So-net無料ブログ作成

2017.06.24 茂原御朱印巡りとあじさい [国内旅行]

 先週に引き続き、午前中は仕事で出社して、午後からの御朱印めぐり。今回は千葉県の茂原です。

diary_17062401.jpg

まずは、本納(ほんのう)にある橘樹神社(たちばなじんじゃ)へ。


diary_17062402.jpg

参拝の前に授与所で御朱印をお願いしようとしたら、窓口に今回の第一ネコちゃん発見。

先週、今週とネコ運がある。

diary_17062403.jpg

御朱印をお願いしている間も、このネコちゃんは参拝客の私にサービス満載だった。

diary_17062404.jpg

御朱印帳をいただいて、参拝しようとしたら、ネコちゃんが出てきて一緒に参拝しませんか?って言っているかのような動きをしたが、この後、他の参拝客のところでもすりすりしていた。

「たかし」君というらしいです。

diary_17062405.jpg

上総国二宮という位置付けで、敷地の森が歴史を感じさせるところだった。

diary_17062406.jpg

本納から白子町に入り、白子神社へ。
diary_17062407.jpg

お星様を祀る神社ということで、千葉神社のような様相も感じる。

diary_17062408.jpg

茂原近辺は、地面を掘ればわずかに天然ガスが湧き出す地域だが、ここの神社の水は天然ガスやヨードを含まない純粋な水である。

diary_17062409.jpg

橘樹神社と白子神社の御朱印。

diary_17062410.jpg

再び茂原市に入り、昼食は茂原のご当地ラーメン・もばらーめんの元祖のお店へ。

豚バラがたっぷり乗った豚骨風味は美味だった。また食べに行きたい。

diary_17062411.jpg

茂原の中心街に入り、八幡神社へ。

ここは残念ながら、社務所を訪問しても反応がなくて、御朱印をいただけなかった。

diary_17062412.jpg

八幡神社から車で数分の鷲山寺(しゅせんじ)へ。

diary_17062413.jpg

ここは日蓮系の法華宗本門派の大本山。

寺務所で御首題をいただいた時に「説法」していただいたのだが、日蓮の法華経の教えが色々解釈された結果、日蓮宗や法華宗、創価学会などいくつも宗派が分かれてしまったという。隣の藻原寺(そうげんじ)とも宗派が異なり、我々の宗派は・・・と30分近くお話を受けて後にした。何だか心の重みが少し取れたような気分になった。

diary_17062414.jpg

階段を上がると、隣のお寺(藻原寺・そうげんじ)の山門が見えた。

diary_17062415.jpg

その藻原寺へ次に参拝。山門が独特。

diary_17062416.jpg

「日蓮門下お題目初唱之霊場」として、鎌倉時代からの歴史があるのと、日蓮の後継者が身延山とこの藻原寺の住職を兼務していたため、別名「東身延」と言われていたほどの由緒あるお寺である。

diary_17062417.jpg

裏山に大きな日蓮像を建立する予定があるという。

diary_17062418.jpg

鷲山寺と藻原寺の御首題。

敷地は隣同士だが、宗派が違うために書き方も違って見える。

diary_17062419.jpg

最後に郊外の服部農園へ。

新聞などで紹介していて、今年は一度行っておきたいと思っていた場所で、今回茂原に行くと決めた本来の目的地はここである。

diary_17062420.jpg

diary_17062421.jpg

diary_17062422.jpg

diary_17062423.jpg

diary_17062424.jpg

diary_17062425.jpg

diary_17062426.jpg

diary_17062427.jpg

斜面にあじさいが目一杯敷き詰められた感じの場所だった。素晴らしい!!

梅雨の中休みで歩きやすかったが、雨に濡れている方がより美しく見えたかもしれない。

 

茂原近辺には日蓮宗系列のお寺が他にも多くあるが、鎌倉時代の布教の影響が残っている。法華七福神めぐりなんてのもあるし。

服部農園のあじさいも本当に良かった。農園ということで、農産物の販売も行われていて、たまねぎとメロンを購入して後にした。今日はこれにて。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る