So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.02.27 広島旅1日目(1) 500 TYPE EVA 搭乗記録 [国内旅行]

 元々は千葉県内をある人を案内する予定だったが、予定が変わってしまい、穴があいてしまった。音楽の練習もあったが、前々から休むと言っていたので、ならばどこかに出かけようかと。


 それと、前々から当たったら乗ってみたい新幹線があった。去年11月から山陽新幹線で走っている500系のTYPE EVA。エヴァ初号機をベースにデザインされていて、先頭車では展示とコックピット体験ができるというもの。抽選制ということで、1ヶ月前にネットで申し込みを入れたところ、数日後、見事に当選通知が来た。展示のみのB賞と、展示にコックピット体験ができるA賞があり、A賞に見事当選。

(2016年3月15日以降、展示室は誰でも入れる形に変更となりました)


 エヴァンゲリオンはストーリーを軽くかじった程度しか分からない。碇シンジが初号機で、零号機に冷めた性格の綾波レイが乗り、弐号機にツンデレな惣流アスカラングレーが乗る。登場人物に他にはミサトさんがいたり、渚カオルという実は使徒がいたり・・・出発前にYoutubeとかネットで色々復習したつもり。

 東京からの新幹線のぞみが、三河安城で何故か臨時停車をしたりで、数分の遅れで新大阪に到着。そのため、これから乗る500 TYPE EVAの車両が新大阪駅20番線ホームに入るところを見ることができなかった(涙)。


diary_16022701.jpg


diary_16022702.jpg


乗ってきたのぞみ号を下車したら、20番線も21番線もカメラを構えた人が多いこと。


diary_16022703.jpg


この車両は、山陽新幹線開業40周年を記念して企画されたものである。


1号車は企画展示とコックピット体験の部屋。


そのため、窓はふさがっている。


diary_16022704.jpg


扉にはネルフのマークも。


2号車は自由席で、内装もEVA仕様とのことなので、後でどんなのか楽しみ。


diary_16022705.jpg


20番線に移動して撮影。


500系の当初のデザインも良かったが、このデザインもさすが。


diary_16022706.jpg


diary_16022707.jpg


全部で8両編成中、前から6両目だけは白い部分が多い。他は紫が多かった。



11時32分、こだま741号博多行きとして新大阪を出発した。


出発時の車内放送でかかるチャイムはOPテーマ「残酷な天使のテーゼ」の2フレーズ目で、歌詞で言うと「蒼い風いま 胸のドアを叩いても」の部分。吹奏楽的に言うと、練習番号Cにあたる部分だろうか。Aが歌い出し、Bが間奏、Cがその次。


新大阪を出発してから六甲トンネルに入るまでの車窓を見ながらどうぞ。


なお、通常のJR西日本の車両は、出発時に谷村新司の「いい日旅立ち」から最初のフレーズ「雪解け間近の北の空に向かい」が使われている。



最初の停車駅・新神戸を過ぎてすぐまた長いトンネルに入り、抜けたところから西明石に到着するまでの車窓。到着前の車内放送に使われる「残酷な天使のテーゼ」のフレーズは、最後の「この宇宙(そら)を抱いて輝く 少年よ神話になれ」の部分。以後、下車するまで到着前の車内放送に使われていた。


なお、通常のJR西日本の車両は「いい日旅立ち」の「あゝ日本のどこかに」の部分を使用。


diary_16022708.jpg


diary_16022709.jpg


指定席の5号車、6号車の内装は通常の車両と変わらないが、新幹線のグリーン車と同様に2列席になっているからか、ほぼ満席状態。


しかし、同じ普通車指定席なのに、扉の仕様が片開きと両開きの2種類あるのは何でだろう。


diary_16022710.jpg


diary_16022711.jpg


3号車、4号車の扉はエヴァの世界の雰囲気が出ている。


diary_16022712.jpg


ただし、3号車自由席の内装は通常バージョン。


diary_16022713.jpg


こだま号なので、のぞみ号やさくら号の通過待ちで、5分程停車という駅がいくつもある。


そんな時間を利用して1枚撮ってみた。新倉敷にて。


diary_16022714.jpg


当選通知の区間が福山から三原までで、前の駅を出発したら2号車の指定された場所に来てくださいと書いてあったので、2号車に移動。意外と空いている。


diary_16022715.jpg


diary_16022716.jpg


diary_16022717.jpg


diary_16022718.jpg


2号車は自由席だが、内装が特別仕様。


日よけを下ろしても良し、上げるとガラスにも注意書き。


diary_16022719.jpg


diary_16022720.jpg


スタッフに当選通知を渡すと、パンフレットと入室証をもらい、前のシートポケットに入っている注意書きを読んで呼び出されるのを待つ。


「申し訳ございません。予約でいっぱいなので受付できません」


待っている間に、スタッフは何度も尋ねてきた乗客に説明していた。


diary_16022723.jpg


福山を出発したところでスタッフの案内で1号車の中へ。


diary_16022722.jpg


中に入った目の前にアスカ様のパネル。


日替わりで5人ほどいるらしい。


このページには載せないが、後でスタッフに2ショットを撮ってもらった。


diary_16022724.jpg


diary_16022725.jpg


diary_16022727.jpg


1号車の半室はエヴァと新幹線に関する展示。


登場人物による説明が入っているところも。


diary_16022726.jpg


diary_16022728.jpg


そしてもう半分の部屋は、コックピット体験。


当選の種類に、展示室のみの場合と、展示室とコックピット体験両方の2種類があり、今回は見事コックピット体験にも当たった。万歳!!!


diary_16022729.jpg


diary_16022730.jpg


コックピットでは靴を脱いで乗り、線路上に現れた使徒を撃退するというもの。


最後にはシンクロ率も出るが、10%とは低すぎる(涙)


写真を撮ってくれたスタッフさん、ありがとう!!!


diary_16022731.jpg


わずか20分間の1号車体験は、あっという間だった。


出口でスタッフに入室証を返却し、後にした。


diary_16022732.jpg


diary_16022733.jpg


お土産に岩国の銘酒・獺祭(だっさい)をお土産に購入して、車両を後にした。


ミサトさんが愛飲しているお酒ということで、車内でも販売している。


去年は岩国市内を回ってもほとんど売ってなかったけど、品不足解消されたのかな???


diary_16022734.jpg


14時01分、広島に到着。のぞみ号だと新大阪から広島まで1時間弱の移動だが、こだま号で2時間半もかかった。新幹線はそのまま博多に向かうが、私はここで下車した。



広島ではのぞみ号などの通過待ちはなく、1分程の停車ですぐに出発。


時刻表上では、今回乗ったこだま741号は次の新岩国で12分も停車時間があるようなので、じっくり撮影したいなら新岩国がオススメ。その次の徳山でも10分停車。


 


まさかの応募1回目でコックピット体験までできて、満足な内容である。


TYPE EVAの新幹線は、運休の日がたまにあるものの、2017年3月まで毎日運行するとのこと。あまりエヴァのことを知らなくても、一度は乗ってみることをオススメしたい。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 2

ゆっぴ

やぱ、ええねー。
期間が長いので慌てず乗りに行こうと思ってマース!!
コックピットだけなったしね、抽選も!
二号車の自由席は一般でも乗れるん?
この新幹線指定席ってある??なんか、JR四国の人に全部自由席って聞いたんだけど…[あせあせ(飛び散る汗)]
by ゆっぴ (2016-03-29 11:57) 

てるてる

>ゆっぴ
指定席あって、自由席より広くてゆったりしてるけど、雰囲気味わえないよ。
2号車の自由席は一般の人も乗れるから、そっちがいいかもよ。
by てるてる (2016-03-30 22:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る