So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.03.18 奈良御朱印旅1日目(1) 出発から春日大社・若草山まで [国内旅行]

 去年の3月3連休は滋賀県に行き、今年は奈良へ。この時期の御朱印めぐりには場所的にも時期的にもいい場所である。


 奈良に行くのはおよそ5年ぶり。ただ、この時は名古屋から和歌山まで在来線で移動する途中で、奈良に到着したのが夕方になったので、駅前に宿泊。ちょうどその時に、平城宮跡で夜のライトアップ特別公開が行われていたので、それを見に行っただけである。お寺や神社なんて参拝していない。


 お寺を参拝したのは?となると、さらに20年以上遡ることになるが、それはまた後ほど。


diary_17031801.jpg


東京駅を朝6時50分発に出る新幹線で、まずは京都に向かう。


移動中は雲ひとつ無いいい天気で、富士山もよく見えた。


diary_17031802.jpg


2時間20分ほど乗って、京都に到着。


ここで奈良行きの快速に乗り換える。


伏見稲荷の最寄の稲荷駅に快速は止まらない。出発前に日中英韓の4ヶ国語でずっとアナウンスしていた。外国人にまで人気あるんだから、止めちゃえばいいのに。


diary_17031803.jpg


京都から40分ほどで奈良に到着。


まずは駅構内のバス案内所でバス2日券(1500円)を購入し、駅前のホテルに荷物を預け、観光案内所で情報収集して観光に出発。


diary_17031804.jpg


JR奈良駅からバスで10分足らずの春日大社参道で下車。


diary_17031805.jpg


diary_17031806.jpg


参道に鹿がちらほら。


ネコみたいに近づいて頭をすりすりするようなことはなく、鹿せんべいがなければ、全然相手にしてくれない。


diary_17031807.jpg


diary_17031808.jpg


鳥居をいくつかくぐって、南門から入る。


世界遺産に指定されているが、参拝するのは今回が初めてである。


本殿に参拝するのに入場料とるなんて、神社ではあまりないと思う。


diary_17031809.jpg


それにしても、石灯籠が多かった。


diary_17031810.jpg


本殿前では梅の花が見ごろだった。


ここでも釣灯籠が目立つ。


diary_17031811.jpg


直江兼続と宇喜多秀家が奉納した灯籠。


他にも徳川綱吉、藤堂高虎が奉納したものもある。


diary_17031812.jpg


diary_17031813.jpg


南門を出て山道を進むと、小さな社が全部で15ヶ所。


夫婦大国社では御朱印をいただける。


diary_17031814.jpg


参道にはどこまでも石灯籠が続く。


そして、時折こんな感じで鹿が紛れ込んだりする。


diary_17031815.jpg


春日大社から東大寺へ向う途中、若草山を通る。


ここだけ何故か不思議なくらい木がなくて、草が生えているだけの山である。


diary_17031816.jpg


若草山も鹿だらけの場所だった。


鹿がネコだったら、また面白かったのにと勝手に思う。

 

diary_17031817.jpg

今回の御朱印旅のため、春日大社で御朱印帳を購入した。

diary_17031818.jpg

春日大社と夫婦大国社の御朱印。
夫婦大国社では、他の若宮の御朱印もいただけたようだが、今回はこれだけ。

 


このあと、手向山八幡宮を通って東大寺の中へ。


続きは次のページで書きます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る