So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.02.28 広島旅2日目(1) 郡山城・清神社 [国内旅行]

 広島まで来たので、すぐ帰るのは何だかもったいない。せっかくなので、行ったことのない場所には是非とも行ってみたい。3年前から続けている日本100名城めぐりで、中国地方について吉田の郡山城にまだ行ったことがなかったので、この際に行ってみることにした。


diary_16022801.jpg


銀山町にあるホテルで朝食を済ませて、7時半前にチェックアウト。


紙屋町にあるバスセンターまでは広電で4つ分あるが、時間に余裕があったので歩いて行くこととした。


広電に5両と長いチンチン電車も今や当たり前。昔は長くても3両だったのに。


それだけ利用者が多いってことなんだな。


diary_16022802.jpg


八丁堀の交差点に位置する広島の老舗デパート・福屋。


メジャーに行ってもマエケンを応援する姿勢は素晴らしい。


diary_16022803.jpg


紙屋町の交差点にある広島そごうの3階がバスセンターになっていて、ここから7:45発の吉田行きに乗って移動する。


日曜朝ということで、あまり人はいないが、前夜に下見に行った時は、郊外の住宅地に向かう人たちでどの乗り場も待つ人たちでいっぱいだった。


diary_16022804.jpg


昔は、五日市・宮島口経由で岩国駅行きを広電が走らせてたんだけど、電車が走っているところにわざわざバスを走らせる必要がないので、今は山口県のバス会社が高速経由で岩国行きを走らせている。湯来温泉とか、吉和とか、宮島口とか、下更地行きなんてのも今や存在しないんだね。


diary_16022805.jpg


広島バスセンターを出てから1時間半後の9:15に下車地の安芸高田市役所前に到着。


広島の中心街に広がる高層の建物から、下道をずっと走って、途中に山の中の峠越えもあったりして、私にとっては楽しめる車窓だった。


車窓に興味ない人にとっては、退屈な1時間半かもしれない。


diary_16022806.jpg


バス停前に郡山城周辺の地図があって、ここで行く予定の場所を確認。


帰りの広島に戻るバスは1時間間隔なので、それに合わせて動かないと。


diary_16022807.jpg


日本100名城の郡山城のスタンプは安芸高田市歴史民俗博物館に置かれている。


郡山城に関する資料を一通り見て回る。


diary_16022808.jpg


Jリーグ・サンフレッチェ広島の展示もある。


毛利元就の三本の矢の教えから、チーム名を付けているので。


2015年に優勝を果たすなど、ここ最近は調子がいい。森崎と佐藤寿人のサインがある。


diary_16022809.jpg


博物館を出てから山歩きスタート。


diary_16022810.jpg


diary_16022811.jpg


戦国時代の城跡であり、後に広島に移り、そして関ヶ原の合戦で西軍についたために、多くの領地を手放して今の山口県に追いやられるという悲しい過去がある。当時周辺にあった寺院も毛利氏と共に移転していて、地図上に寺跡の表示がいくつもある。


diary_16022812.jpg


毛利元就の長男・毛利隆元の墓所。


父親より先に亡くなっていて、後継の輝元は隆元の子にあたる。


輝元の墓所は山口の萩の市街地にある。


diary_16022813.jpg


毛利元就の墓所を経て、郡山城の本丸に通じる道に入る。


diary_16022814.jpg


diary_16022815.jpg


進んで間もなく毛利家の墓所の中へ。


手前に一族の墓があり、階段を更に奥に進むと毛利元就の墓所がある。


中国地方を平定したという大きな実績で、江戸時代の長州藩の墓所とは違い、単独の陵墓になっている。


diary_16022816.jpg


百万一心。郡山城の改修に際して、人柱代わりに「百万一心」と彫った石を埋めたら工事がうまくいったという伝説。この石碑は昭和初期のもの。


diary_16022817.jpg


墓所の脇から登山道。


ガイドマップでは本丸まで徒歩25分ということになっている。


diary_16022818.jpg


登山道の所々に麓の街並を見下ろせる所があるが、もやがかかっていてよく見えない。


この日は2月の割に気温が高くて、ダウンを着ていたら汗ばむぐらいだった。


diary_16022819.jpg


二の丸の下にある御蔵屋敷跡。


ここに兵糧の蔵があったとされる。


diary_16022820.jpg


diary_16022821.jpg


二の丸、そして本丸跡に到達。


ここまで何も残っていない、また整備もされていない100名城の城跡は他にはないかもしれない。


石垣もほとんど残っていないし。


diary_16022822.jpg


違うルートで麓に下りる。


diary_16022823.jpg


これは???


diary_16022824.jpg


お城に向かう前に撮影したものだが、街中からはこのように見える。


diary_16022825.jpg


麓の公園になっている所も寺院の跡地。


ここにあった興禅寺は今も広島の市街に残っている。


diary_16022826.jpg


diary_16022827.jpg


最後に、山の麓にある清神社(すがじんじゃ)を訪問。


サンフレッチェ広島の旗が立っている。


diary_16022828.jpg


樹齢1000年と言われる杉の木が並んでいる。


diary_16022829.jpg


本殿は1694年の建立と言われている。


diary_16022830.jpg


diary_16022831.jpg


diary_16022832.jpg


毛利氏の氏神様だったということで、三本の矢からチーム名をとったサンフレッチェ広島が毎年シーズン開幕前に必勝祈願を行う神社である。御朱印をお願いしている間に撮影した。

 

diary_16022834.jpg
清神社の御朱印。

ここの奥様も他の神社の御朱印に興味があり、帰りのバスの時間まで中国地方の御朱印の話をして過ごした。私の御朱印帳に前日の比治山神社の御朱印があるのを見て、「私、ここから嫁いで来ました」とのこと。これもまた縁である。


diary_16022833.jpg


今年も優勝目指して頑張ってほしい。


 


こうして、11:42発の広島バスセンター行きに乗って、吉田の街を後にした。


この後は、夕方まで広島市内の御朱印巡り。次のページで書きます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 3

田舎の熊さん

てるてるさん 初めまして。

安芸高田市を訪問していただきありがとうございました。この9月17.18.19日に鳥栖・熊本とJリーグ観戦と御朱印を頂くたびをします。

郡山城はほぼ全域が国の史跡に指定されているため全く手を入れることができません。大雨で登城路がくずれようと、樹木が生い茂ろうとも原則手を入れることができません。整備できないのです。

私は、作年末のクラブワールドカップを大阪長居で観戦した後高野山を訪ねました。ここから御朱印を頂くことをはじめました初心者です。Jリーグ各クラブが必勝祈願する神社の御朱印を少しづつあつめようかなと思っています。サガン鳥栖が必勝祈願する佐嘉神社を調べていて、てるてるさんのブログにたどり着きました。私は清神社の総代をしていまして神社の奥さんも良く存じ上げています。
そうそう先日京都鉄道博物館に孫と旅行しましたが、エヴァンゲリオン新幹線と特急はるかを乗り継いでいきましたよ。

突然の長いコメントお許しください。失礼いたしました。
by 田舎の熊さん (2016-09-08 20:39) 

てるてる

>田舎の熊さん様
当ページ訪問&コメントありがとうございます。
私も去年3月から御朱印を始めたばかりの初心者です。
Jリーグ関連だと、仙台の大崎八幡宮に参拝したことがあります。拝殿が国宝に指定されてますので、是非行ってみてください。
今後も御朱印旅をアップしますので、よろしくお願いします。
by てるてる (2016-09-08 23:10) 

田舎の熊さん

 てるてるさん 早速のご返事ありがとうございます。

古い記事へのコメントなのでご迷惑かなと思ってました。
今後の記事が楽しみです。
よろしくお願いします。

 なお、郡山の整備はできませんが、この25日ボランティア清掃がありますので参加します。

by 田舎の熊さん (2016-09-09 20:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る