So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017.03.19 奈良御朱印旅2日目(2) 大和郡山城・柳澤神社 [国内旅行]

 法輪寺の最寄のバス停が法起寺の前にあり、バスの時間に余裕があったら、法起寺にも寄りたかったのだが、1時間に1本しかない貴重なバスなので、今回は行くことを見送った。


 そのバスは法隆寺前から法起寺を経由して、近鉄郡山駅、薬師寺、唐招提寺を経由して奈良駅、春日大社まで行くという観光に使えるルート。法起寺から乗って、その途中に位置する近鉄郡山駅で下車した。


 昼食は、駅近くの喫茶店でイタリアンのランチ。閑散とした駅前だったが喫茶店内は賑わっていて、美味しくいただけた。


 さて、郡山で何をするかだが、駅周辺には御朱印をいただける神社と寺院が数箇所あるという事前情報があったが、ここは1箇所、大和郡山城跡にできた柳澤神社を目指した。


diary_17031915.jpg


近鉄線の踏切を渡ると、坂道に石垣。


いかにも城跡の雰囲気である。


中に学校が建てられているというのも、城跡の典型的な使い道の一つ。


また、桜の名所のようで、早くも準備が始まっていた。


diary_17031916.jpg


お堀を渡るところに神社の鳥居。


ここから柳澤神社の域内ということになる。


diary_17031917.jpg


お堀もしっかりと残っている。


diary_17031918.jpg


御祭神は言うまでもなく柳澤吉保。


徳川綱吉の側用人から出世が始まり、以後川越城主、甲府城主と渡り歩いて、最後はここ大和郡山城主に落ち着いて、以後明治維新に至るまで柳澤氏による藩政が執り行われたという。


そして、明治時代に城が取り壊された後に柳澤神社が創建されたという。


diary_17031919.jpg


本殿奥では、天守台の再建工事が行われている。


大和郡山城は日本100名城には入っていないが、安土桃山時代に筒井順慶が築城したのが始まりで、後に豊臣秀長が入城し、江戸時代は徳川の譜代大名の時代が代々続いた後に、柳澤氏の時代が長く続いている。


本殿そばの大きな木が、大和郡山城を見守り続けていたのだろうか。


diary_17031920.jpg


城跡に作られた建物は他に、柳澤文庫というのがある。


昭和35年に建てられ、柳澤家所蔵のものが寄贈されたり、様々な図書が置かれている。


郡山城の石垣修復の様子がビデオで上映されていて、見入ってしまった。


diary_17031921.jpg


一部櫓が修復されているところもある。


diary_17031922.jpg


柳澤神社の御朱印は、書ける宮司さん不在で書置きの紙でいただいた。


 


このあと、近鉄郡山駅から薬師寺、唐招提寺に向かいます。


続きは次のページで。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.03.19 奈良御朱印旅2日目(1) 法隆寺・中宮寺・法輪寺 [国内旅行]

diary_17031901.jpg


奈良御朱印旅2日目はJR奈良駅から出発して、法隆寺駅で下車。


ここで、大阪に住んでいる人と合流して御朱印めぐりスタートである。


diary_17031902.jpg


法隆寺駅からバスで移動し、法隆寺の南大門に到着。


ここは室町時代に再建されたもの。


diary_17031903.jpg


diary_17031904.jpg


diary_17031905.jpg


diary_17031906.jpg


拝観料を払って中門をくぐると、飛鳥時代の伽藍配置のお寺。


五重塔を左に、金堂を右に置き、奥に講堂があるというスタイル。


前日に奈良の東大寺や興福寺で見た配置とは全然異なる。


いずれの建物も中は撮影禁止で、内部の古めかしさを実感する。法隆寺建立が607年ということで、奈良の興福寺よりも1世紀以上古いお寺なので。講堂(横に長い建物)のみ平安時代の再建。


diary_17031907.jpg


元々は僧侶の住まいだった僧坊を改造して、聖徳太子の尊像を置くために建てられた聖霊院。


御朱印はこちらでいただいた。


diary_17031909.jpg


この真新しそうな建物に法隆寺の宝物が展示されていて、百済観音像も置かれている。


diary_17031908.jpg


法隆寺と中宮寺は繋がっていて、法隆寺の拝観券があれば割引で入れる。


写真を撮り忘れたが、本堂は戦後になって再建されたもの。飛鳥時代当時とは違う場所である。本堂の半跏思惟像は国宝で、消費税が導入される以前の切手のデザインにも使われていたかと思う。


diary_17031910.jpg


中宮寺から15分ほど歩いて、法輪寺へ。


聖徳太子の御子が聖徳太子の病気平癒を願って建てたのが始まりという。


塔は戦前に落雷で焼失し、戦後に再建されたもの。


diary_17031911.jpg


拝観料を払って正面の講堂へ。


ここに仏像が安置されている。


飛鳥時代の薬師如来坐像の他、平安時代から江戸時代にかけて作られた像が並んでいた。


聖徳太子の像がいくつか並んでいるのは、後の聖徳太子信仰の影響だろうか。


diary_17031912.jpg


法隆寺で新しく御朱印帳を購入した。


表紙の御朱印帖という題字もその場で書いていただいた。


diary_17031913.jpg


法隆寺の御朱印帳には、「法隆寺」の文字が書かれていないが、最初のページに聖徳太子が掲げた憲法十七条の前文が書かれていて、これが法隆寺オリジナルいうことになっている。


御朱印の「以和為貴」は憲法十七条の「和をもって貴しとなす」という言葉から。これは、御朱印を書いていただいたときに説明を受けた。


diary_17031914.jpg


中宮寺と法輪寺でも御朱印をいただいた。


どれもありがたいものである。


 


斑鳩町の御朱印めぐりはここまで。


このあと、バスで近鉄郡山駅まで移動して、お寺巡りは小休止です。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.03.18 奈良御朱印旅1日目(3) 氷室神社・興福寺 [国内旅行]

diary_17031846.jpg


春日大社から東大寺まで歩き、お腹が空いたので軽く抹茶ミックスのソフトクリーム。


周辺の食堂はどこも混雑していて、入っている時間がもったいない。これが旅1日目の昼食代わりになった。


diary_17031847.jpg


東大寺を出て西の方角に歩くとあるのが氷室神社。


diary_17031848.jpg


本殿の手前に能舞台が置かれているが、元々は奈良時代から春日山の氷室にあった神社が、平安時代になってこの地に遷座したという。それでも変わらず氷の神様を祀っていて、製氷業界や冷媒を使う業界からの信奉を得ている。


diary_17031850.jpg


境内の梅の花が見ごろで、多くの参拝客で賑わっていた。


diary_17031851.jpg


御朱印は600円。300円が通常相場だが、お札と同じ価値があるという解釈からだという。豪快な書きっぷりで見事に裏移りしてしまったが、これもまた神様のご縁ということにしておきたい。


diary_17031852.jpg


更に西に歩いて、ならまちの北側の入口に位置する興福寺へ。


ここも春日大社や東大寺と同様に、世界遺産に指定されている。


写真の東金堂は拝観料を払って入るところで、中には様々な仏像が展示されている。


diary_17031853.jpg


中金堂は現在再建中。


この建物の奥にある仮講堂もまた国宝級の仏像がずらり。


四隅に四天王像(広目天、増長天、多聞天、持国天)を配置し、奈良時代に作られた阿修羅像を始めとする八部衆像、鎌倉時代に作られた金剛力士像、天燈鬼・龍燈鬼像などなど。阿修羅像などが童顔なのは、聖武天皇の妃だった光明皇后の意図があるのだとか。


内部は撮影禁止。実物はネットで他のサイトを調べるなどして見てほしい。


diary_17031854.jpg


御朱印は東金堂向かいと、南円堂脇でいただける。


西国巡礼のみ南円堂脇でないといただけない。


東金堂向かいで7種類全部いただいたのは、本当に申し訳ない気持ち。なかなか奈良まで足を運ぶ機会がないので、混んでる中、そのようにさせていただいた。


diary_17031855.jpg


日が暮れてから再び興福寺に足を運んでみた。


こんな感じでライトアップ。


diary_17031856.jpg


diary_17031857.jpg


diary_17031858.jpg


興福寺でいただけた御朱印は全部で8種類。


どれも達筆でありがたいものである。


diary_17031859.jpg


興福寺を出たのが16時前で、郊外の唐招提寺や薬師寺にも行けるだろうと思ってバス移動を試みたのだが、16時半受付終了で到着したらわずかに時間が過ぎていて、入場することができなかった。こうなると分かっていたら、ならまちの小さなお寺や神社を巡っていたのだが(涙)


 


奈良御朱印旅1日目はこれにて終了。2日目は法隆寺からスタートです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.03.18 奈良御朱印旅1日目(2) 東大寺・手向山八幡宮 [国内旅行]

diary_17031819.jpg


春日大社から若草山を通って東大寺方面に歩くとあるのが手向山八幡宮。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.03.18 奈良御朱印旅1日目(1) 出発から春日大社・若草山まで [国内旅行]

 去年の3月3連休は滋賀県に行き、今年は奈良へ。この時期の御朱印めぐりには場所的にも時期的にもいい場所である。


 奈良に行くのはおよそ5年ぶり。ただ、この時は名古屋から和歌山まで在来線で移動する途中で、奈良に到着したのが夕方になったので、駅前に宿泊。ちょうどその時に、平城宮跡で夜のライトアップ特別公開が行われていたので、それを見に行っただけである。お寺や神社なんて参拝していない。


 お寺を参拝したのは?となると、さらに20年以上遡ることになるが、それはまた後ほど。


diary_17031801.jpg


東京駅を朝6時50分発に出る新幹線で、まずは京都に向かう。


移動中は雲ひとつ無いいい天気で、富士山もよく見えた。


diary_17031802.jpg


2時間20分ほど乗って、京都に到着。


ここで奈良行きの快速に乗り換える。


伏見稲荷の最寄の稲荷駅に快速は止まらない。出発前に日中英韓の4ヶ国語でずっとアナウンスしていた。外国人にまで人気あるんだから、止めちゃえばいいのに。


diary_17031803.jpg


京都から40分ほどで奈良に到着。


まずは駅構内のバス案内所でバス2日券(1500円)を購入し、駅前のホテルに荷物を預け、観光案内所で情報収集して観光に出発。


diary_17031804.jpg


JR奈良駅からバスで10分足らずの春日大社参道で下車。


diary_17031805.jpg


diary_17031806.jpg


参道に鹿がちらほら。


ネコみたいに近づいて頭をすりすりするようなことはなく、鹿せんべいがなければ、全然相手にしてくれない。


diary_17031807.jpg


diary_17031808.jpg


鳥居をいくつかくぐって、南門から入る。


世界遺産に指定されているが、参拝するのは今回が初めてである。


本殿に参拝するのに入場料とるなんて、神社ではあまりないと思う。


diary_17031809.jpg


それにしても、石灯籠が多かった。


diary_17031810.jpg


本殿前では梅の花が見ごろだった。


ここでも釣灯籠が目立つ。


diary_17031811.jpg


直江兼続と宇喜多秀家が奉納した灯籠。


他にも徳川綱吉、藤堂高虎が奉納したものもある。


diary_17031812.jpg


diary_17031813.jpg


南門を出て山道を進むと、小さな社が全部で15ヶ所。


夫婦大国社では御朱印をいただける。


diary_17031814.jpg


参道にはどこまでも石灯籠が続く。


そして、時折こんな感じで鹿が紛れ込んだりする。


diary_17031815.jpg


春日大社から東大寺へ向う途中、若草山を通る。


ここだけ何故か不思議なくらい木がなくて、草が生えているだけの山である。


diary_17031816.jpg


若草山も鹿だらけの場所だった。


鹿がネコだったら、また面白かったのにと勝手に思う。

 

diary_17031817.jpg

今回の御朱印旅のため、春日大社で御朱印帳を購入した。

diary_17031818.jpg

春日大社と夫婦大国社の御朱印。
夫婦大国社では、他の若宮の御朱印もいただけたようだが、今回はこれだけ。

 


このあと、手向山八幡宮を通って東大寺の中へ。


続きは次のページで書きます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.03.12 東京御朱印めぐり 大田区 沿岸編 [国内旅行]

 午後に羽田空港まで出かける用があり、それまでに羽田空港がある大田区の神社を回ってみることにした。大田区の神社は2月に大森、池上周辺をまわっているので、1ヶ月ぶり。ただ、前回は東急バスのエリアだったが、今回は京急バスのエリアである。今回もバスの都内1日乗車券(500円)を購入した。


diary_17031201.jpg


まずは京急線の大森海岸駅から徒歩数分の磐井神社から。


平安時代に武蔵国の八幡神社の総社に指定され、延喜式にも載っている歴史のある神社である。


本日は宮司不在だったので、書置きの紙で御朱印をいただいた。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.03.09 地元の御朱印めぐり 櫻木神社(千葉県野田市) [国内旅行]

 今年、平成29年の千葉県の神社をメインに集めている御朱印帳は、野田の櫻木神社のものを使用している。1月に購入をした。その時の話は下記のページで。


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2017-02-04


 さて、その櫻木神社で3月9、19、29日の3日間のみ配布される御朱印をいただくため、職場で有給休暇を取得して神社に出向いてきた。


diary_17030901.jpg


午前中に医者に行く用事があり、櫻木神社に到着したのはちょうど昼前のこと。

 

diary_17030902.jpg


まずは本殿に参拝し、列の並び状況を把握してから列の最後尾へ。


平日だというのにとにかく長い列。たまたま休みの人たちなのか、私のように有給休暇を取得してきている人たちなのか。とにかく列が長い。写真の列は、まずは整理券をもらうために並んだ列である。ちょうど正午に並んで、戦闘に到達するまでに1時間10分もかかった。


まずは、どの御朱印が必要なのかと、新しい御朱印帳も必要なのかどうか。これによって窓口が「鶴」と「亀」で異なるという。それによってもらう整理券も異なる。


前の方のやりとりを聞いていたら、御朱印は1人3セットまで可能。え?いいの? そんなことしたら、テンバイヤー絶対出るから1人1セットにした方がいいんでないの?


diary_17030903.jpg


そして、私がもらった整理券から160人ほど待つことになる。


その間、携帯をいじっててバッテリーが減る一方である。たまたま座る場所があったのが幸いしている。こうなるんだったら、ポケモン持って来るんだった。


整理券をもらってから1時間40分後、やっと自分の番号が呼ばれた。窓口で御朱印帳なしの1セットを申し込み、クリアファイルに入った御朱印1セットを受け取った。1セット1500円です。


diary_17030904.jpg


いただいた御朱印1セットはこの通り。


ありがたいものなので、後で御朱印帳にのり付けすることにしよう。


 


同様の御朱印配布は3月19日で3連休の真ん中である。おそらく3月9日よりも多くの人出になるんだろうな。あと、4月も1ヶ月間限定配布があるようなので、どこかの週末にまた参拝しようかと思う。


 


あと、ちょっと腹立たしいことが。


「櫻木神社 御朱印」でヤフオクで検索したら、3月9日の限定御朱印が出品されているのを見つけた。それも複数。1500円かそれ以下で出すならまだしも、金額を上乗せして出品されているものだから腹立たしく感じる。出す方も出す方だけど、応札する方も応札する方。御朱印はその神社寺院に参拝していただけるもの。櫻木神社のホームページを見ると、郵送受付もしているので、やむを得ず参拝できないなら、そこから御朱印を申し込むのが筋ではないかと。


櫻木神社のホームページはこちら↓


http://sakuragi.info


 


次のページは、1ヶ月ぶりの大田区御朱印めぐりです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.03.05 福岡御朱印旅2日目(3) 筥崎宮・十日恵比須神社 [国内旅行]

diary_17030542.jpg


次の目的地は筥崎宮。志賀島からバス→西戸崎からJR香椎線→香椎からJR鹿児島本線で箱崎までを当初考えていたが、バスの行き先と経由地を見ていたら、次の行き先が一般道経由の天神行きで、箱崎浜が筥崎宮に近いことがわかり、2回乗り換えて行くよりバス1本で行けた方がいいと思い、バスで行くことにした。


diary_17030543.jpg


海の中道をバスは進み、福岡郊外の市街地を進む。


diary_17030544.jpg


志賀島から箱崎浜まで1時間もかかった。大きな渋滞もなかったのだが、バスで行くとこんなものなのか。運賃は520円。JRに乗り換えて行くのと、さほど変わらない金額だった。


バスを降りて少し歩いたところに大鳥居。さすが筑前国一の宮を感じさせる。


鳥居に「八幡宮」と書かれているが、ここは日本三大八幡の一つ。


diary_17030545.jpg


本殿とは反対側に歩くと、ここが箱崎浜。


家に置いて、身を清めるのに使ったり、博多祇園山笠の儀式にもここの砂を取る「お汐井とり」がある。ここから本殿までは直線に延びている。


diary_17030546.jpg


参道を歩いていると、サーカスの会場が。


ちょうどシルク・ド・ソレイユの「トーテム」の福岡公演がここで行われていた。


diary_17030547.jpg


立派な楼門。安土桃山時代に小早川隆景により建てられたもの。


扁額の「敵国降伏」は、亀山上皇が書かれたものを複写したものである。


本殿では儀式が行われていて、ここから先の中に入ることができなかった。


diary_17030548.jpg


diary_17030549.jpg


福岡に拠点を置くプロスポーツチームの絵馬も奉納されている。


ソフトバンクホークスの絵馬は、掛けるところが壊れていて非公開とのことだった。


diary_17030550.jpg


次に参拝したのは地下鉄で1駅移動した県庁の裏側にある十日恵比須神社。


diary_17030551.jpg


1591年に香椎宮の宮司が恵比須の像を見つけて家にお祀りしたのが始まりという。翌年、拾った場所に神社が建立されて庶民の参拝が広がったそうである。後に出雲大社から大黒様も分祀してもらい、現在の御祭神は恵比須様と大黒様となっている。


 diary_17030552.jpg


これにて、福岡の御朱印旅終了。


博多、天神の神社を回りたかったが、時間が全然取れなかったので、これはまたの機会に。また、福岡県を代表する太宰府天満宮にも今回は参拝しなかったので、これも次の機会かな。


 


というわけで、福岡空港へ・・・と思っていたところに、


diary_17030553.jpg


十日恵比須神社脇の公園でネコちゃんを見つけてしまい、にらめっこしたらこちらに向かってきた。


diary_17030554.jpg


diary_17030555.jpg


diary_17030556.jpg


さらには、膝の上にまで乗ってきてなかなか離れようとしない。


旅行の締めにこれかよ。


10分ほど相手をして福岡空港に向かった。


diary_17030557.jpg


福岡2日間これにて終了。


次のページから、地元の御朱印旅に話を戻します。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.03.05 福岡御朱印旅2日目(2) 香椎線沿線の神社 [国内旅行]

diary_17030520.jpg


南蔵院からの電車を長者原(ちょうじゃばる)で下車。


反対ホームに架線がなくても蓄電池にためた電気の力で走るJR九州のDENCHAが止まっていたので思わず1枚。北九州まで行かないと見ることはないと思っていたのが、こんなところで見られるとは思いもしなかった。


この撮影をしていたら、次に乗る列車に乗り遅れてしまった(涙)。長者原での篠栗線から香椎線への乗り換えって、こんなに便利だったんだ。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.03.05 福岡御朱印旅2日目(1) 南蔵院(篠栗町) [国内旅行]

 今回の1泊2日の福岡旅行で、博多・天神周辺で宿を取ろうとしたが、1万円以上のところしか残っていなくて、郊外の粕屋町にとることになった。それにしても、最近は外国人観光客が増えているせいか、それとも有名アーティストのコンサートがあるからなのか、主要な都市のホテルが取りにくい!!! なんとかならないものだろうか。


diary_17030501.jpg


旅2日目は、9時前にホテルの最寄りの門松駅からスタート。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
メッセージを送る