So-net無料ブログ作成

2017.07.14 夏の北海道旅1日目(3) 風のガーデン・ニングルテラス(富良野) [国内旅行]

 新千歳空港から夕張、南富良野を経て、富良野入り。16時半過ぎに市内のペンションにチェックインして、まだ外は明るかったので、回れるところを回ることにした。

diary_17071437.jpg

向かった先は、新富良野プリンスホテルの前にある風のガーデン。


diary_17071438.jpg


入場料を払って、ハイエースに乗ってゴルフ場の脇を何分か進んだところで降りた。


diary_17071439.jpg


降りたところの前に、ガブリエルの家があったが、遅い時間だったので、営業を終了していた。


diary_17071440.jpg


これだけ多くの種類の花が咲いているのだという。


diary_17071441.jpg


diary_17071442.jpg


diary_17071443.jpg


diary_17071444.jpg


diary_17071445.jpg


diary_17071446.jpg


diary_17071447.jpg


野草園とバラ園に分かれていて、バラはピークを過ぎたような感じで、私の地元のバラ園の方がきれいな感じがする。ドラマはちゃんと見なかったが、ここが「風のガーデン」の舞台になったところである。


diary_17071448.jpg


新富良野プリンスホテル。いつかは泊まってみたいホテルである。


diary_17071449.jpg


富良野ドラマ館では、富良野を舞台にしたドラマのグッズが売られている。


フジテレビは富良野のイメージアップに相当貢献したな。


diary_17071450.jpg


富良野ドラマ館に隣接したニングルテラスへ。


diary_17071451.jpg


diary_17071452.jpg


diary_17071453.jpg


diary_17071454.jpg


ちょうど夕暮れ時に訪問したので、幻想的な雰囲気が漂っていた。


15ほどの小屋はほとんどが手作り小物のお店で、どれも手が込んだ作品である。


8年前に訪問した時、富良野塾の小屋でチューバを吹く森の妖精の小物を購入したのを覚えている。


diary_17071455.jpg


夕食は富良野の市外に出てオムカレー。


この店は、去年も訪れた「唯我独尊」ある。


diary_17071456.jpg


私は定番のオム・ソーセージカレーを注文。母はオムカレー。


ルーは辛いが、オムレツでまろやかな味になる。


ここのルールで、ご飯が残っていてルーのおかわりをしたい時は、合言葉を言うことになっている。


「北の国から」で蛍がキタキツネを呼ぶ時の掛け声で、カウンターで話をすることです。


diary_17071457.jpg


今回の旅行で参考にした資料の1枚に、韓国ドラマの「ラブレイン」(사랑비)がある。


今回訪問したオムカレーの店もこの作品の撮影に使われたのだという。


ドラマの影響なのか、このお店の訪問ノートを見ると、半分近くが韓国語で書かれていた。


富良野に来たら、このオムカレーのお店はおすすめです。


 


初日から、内容の濃い1日だった。


次の日の前半は、「北の国から」めぐりです。続きは次のページで。


 


2008年に訪問した時の話はこちら↓


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2009-08-13-1


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る