So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.03.20 奈良御朱印旅3日目(2) ならまち周辺 [国内旅行]

法華寺から近鉄奈良駅までバス移動して、中心街の御朱印巡り。


diary_17032033.jpg


近鉄奈良駅から北に歩いて5分ほどの慈眼寺へ。


やくよけ観世音の寺ということで、今年後厄の私は今年の厄払いを強くお願いしたつもり。


御朱印をお願いしたら、厄除けのお札までいただいた。


diary_17032034.jpg


近鉄奈良駅を通り過ぎて、南側に数分歩いたところにある漢國神社(かんごうじんじゃ)。


diary_17032035.jpg


推古天皇の時代から始まり、漢國神社としては奈良時代からの歴史がある。


社殿は桃山時代のものと推定される。


diary_17032036.jpg


漢國神社から更に南に歩いて数分の率川神社(いさがわじんじゃ)へ。


diary_17032037.jpg


推古天皇の時代からあるとされる奈良市最古の神社。


神武天皇の皇后を祭神にしていて、安産、子育ての神様として知られている。


diary_17032038.jpg


率川神社から更に南に進むとあるのが傳香寺。


この地を支配していた筒井氏の菩提寺である。


diary_17032039.jpg


diary_17032040.jpg


写真は本堂と宝仏殿。


宝仏殿には、建物に収まる大きさの春日地蔵像と、鎌倉時代に作られたとされる聖徳太子二歳像がある。奈良のお寺には聖徳太子の像を置いているところがいくつもある。


本堂は桃山時代に建てられたとされる。


右手に植えられている椿もこのお寺の名物で、よく咲いていた。


diary_17032041.jpg


猿沢池を通って、ならまちの古い街並みの中へ。


diary_17032042.jpg


小さな神社がいくつかあるが、御朱印を扱ってなかったり、神社に入れないところも。


diary_17032043.jpg


ならまちにある世界遺産のお寺・元興寺(がんごうじ)へ。


diary_17032044.jpg


diary_17032045.jpg


588年に飛鳥に建てられた法興寺(飛鳥寺)が始まりで、平城遷都と共に現在の地に移ったという。


元々は広い伽藍を有していたが、他のお寺と同様に規模を縮小していき、現在は本堂周辺しか残っておらず、周りは住宅街となってしまった。


diary_17032046.jpg


元興寺から少し離れた住宅街の中に、元興寺の塔跡がある。


diary_17032047.jpg


ここが東塔の跡。


周りは完全に住宅街である。


塔の跡とは言え、お寺の所有ということで、御朱印もいただけた。


diary_17032048.jpg


よく旅先でネコちゃんを見ては撮影しているが、今回の旅行で見たネコちゃんは元興寺塔跡で見たこの1匹だけだった。野良猫のようで、目を合わせた途端、すぐに逃げてしまった。


diary_17032049.jpg


東塔のすぐ南側に位置する御霊神社。


diary_17032050.jpg


平安遷都後の800年に桓武天皇の勅令で建てられた神社である。


御朱印代は500円。相場よりも高いので要注意。


diary_17032051.jpg


境内社は縁結びの神様として知られている。


diary_17032052.jpg

 

diary_17032053.jpg


御霊神社から東に歩くとある法徳寺、十輪院と続けて参拝。


十輪院の本堂は鎌倉時代から続く国宝に指定された建物で、元々はここも元興寺の一部だったとされる。


diary_17032054.jpg


更に東に進んで福智院。


地蔵菩薩を本尊としたお寺で、もとは興福寺の一部だったとされる。


堂内は撮影禁止だが、堂々とした仏像が置かれていた。


diary_17032055.jpg


diary_17032056.jpg


最後に瑜伽神社(ゆうがじんじゃ)。


元々は飛鳥京の鎮守だったが、平城遷都と共に移ってきたのが始まりという。


奈良公園の南外れに位置している。


 


ここまでの時点で夕方4時を過ぎていて、京都からの帰りの新幹線を予約済みだったので、これにて奈良の御朱印巡りを終えることにした。


diary_17032057.jpg


このページで参拝した4つの神社の御朱印。


瑜伽神社のみ書置きの紙でいただいた。


diary_17032058.jpg


元興寺の御朱印。


一番左の御朱印は東塔跡でいただいたものである。


この3種類をいただいたことにより、東大寺で購入した御朱印帳がすべて埋まった。


東大寺の各所、興福寺の各所、そして元興寺のみですべて世界遺産のお寺でいただいたことになる。


diary_17032059.jpg


慈眼寺の御朱印は、お札と一緒に。


diary_17032060.jpg


ならまちのお寺の御朱印。


傳香院のみ書置きの紙でいただいた。


また、これにて法隆寺で購入した御朱印帳のページがすべて埋まった。


diary_17032061.jpg


福智院でいただいた御朱印は期間限定でいただける書置きの限定物を含めて4種類。


秘仏のご開帳の時期と重なったのでいただくことができた。


 


これにて3日間の奈良御朱印旅終了。


これでも奈良をまわりきれておらず、またいつか行ってみたいと思う。また、次回は飛鳥や桜井周辺にも足を運んでみたいものである。


今回、お寺の御朱印帳を2冊も埋めてしまったので、また購入するところからスタートしなければならないので、よく行程を考えないとな。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る