So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.03.19 奈良御朱印旅2日目(2) 大和郡山城・柳澤神社 [国内旅行]

 法輪寺の最寄のバス停が法起寺の前にあり、バスの時間に余裕があったら、法起寺にも寄りたかったのだが、1時間に1本しかない貴重なバスなので、今回は行くことを見送った。


 そのバスは法隆寺前から法起寺を経由して、近鉄郡山駅、薬師寺、唐招提寺を経由して奈良駅、春日大社まで行くという観光に使えるルート。法起寺から乗って、その途中に位置する近鉄郡山駅で下車した。


 昼食は、駅近くの喫茶店でイタリアンのランチ。閑散とした駅前だったが喫茶店内は賑わっていて、美味しくいただけた。


 さて、郡山で何をするかだが、駅周辺には御朱印をいただける神社と寺院が数箇所あるという事前情報があったが、ここは1箇所、大和郡山城跡にできた柳澤神社を目指した。


diary_17031915.jpg


近鉄線の踏切を渡ると、坂道に石垣。


いかにも城跡の雰囲気である。


中に学校が建てられているというのも、城跡の典型的な使い道の一つ。


また、桜の名所のようで、早くも準備が始まっていた。


diary_17031916.jpg


お堀を渡るところに神社の鳥居。


ここから柳澤神社の域内ということになる。


diary_17031917.jpg


お堀もしっかりと残っている。


diary_17031918.jpg


御祭神は言うまでもなく柳澤吉保。


徳川綱吉の側用人から出世が始まり、以後川越城主、甲府城主と渡り歩いて、最後はここ大和郡山城主に落ち着いて、以後明治維新に至るまで柳澤氏による藩政が執り行われたという。


そして、明治時代に城が取り壊された後に柳澤神社が創建されたという。


diary_17031919.jpg


本殿奥では、天守台の再建工事が行われている。


大和郡山城は日本100名城には入っていないが、安土桃山時代に筒井順慶が築城したのが始まりで、後に豊臣秀長が入城し、江戸時代は徳川の譜代大名の時代が代々続いた後に、柳澤氏の時代が長く続いている。


本殿そばの大きな木が、大和郡山城を見守り続けていたのだろうか。


diary_17031920.jpg


城跡に作られた建物は他に、柳澤文庫というのがある。


昭和35年に建てられ、柳澤家所蔵のものが寄贈されたり、様々な図書が置かれている。


郡山城の石垣修復の様子がビデオで上映されていて、見入ってしまった。


diary_17031921.jpg


一部櫓が修復されているところもある。


diary_17031922.jpg


柳澤神社の御朱印は、書ける宮司さん不在で書置きの紙でいただいた。


 


このあと、近鉄郡山駅から薬師寺、唐招提寺に向かいます。


続きは次のページで。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る