So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.05.04 欧州5ヶ国旅7日目(2) ヴィリニュス(リトアニア) [海外旅行]

diary_17050415.jpg

ヴィリニュスのホテルは角部屋を割り当てられ、市街北側と東側がよく見えた。


diary_17050416.jpg

ヴィリニュスの街にトラムは走っておらず、トロリーバスが主流。

diary_17050417.jpg

街を歩いていると、お花がたくさん置かれたところがある。

diary_17050418.jpg

その近くの建物に”The museum of genicide victims”の表示。

直訳すると「大量虐殺犠牲者博物館」。中に入ってみた。

diary_17050419.jpg

ここは、ソ連時代にKGBによって政治犯を収容していたところ。

単に収容していただけでなく、拷問をする部屋などもそのまま残されていて、正直気持ち悪い。

また、酷寒のシベリア送りになった人の資料も展示されている。

diary_17050420.jpg

そして、ここが処刑部屋だったところ。

銃殺によって処刑していたため、壁にガラスが掛けられている部分に銃痕が残っている。

diary_17050421.jpg

演劇と音楽と映画の博物館。

diary_17050422.jpg

diary_17050423.jpg

リトアニアの芸術に関する展示がされていて、楽器もいくつか展示されている。

見て回っている最中に、古い人形劇のビデオがあるから見ないかと誘われて見ることに。

当時としては貴重な作品なんだろうな。

diary_17050424.jpg

博物館を出たところで、リトアニアのネコちゃん見つけた(^^)

diary_17050425.jpg

diary_17050426.jpg

ヴィリニュスの精霊教会。

中はちょうど礼拝の時間だった。

diary_17050427.jpg

聖ヨハネ教会の塔。

塔に上ってみた。

diary_17050428.jpg

西側を眺めると、薄緑色の建物は大統領官邸。

こんな重要に施設が間近の高い建物から見下ろせるようでいいのだろうか? と思ってしまうが、大国じゃないからいいのだろうか。

diary_17050429.jpg

北側を見ると、復元された王宮と、左に大聖堂、右の丘に古城の跡。

diary_17050430.jpg

南側にも赤い屋根の旧市街が広がっている。

diary_17050431.jpg

diary_17050432.jpg

教会部分は18世紀のもの。

diary_17050433.jpg

先ほどの教会の塔から見えた古城の跡に行ってみた。

入口は教会側から見て、裏側になる。

diary_17050434.jpg

13世紀から丘の上に城が築かれ、次第に周辺に城郭が広がっていったというが、今はほんの一部しか残されていない。

丘の上の建物は博物館になっているが、訪問した時間が遅くて、中に入ることができなかった。

diary_17050435.jpg

丘の上から南側を眺めると、先ほど上った教会の塔が右側に見える。

diary_17050436.jpg

丘のふもとには再建された王宮。

中は歴史博物館になっている。

diary_17050437.jpg

隣接の大聖堂。

diary_17050438.jpg

ちょうど、夕方の礼拝が終わったところだった。

diary_17050439.jpg

教会の規模の割にパイプオルガンが小さく見えるのは気のせいだろうか。

 

こうして、簡単に街歩きをして旅7日目を終了した。

翌8日目もヴィリニュスの街歩きからスタートする。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る