So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.01.28 栃木御朱印めぐり 栃木市 都賀から市街まで [国内旅行]

 2年前の9月に日光東照宮で購入した期間限定の御朱印帳で、栃木県の御朱印めぐりをスタートした。オモテ面に墨書きをしてもらい、裏面に紙でいただいたものを貼り付けるというやり方で、オモテ面が終了した段階でその御朱印帳は終了にしている。


 オモテ面が残り9ページあって、これを1日で巡れないか、栃木県で御朱印未開拓の地を考えていたら、栃木市と佐野市あたりがいいと判断し、今回の御朱印旅実行に至った次第である。


 事前にネットでこの2市で御朱印をいただけそうな神社を検索したら15箇所以上出てきた。これなら全然問題ない。車で順番に回って、ページが終わったところで今回の御朱印旅を終わることとした。


 多く回ることを想定して、今回は自宅から車での移動とした。外環道から乗って、東北道、そして北関東道を通って都賀インターで下りる。周辺はイチゴ栽培のハウスが目立つ街だった。


diary_17012801.jpg


まずは、栃木市都賀町の鷲宮神社へ。


「お酉様」として親しまれていて、ここでは鳥は特別な神様である。


このあと訪問した神社で聞いたのだが、鳥は神様ということで、ここの神社の方は鶏卵も鶏肉も食べないという。


diary_17012802.jpg


手水舎にもニワトリ。


diary_17012803.jpg


平安時代初期の創建で、洪水を避けて現在の地に遷ってきたという。


御朱印は社殿左手の授与所に書いてある電話番号にかけて開けてもらってお願いした。


diary_17012804.jpg


次に向かった先は、惣社町の大神神社(おおみわじんじゃ)。


駐車場に車を止めて、西参道から中に入った。


diary_17012805.jpg


地図で見る限り、かなり広い敷地。総面積1万5千坪(4万5千平方米)。


平安時代の延喜式に登場し、下野国一の宮を名乗っている。


diary_17012806.jpg


現在の社殿は大正時代のもの。


御朱印については、拝殿前に封筒が置かれていて、住所と名前を書いて封筒に400円を入れて目の前のポストに入れたら、後日郵送するという方式。せっかくなので申し込んだ。


diary_17012807.jpg


室の八嶋と呼ばれている場所。


8つの小さな島の上に小さな神社を置いている。


過去にここを訪れて詠んだ俳人・歌人が多く、松尾芭蕉の「奥の細道」でもここが紹介されているという。


diary_17012808.jpg


次に向かったのは合戦場の磐根神社。


diary_17012809.jpg


由緒書きが見当たらなかったので、よく分からないが、地名からして歴史を感じさせるところである。社務所はここから離れたところにあり、御朱印をいただくことを断念。その前に、いただけるかどうかも分からないのだが。


diary_17012810.jpg


東武電車の新栃木駅からほど近い星宮神社へ。


diary_17012811.jpg


神社の入口脇にお地蔵さんが置かれていたりして、神仏習合の名残がある。


diary_17012812.jpg


ここの神社はうなぎが神様。


御朱印をお願いしている最中に奥様とおはなししたのだが、ここの神社の方々はうなぎを食べないとのこと。


diary_17012813.jpg


社殿の後ろにご自宅を兼ねた社務所があり、御朱印をお願いしている最中に色々とお話ができた。


私と同様に、都賀インターから鷲宮神社、次にここの星宮神社、そして市内の神明宮へ参拝するパターンが多いという。お茶まで出していただき、ありがとうございました。


diary_17012814.jpg


神明宮に向かう途中で、真言宗の大きなお寺を見つけたので、こちらの満福寺にも参拝。


法要の最中だったので、御朱印は書置きの紙でいただいた。


一時期は大伽藍の大きなお寺だったが、大火や廃仏毀釈の文化などで規模が一時期は小さくなり、戦後しばらくまでは民家風の仮本堂と庫裡兼客間程度しかなかったのだという。


diary_17012815.jpg


池の周りは公園になっていて、その向こうに神明宮の社殿が見える。


diary_17012816.jpg


diary_17012817.jpg


神明宮の正門から入ろうと回り道をしていたら、こちらにも大きなお寺を見つけたので参拝。


浄土宗の寺院で近龍寺という。


御朱印は黒のスタンプ式だが、いただくことができた。


作家・山本有三の墓もこのお寺の境内にあるという。


diary_17012818.jpg


さて、神明宮の正門へ。


diary_17012819.jpg


創建年不明。後小松天皇あたり(室町時代だろうか?)から記録に出ているという。


拝殿は元々別の施設の建物だったらしく、明治時代に補修を加えて拝殿にしたという。


diary_17012820.jpg


拝殿に掲げられた扁額の2文字。


御朱印帳にも墨書きされたのだが、読み方がわからない。神社の方に聞いておけばよかった。


ここは見開き2ページで500円です。


diary_17012821.jpg


神明宮の脇は公園になっていて、鳥も多く金網の中で飼われていた。


一番大きいのはクジャクまでいた。癒しになります。


diary_17012822.jpg

diary_17012823.jpg

diary_17012824.jpg

diary_17012825.jpg

今回参拝した神社と寺院の御朱印。

どれもありがたいです。大神神社の御朱印は、2日後に郵便で送られてきた。

 

このあと、栃木市郊外の神社・寺院へ。

続きは次のページで書きます。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 2

tochi

ずいぶんローカルなところに行きましたね
なかなかいい朱印ですね
私ももらいに行ってみますかね
子供頃、お祭りに行ったことがある神社がいくつかあります
by tochi (2017-02-05 20:09) 

てるてる

>tochiさん
ありがとうございます。
地方の神社をめぐると、いつもこんな感じです。
どの神社も特徴があって、本当に良かったです。
by てるてる (2017-02-06 21:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る