So-net無料ブログ作成

2017.05.02 欧州5ヶ国旅5日目(1) タリン→リーガ バス移動 [海外旅行]

diary_17050201.jpg

おとぎの国の世界のような街だったタリンに別れを告げる。

前日はメーデーという祝日で入れなかったところがいくつもあり、また機会を作って訪問したいと思っている。


diary_17050202.jpg

タクシーでヴィル門からバスターミナルまで移動10分ほど。6.15ユーロ。

エストニアのタクシーはヨーロッパの他の国に比べて安いような気がする。

バスの出発まで時間があったので、コーヒー1杯(2ユーロ)を飲みながら、バスの入線を待つ。

diary_17050203.jpg

バスの予約は事前にネットで行い、早期割引も付いた。ラトビアのリーガまで10ユーロ。

高級そうなバスに4時間半乗って、この料金は安い。

10時発のヴィリニュス(リトアニア)行きに乗り込む。

大きな荷物は床下の荷物室に預け、乗車時にパスポートの提示をしなければならない。

diary_17050204.jpg

ここからはリーガまでの車窓になる。

タリンの市街地を抜け、まっすぐのびる道路を進む。

随所にガソリンスタンドがあり、相場はレギュラーの95が1.20ユーロで、日本より若干高い程度。西欧だともっと上がるのだろうか。

あと、こちらではサークルKもガソリンスタンドをやっている。

diary_17050205.jpg

途中、”RIGA”の札を持った人を何組か見かけたが、ヒッチハイクのようである。

タリンを出発して30分ほどで完全に農村地帯に入る。

diary_17050206.jpg

diary_17050207.jpg

途中、パルヌ(Pärnu)という街で客扱い。

リーガまでで乗降があったのは、ここだけだった。

diary_17050208.jpg

パルヌを過ぎると、再び農村地帯。

diary_17050209.jpg

diary_17050210.jpg

パルヌから30分ほどで国境を越えてラトビア入り。

自身43ヶ国目の入国をここで果たした。

ラトビアもEUなので、国境での入国審査は行われない。

diary_17050211.jpg

diary_17050212.jpg

エストニアではリーガは”RIIA”という表記だったが、ラトビアに入ると”RĪGA”に変わる。

地名もバルト3国の間だけでも微妙に表記が異なり、言語も当然違う。

diary_17050213.jpg

ラトビアに入って、バルト海が見えるあたりをしばらく通る。

このあと、とある車の休憩所にバスが止まり、警官が乗り込んでパスポートチェックが始まった。

何も問題がないのがわかると、警官は降りて、再びバスは出発した。

diary_17050214.jpg

農村地帯の風景に加えて、湖も見られるようになる。

diary_17050215.jpg

エストニアの旧市街で飲み物を買うのにお世話になったスーパーのRIMIが、この街にもある。

バルト3国の主要な街には必ずこのスーパーがあるみたい。

diary_17050216.jpg

リーガの街に入ると、アパートが並ぶ中を通る。

diary_17050217.jpg

電波塔だろうか。これが見えてくると、終点も近い。

diary_17050218.jpg

ラトビアでもトヨタのC-HRが販売されてるんだな。

diary_17050219.jpg

リーガ南部の古い建物の中を通り抜ける。

diary_17050220.jpg

14時半過ぎ、リーガのバスターミナルに到着した。

バスはこの後、ヴィリニュスまで走るということで、降りずにそのまま乗っている人もいる。

改めて思うが、このグレードで、4時間半乗って10ユーロはかなりお得。

タリンからリーガまで鉄道で移動できないのか? と考えたが、かなり遠回りで、途中国境の街で1回乗り継いで1日がかりで、それも1日1本しかできないということもあり、今回は一般的なバスでの移動を選んだ。

 

この後、ホテルまで歩いて10分ほど移動し、チェックイン。

早速リーガの街を歩いてまわった話は次のページで書くことにしたい。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る