So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.07.16 夏の北海道旅3日目(3) 音楽の街・札幌 [国内旅行]

 富良野から札幌までまさかの普通列車の移動をして、札幌のホテルにチェックイン。荷物を軽くして夕方から札幌の街に出てみた。

 当初の予定では、昼間は旭川だったので、札幌到着は日が暮れてからになるだろうと予想して、何も予定を入れてなかったが、こうして時間が取れたので、急きょ歩いて回ることにした。

diary_17071633.jpg

ホテルから歩くこと数分南下したところが北海道庁の旧庁舎だった。

この時期らしく、お花が美しい。

diary_17071634.jpg

北海道庁から東に延びる通りでは、ライブステージが設営されていて、ちょうどコンサート開催中で盛り上がっていた。通りの手前ではアイスの無料配布。普通列車移動の疲れが取れたかも(笑)

diary_17071635.jpg

diary_17071636.jpg

diary_17071637.jpg

定番の時計台。この時期は周りの新緑と合わさって美しく見えるのがいい。

17時を過ぎていて、この時間は中に入ることができない。

diary_17071638.jpg

私の中で、時計台は見るだけではつまらないと思っている。

せっかくなら、中に入って音楽を聴きたいもの。このように、時計台ではほぼ毎日イベントが予定されているので、時間が合えば是非と思っている。

今回、事前に調べていなかったものの、ちょうど夜に開催されるということで、母親と一緒に聴くことにした。

diary_17071639.jpg

大通公園に出ると、長い列ができているところがあった。

これから小野リサのライブコンサートが開かれるのだという。

さすが大物アーティストで、ほぼ完売。札幌シティジャズと銘打って、しばらくここでジャズコンサートが開催される様子。本田雅人も来るんだな。

diary_17071640.jpg

大通りに設営されたこの建物の中で開催されるのだという。

diary_17071641.jpg

時計台コンサートの時間まで少しあったので、近くでビールとおつまみを買って、ここで待機。

8月になると、大通り公園一帯はビアガーデンになって、さらに盛り上がる。

diary_17071642.jpg

時計台の開場時間に行くと、もうすでに長い列ができていて、地元の人に加えて私のような観光客が混ざっている感じ。

diary_17071643.jpg

比較的前の方に座れたが、最終的には満席での開催になった。

内容は札幌で活躍するサックスアンサンブルと、ゲストで函館のサックスアンサンブルのジョイントコンサート。吹奏楽をしている者からすると、この曲、ヤマハのニューサウンズの楽譜から拾ってるなぁっていうのが分かったりして、突っ込みどころもある内容。

19時スタートは、時計台の鐘の音を基準にしている。司会の方は、20時の時計台の鐘の音と演奏がかぶらないようにものすごく神経を使われていたけど、最終的にはかぶっても構わないということになり、演奏と時計台の鐘の音がかぶったところも。総じて非常に楽しませてもらった。また、札幌に来て泊まりなら、夜は時計台コンサートを聴きたいものである。

diary_17071644.jpg

diary_17071645.jpg

diary_17071646.jpg

時計台コンサートが終わると、外はすっかり暗くなって、時計台はライトアップしていた。

時計台って、見るだけならある種がっかりな場所かもしれないけど、音楽を聴くというコースは個人的に大いにオススメしたい。

 

こうして、予定外の多かった旅3日目はこれにて終了。

札幌ではすっかり天気も回復して、歩くのにはちょうど良かった。次の日もいい天気だといいのだが・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る