倍首相が当時のカリモフ大統領と会談している様子も紹介している。


でも、他の国に比べてウズベキスタンへの投資額はまだ少ない方で、トップの中国からかなり突き放されている。


diary_17081529.jpg


ティムール広場のティムール像と、国際会議場。


diary_17081530.jpg


歩き疲れたので、近くのカフェで休憩。


日陰で飲むチャイが美味しかった。


diary_17081531.jpg


diary_17081532.jpg


地下鉄で移動して、西側のアブドゥールハシム・メドレセへ。


ここも神学校の跡だが、現在は各部屋がおみやげ屋兼工房になっていて、その場で小物を製作しているところが多かった。


diary_17081533.jpg


途中、スーパーでお買い物。夜の飛行機で帰国の途につくということもあり、タシケントの地名が書かれたチャイが安くて何種類も購入。コーヒーは日本と変わらないぐらいの値段だったが、他は比較的値ごろ感あり。


そして、地下鉄の入口でスーパーで買ったドリンクを飲みながら休憩して、夕方最後の場所に向かった。


diary_17081534.jpg


diary_17081535.jpg


再びチョルスー・バザール。


今回は食品関係のお店を中心に回った。


香辛料やチャイの専門店を中心にぐるぐる回り、肉類あたりもぐるっと1周・・・としている時に、とんでもない事態に気付いた。スマホがないことに気付いた!!!


どこで失くしただろうか??? と振り返り、一番思い当たる節があるのが、スーパーで買い物した後に地下鉄の入口でドリンク飲みながら休憩したところ。ここでスマホをポケットから取り出して、私の右側に置いた記憶があるのだが、それ以降、スマホを確認した記憶がないのだ。


 


急いでその駅に戻り、外に出てみると、駅の出入口の階段を警備していた警察官が、私のスマホをいじっているではないですか!!! 警察官に英語と身振り手振りで、そのスマホは私のだと説明する。警察官も私のスマホだとすぐに分かってくれて、返してくれた。謝礼はこっそりドルで渡した。これは私の気持ち。持っててくれて、ありがとう!!!


diary_17081536.jpg


スマホを取り返した地下鉄駅からホテルまでは歩いて戻る。


サッカーのウズベキスタン代表のパネルが掲げられていた。


ワールドカップの最終予選はあと1勝していれば本選出場だったのに、実に惜しかったと思う。


diary_17081537.jpg


ウズベキスタンも映画産業が盛んなのだろうか。


”TAXI-5”の車がシボレーなところが、ウズベキスタンらしい。


 


このあと、ホテルに戻り、帰国の準備。


ガイドさんが迎えに来てからの話は、次のページで書きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る