So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018.01.01 西安北京旅4日目(2) 兵馬俑・秦始皇帝陵 [海外旅行]

 華清池のバス停でバスを待っていたら、西安駅から乗った白いバスとは違う緑のバスが来て、兵馬俑行くか確認して乗車。しかし、終点で降りてみると、単なる集落で白や青のバスがこの街まで来ている様子はない。でも、バスの行き先は兵馬俑。Google Mapで確認したら、兵馬俑のバスターミナルまで歩いて20分かかるって出てきた(涙)。


 途中で、車掌のおばちゃんが「ピンマーヨン・・・」って、途中で話していたような気がしたが、車窓見ているとそんな雰囲気ではなかったので、そのままスルーして終点まで行ってしまった。


 今後、西安駅や華清池から兵馬俑までバスで行く場合、緑のバスには乗らず、白か青のバスに乗ることを強くお勧めします。


diary_18010120.jpg


11時半頃にやっと兵馬俑の入口に到着。


ちゃんと並ばない中国人対策なのか、レーンの設定がすごい。


祝日なのだが、さほど並ばずに中に入ることができた。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2018.01.01 西安北京旅4日目(1) 西安から華清池へ [海外旅行]

diary_18010101.jpg

前夜に2018年がスタートしたと同時に、打ち上げ花火でも上がるかと想って外に出て鐘楼まで行ったものの、何もなくて肩すかしを食らった感じだったが、一晩寝て朝7時に起床。テレビをつけると、ちょうど国家主席が新年の挨拶を長々としているところだった。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2017.12.31 西安北京旅3日目(2) 西安街歩き 午後 [海外旅行]

diary_17123131.jpg

大興善寺から大雁塔まで向かう途中、小寨の交差点を通る。

ここは大きなデパートがあって賑わっている。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2017.12.31 西安北京旅3日目(1) 西安街歩き 午前 [海外旅行]

diary_17123101.jpg

7時半起床で、この時間でも空はこの明るさ。日の出は7時50分頃だという。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2017.12.30 西安北京旅2日目(4) 西安の夜市 [海外旅行]

西安の城壁を1周した後、南門を出て鼓楼の北側に広がる回坊風情街へ行ってみた。

diary_17123066.jpg

diary_17123067.jpg

雰囲気のある裏通りを歩くと、この辺りはカフェやバーが多い。

diary_17123068.jpg

ぬいぐるみカフェだろうか。

その入口そばに日本では見慣れたLINEのキャラクターが店番をしていた(笑)

ただ、中国では通常はLINEを使えないはずなのだが。

diary_17123069.jpg

日が暮れて、鼓楼も完全にライトアップ。

diary_17123070.jpg

diary_17123071.jpg

diary_17123072.jpg

鼓楼の裏側から回坊風情街に入ってびっくり。18時半の段階でこの多さ。

diary_17123073.jpg

唐辛子だらけ。西安の料理も基本は辛い。

diary_17123074.jpg

豆腐も辛く味付け。

diary_17123075.jpg

せっかくなので、注文した。これで10元(約170円)

diary_17123076.jpg

冷やしうどんに辛い味付けの涼皮。7元(約120円)。

diary_17123078.jpg

老碗麺(28元)を知らずに頼んだら、平打ちの超極太の麺が出てきてお腹いっぱいに。

diary_17123077.jpg

屋台で売られていた飲み物は、石榴(ざくろ)汁や酸梅湯(さんめいたん)ばかり。

酸梅湯は火鍋を食べた時によく飲んでいるので、ここは石榴汁にした。

diary_17123077.jpg

diary_17123079.jpg

diary_17123080.jpg

とにかく人が多かった。

 

ガイドブックにはこの街のことがあまり詳しく書かれていなかったので、ここまで賑やかだったのは意外だった。この街の料理はほとんどが「清真」と書かれていて、イスラム教徒OKの食べ物ばかりである。豚肉が一切使われていない。中国の料理は豚肉を使ったものが多いが、このエリアでは一切見られなかった。こんな街並が、西安から西側では普通に見られるんだろう。機会があれば西安から西の街にも行ってみたい。西安の夜市を歩いて感じたことである。

 

翌3日目も西安の街を歩いて回ります。お寺がメインになります。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2017.12.30 西安北京旅2日目(3) 西安城壁 北門→西門→南門 [海外旅行]

diary_17123043.jpg


城壁めぐりの後半は北門からスタート。


南門や東門と違い、北門は建物が外側に1つ残っているだけである。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2017.12.30 西安北京旅2日目(2) 西安城壁 南門→東門→北門 [海外旅行]

diary_17123022.jpg

西安の中心街を囲むように城壁がある。

この街を都にしていた隋や唐の時代のものではなく、後世の明の時代に築かれたものが基礎となっている。1周13km以上で、城壁の上を歩くことができるということで、歩いて回ることにした。
案内図の表記が簡体字と英語までは許せるけど、何でその次がハングルなんだ???


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2017.12.29 西安北京旅1日目 初めての中国国際航空国際線 [海外旅行]

 明けましておめでとうございます。


 本年も変わらず旅行記書いていきます。


 早速ですが、年末年始恒例の旅から。年末年始としては4年ぶりに中国を選んだ。選ぶにあたり、今年は日数が取れないのでそんなに遠くの国に行けないこと、というわけで中国か台湾か韓国かで迷った。最近ずっと暑い国ばかり行ってるので、たまには寒いところで新年を迎えたいということになり、台湾は却下。韓国も行くところが決まっているので、これまた却下。韓国は観光地で絵葉書を売っているところが少ないので、毎年やっている年賀状代わりに出すのが難しいというのがある。よって韓国も却下。残るは中国の寒いところ。大連、長春、ハルピンの寒さはよく知っている。3年前の2月に行っているので、この辺りもパス。行ったことのない内陸部で行きたいところを探していたら、西安ということになった。他に重慶、成都あたりも調査したが、西安と北京をめぐるというルートで航空券を予約したのは9月のことである。


 中国の内陸部に目をつけたのは、8月末の出張がきっかけ。湖北省へ初めて行き、宜昌という街で仕事でお客さんのところに訪問した以外に、長江最大の三峡ダムを見たり、山椒が効いた現地の料理を食べたりで、他にも中国内陸部に行ってみたいと考えた次第である。


 内陸部の重要な街として、重慶、成都などが挙げられるが、日本と縁が深く中国の古都ということもあり、西安ということになった。


 北京は個人で5年ぶり3回目。空気が悪いというニュースで避けていたが、見どころで訪問していないところはまだまだある。今回は行ったことのない場所に行ってみたいと思っている。


 


diary_17122901.jpg


航空会社は中国国際航空を選んだ。


2012年冬に国内線で上海虹橋から北京まで乗ったことがあるが、国際線で乗るのは初めてである。


ネット上で見ると、サービスが悪いだの英語が話せないだの悪いことばかり書かれているが、どうなんだろうという思いで乗ることに。いつもアシアナ航空でマイルを貯めていて、中国国際航空は同じアライアンスなので、マイルがたまるし、搭乗優先などのサービスも受けられるということで、この際体験してみることにした。CA926便成田発北京行きに搭乗。見事に最初から30分近い遅れである。


diary_17122902.jpg


成田離陸後、チーバくんの鼻先(千葉県民にしか通じないかも。野田市関宿の江戸川と利根川に挟まれたところ)が見えるところを通過し、埼玉、山梨を通り過ぎる。このあと、雲の中に入り、車窓旅は楽しめなくなった。


diary_17122903.jpg


機内食で麺を選んだら焼うどんが出てきた。


味はこんなもんなのかなぁ。以前に上海から北京の間で出てきた機内食の方が良かったような気がする。


 


機内サービスだが、パーソナル画面が付いているのはいいのだが、日本語で楽しめるものがほとんどない。音楽も映画も中国語と英語を対象にしている。冊子にその案内もないから分かりにくい(※どうも私のところにだけ無かったらしい)。映画のチャンネル選んでいたら、「銀魂」があったので、心の中で笑いながら時間つぶしになった。日本語の映画はこれしかなかった。


diary_17122904.jpg


ソウル上空と思われるところを通過。


飛行機はこのあと黄海に抜け、旅順付近を通過して、天津郊外に上陸。


diary_17122905.jpg


30分遅れの18時50分頃に北京に到着。


このあと乗換て西安に向かうのだが、入国審査をして、荷物を一度受け取って、更に乗換カウンターに向かって再度手続き。この時、荷物に”PRIORITY”(優先)のタグが付いていないのに気付き、係員に急遽付けてもらった。どうりで北京で荷物が出てくるのが遅かったわけだ。


diary_17122906.jpg


北京から西安への便も30分以上遅れた。


CA1205便はターミナルからバス移動で飛行機まで向かう。


diary_17122907.jpg


出発が21時を過ぎ、離陸も飛行機が混んでいてなかなか飛び立たなかったが、西安への到着は予定より30分遅れで済んだ。飛行機の予定時間は空港の混雑も織り込んでいるのだろうか。


機内サービスはおつまみと飲み物のみ。国内線で2時間程度だと日本の国内線と変わらないサービスになるんだな。


diary_17122908.jpg


西安の空港に降りたところは、ホンダの広告ばかり。


工場が西安にあるのだろうか。


 


北京の空港で”PRIORITY”タグを貼り付けてくれたおかげで、西安の空港では荷物がすぐに出てきた。タクシーも並ぶことなく乗ることができ、40分ほどで西安の滞在先のホテルに到着した。タクシー代は高速代込みで155元。今回乗ったBYDの電気タクシーは音が静かで快適だった。


 


西安には4泊する。2日間は西安の街をじっくり回り、1日は郊外の兵馬俑に行くというプランである。2日目の手始めは、ホテルの近くから見ていきます。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2017年を振り返る 海外編 [海外旅行]

ぎりぎり12月31日のアップに間に合った。


 


前ページの2017年国内編総括に続いて、今回は海外編。


今年も色々なところに行くことができた。


恒例の年末年始はマレーシアから始まり、4月からは海外出張が入る仕事を兼務することになり、出張でも海外に行く機会が多かった。


初めて行った国は、GWのフィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、トルコ、そして8月の出張で行ったインド、お盆休みに行ったウズベキスタン。これにより、行ったことがある国は47ヶ国・地域(香港・台湾などを1つにカウントしている)。


久しぶりに行った国は2008年以来のブラジル。2週間休暇が取れない限り南米は無理だと思っていたが、とある事情で仕事で行ってきた。


 


振り返ると、GWの旅行から帰国してから、パスポートの切り替えが大変だった。


パスポートの有効期限は2018年2月まであったが、残ページが2ページを切っている状態で、ウズベキスタン旅行をGW前に申し込んでしまい(ビザの申請には2ページの空きが必要)、また、5月下旬に中国出張があったので、パスポートの切り替えを中国出張から戻ってから申し込み、新しいパスポートを入手したのは6月に入ってから。そして、そのパスポートをウズベキスタンの旅行を申し込んでいる旅行会社に預けている最中にブラジル出張の話が舞い込んできて、ビザが出来上がったのと同時に都内の旅行会社に直接取りに行き、もらった足でブラジル出張の手配をお願いしている旅行代理店の人に渡すというドタバタは今でも忘れない。


 


そんなわけで、海外に出かけた日数が例年よりも多く、記事にした回数も多かったかと思うが、国内旅行の御朱印のアクセス数が異常に多くて、海外の記事のアクセス数は、御朱印の記事のアクセス数に比べて10分の1程度である。


それでも、多かった6件を紹介したい。


 


2016.12.29 マレーシア旅1日目(1) 序章


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2017-01-07


 


2017.04.28-29 欧州5ヶ国旅1・2日目(1) フィンランド入国まで


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2017-04-30


 


2017.04.11-13 韓国出張でした


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2017-04-16


 


2017.08.11 ウズベキスタン旅1日目 タシケント到着


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2017-08-12


 


2017.01.01 マレーシア旅4日目(2) イポー郊外の洞窟寺院


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2017-01-22-2


 


2017.06.27-07.03 ブラジル出張でした その2


http://tantabee.blog.so-net.ne.jp/2017-07-06


 


アップしてから時間が経っている方がアクセス数が多いというのもあるが、マレーシアのペナン島はリゾートというよりも、普通に観光を楽しめる街である。安い宿代でそこそこいいグレードのホテルに泊まれたし、街中の食事も安くて美味しいときた。13年ぶり2度目だったが、また時間をおかずに行きたい場所の一つである。


また、マレーシアでもう1つランクインしたイポーの街は、クアラルンプールやペナン島に隠れてしまう地味な街だが、洞窟寺院は行った方がいい。また、この街を訪れたなら、ホワイトコーヒーも飲みたいところである。


フィンランドがランクインしたが、バルト三国は予想以上に英語が通じて街歩きしやすかったという印象がある。ロシアがビザが必要ということで、不要になれば、是非ともフィンランドからロシアに抜けるルートで旅行したいものである。


ウズベキスタンは、いつかは行きたい場所の一つだったのが今年ついに実現。一人旅で地元民と一番話をした旅になった。人々は皆フレンドリーで親切。ビザが必要で、必ずどこかのホテルに泊まらなければならないという面倒な部分があるが、それを差し引いてもまた訪問したい国である。


 


今年も大したことない旅行記に付き合っていただき、ありがとうございました。


来年もこの調子でいきますので、引き続きよろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
メッセージを送る