So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.07.17 夏の北海道旅4日目(2) 小樽で締めくくり [国内旅行]

diary_17071719.jpg


diary_17071719.jpg


昼間に途中で余市に行ったが、ここではその前後の小樽の話を書くことにしたい。


小樽での旅のスタートは小樽駅から。


駅構内は明かりがレトロな感じで、駅舎の作りは上野駅と中国の大連駅そっくりなので、作った人は同じだったかと思う。あと、写真は載せないけど、4番線の余市側にある石原裕次郎ホームお勧めです。


diary_17071721.jpg


小樽駅からまっすぐ伸びる道を歩く。


バスに乗っても良かったけど、中途半端な距離なんだよなぁ。


交差点右手の長崎屋って、相変わらずあるんだね。私の地元の長崎屋はメガドンキになってしまったが。


diary_17071722.jpg


手宮線の跡。この時期は何もなされていないが、冬の雪明かりの路はおすすめである。


diary_17071723.jpg


小雨模様の小樽運河まで歩いた。


時間に余裕があれば遊覧船に乗りたかったのだが。


diary_17071724.jpg


旧日銀小樽支店へ。


diary_17071725.jpg


この建物の中に入るのは今回が初めてである。


北海道の貨幣経済についての紹介や、1億円相当の束を持ち上げる体験もある。


 


このあと、駅に戻り余市に移動。前半は約1時間ほど小樽を歩いて回った。


 


diary_17071726.jpg


余市から戻って向かった先は、古い建物や土産物屋が多く並ぶ堺町通り。


diary_17071727.jpg


前半は海鮮料理屋やガラス細工が目立つ。


歩いている人の半数は中華系や韓国からの外国人が目立つ。


diary_17071728.jpg


店舗まで抹茶色の抹茶のお店。外国人には大受けしそう。


diary_17071729.jpg


オルゴールのお店の店内もものすごい人だった。


diary_17071730.jpg


少し遅い昼食兼夕食に海鮮丼。見ただけでお腹いっぱいになりそう。


 


写真には載せないが、六花亭やルタオなどのお菓子の店を回って、お土産を購入。ルタオは試食も積極的なのが嬉しい。あと、反対側の車が多い通りにあるかま栄で魚のすり身を購入。私の最近の定番です。こうして、お土産はほとんど小樽で済ませた。


 


diary_17071731.jpg


帰りの17時発新千歳空港行きも721系だった。


diary_17071732.jpg


混雑を予測して、事前に指定席を購入した。初めての快速エアポート指定席。車内は混雑していたので、購入して正解だった。
この日の移動に「1日散歩きっぷ」を購入。札幌→小樽→余市→小樽→新千歳空港のルートなら、このきっぷの方がお得です。


diary_17071733.jpg


帰りの車窓も雨模様で良くなかった。


diary_17071734.jpg


新千歳空港では1時間半の待ち時間を利用して最後の買い物。


美味しいパンが空港内で売られていると聞いたが、残念ながら品切れ。


あと、空港内のANAラウンジは工事で閉鎖中。あまりのんびりはできなかった。


 


こうして、羽田に到着したのは21時半。


4日間丸々内容の詰まった夏の北海道旅行はこれにて終了した。


 


今回の旅行の総評などは次のページで。


今回の旅行中に御朱印も並行でいただいたので、その件を次のページで書きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る