So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017.05.02 欧州5ヶ国旅5日目(2) リーガ(ラトビア) [海外旅行]

diary_17050221.jpg

14時前にリーガのホテルにチェックインして、早速街歩きスタート。

この建物は1階がカジノになっている。このように、リーガの街中には小さなスペースにカジノが目立つ。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.05.02 欧州5ヶ国旅5日目(1) タリン→リーガ バス移動 [海外旅行]

diary_17050201.jpg

おとぎの国の世界のような街だったタリンに別れを告げる。

前日はメーデーという祝日で入れなかったところがいくつもあり、また機会を作って訪問したいと思っている。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.05.01 欧州5ヶ国旅4日目(1) メーデーのタリン(エストニア) その2 [海外旅行]

diary_17050125.jpg

タリンの旧市街下町を西側から北側に歩いていると、大きな教会が見えてきた。

聖オレフ教会はタリンで一番の高さの尖塔のある教会である。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.05.01 欧州5ヶ国旅4日目(1) メーデーのタリン(エストニア) その1 [海外旅行]

diary_17050101.jpg

一夜明けて、ホテルの窓からは前日までとは違ってすっきりとした青空と、いかにも旧市街な眺めが広がっていた。第一印象まるでおとぎの国にいるみたいである。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.04.30 欧州5ヶ国旅3日目(2) ヘルシンキからタリンへ [海外旅行]

旅行3日目。前のページでスオメンリンナ島に渡った話を書いたが、ここでは島に渡る前後のヘルシンキ市内を歩いて回り、対岸のエストニア・タリンに高速船で渡った話を書くことにしたい。


diary_17043027.jpg


diary_17043028.jpg


日曜朝9時半過ぎのヘルシンキ駅周辺はとても静かだった。こちらの日曜朝の人出は、デパートの開店が12時頃とあって、だいぶ鈍いようである。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.04.30 欧州5ヶ国旅3日目(1) スオメンリンナ島(ヘルシンキ) [海外旅行]

diary_17043001.jpg

前日夜は吹雪だったが、夜が明けると雪は止んでいた。

日曜朝9時半過ぎの中心街は、人出がまだまばらである。

日曜日は12時にならないとデパートが開店しないというのもあるかも。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.04.29 欧州5ヶ国旅2日目(2) ヘルシンキ 雨のち吹雪 [海外旅行]

 自身41ヶ国目の入国をフィンランド・ヘルシンキの空港で果たし、まずは空港内の観光案内所へ。ここには日本語のパンフレットも置かれていて、日本人には大変ありがたい内容となっている。今回、ここでヘルシンキ市内交通と博物館がセットになったヘルシンキカード48時間用(56ユーロ)を購入した。

diary_17042921.jpg

空港から市内まではフィンエアーバスを利用。

この場合、ヘルシンキカードの提示で割引になる。

人口60万人程度ということで、空港のターミナルもさほど大きくは感じられない。


画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.04.28-29 欧州5ヶ国旅1・2日目(1) フィンランド入国まで [海外旅行]

 GWはヨーロッパというのが私の中の最近の傾向。ドイツ・オランダ・ベルギーをめぐった2012年、島国マルタと乗り換えでドイツの2013年、スイスとリヒテンシュタインと乗り換えデンマークの2014年、同じく乗り換えデンマークでノルウェーとスウェーデンの2015年。どれも記憶が今でもよく残っている旅である。

 今回の旅は以前から構想を練っていたコースだが、航空会社の選定がうまく進まなかった。ルフトハンザは高く、SASもここ最近続いていたので、たまには他の航空会社に乗りたい。マイルを付けたいので、ルートで一番最適なフィンエアーも想定から外した。

 そこで、今まで乗ったことがない航空会社でマイルが付けられるということから、ターキッシュエアライン(トルコ航空)を選んだ。乗ったこともなければ、トルコにも行ったことがない。

 コースを固めて航空券を購入したのが、今年1月のこと。トルコ航空でも航空券は20万円もした。この時期は本当にどの航空会社でも高くなる。その2ヶ月後に、仕事の担当の拡大で、4月末に台湾出張が決定。GW旅行の出発と、台湾出張の最終日が重なるというハードな内容になってしまった。

 2009年に、オランダ3週間の出張から戻って、翌々日にニュージランドへGWの旅行に出たことがあるのと、2012年に、上海へ出張から戻った翌々日に大連・瀋陽・北京へ夏休みの個人旅行に出たことがあるが、それ以上のきつきつな行程になってしまった。

画像が多いですが続けて見たい方はクリック


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.04.25-28 台湾出張でした [海外旅行]

 先日の韓国出張に続き、今度は台湾出張でした。

 韓国の時と違い、今回は自由時間が全然とれず、写真に収めたのは往復の飛行機と食事ものだけ。今回はそれだけで勘弁して欲しい。

diary_17042501.jpg

今回は訪問先と時間の関係で、スターアライアンス系以外の航空会社で行くことになった。

台湾には10回以上訪問していると思うが、中華航空を利用するのは初めてで、しかも第二ターミナルからの出発なんて10年以上ぶりかもしれない。

仕事ということで、職場の社長名義のカードで、中華航空のホームページから購入したのだが、チェックインでトラブル。念のため社長名義のカードのコピーを持参していたので、なんとか難を逃れたが、他人名義のカードで決済した場合は、カード名義の人から同意書をもらわなければならないとのこと。めんどくさい。次回から中華航空は自分名義のカードで購入して乗ることにしたい。

diary_17042502.jpg

diary_17042503.jpg

成田を離陸してからは、地上がくっきり見えていい天気の中を進む。

写真は羽田空港、そして富士山。

diary_17042504.jpg

大きな川が2つ見えて、その左側は三重県。

diary_17042505.jpg

大阪南部を通過。大阪湾に浮かぶ関空、左上に淡路島。

diary_17042506.jpg

大鳴門橋が見えて、徳島県に入った。

このあと、四国は雲に覆われて全く見えなかった。

diary_17042507.jpg

台北に到着し、初日の昼食はお客さんに誘われて鼎泰豊の小籠包だった。

去年の旅行時は待ち時間の長さで諦めていたので、ここで食べることができたのは嬉しい。

diary_17042701.jpg

2日目と3日目は仕事漬けで、夕食はお客さんと。

台湾のお客さんも相当お酒を飲む。台湾ビールで乾杯して、そのあと紹興酒にレモン汁を入れたもので乾杯。これを何杯も飲んでいると本当に酔いがまわる。これが2日連続である。

diary_17042801.jpg

4日目。帰りの飛行機はスカイチーム仕様のデザインだった。

機材トラブルで出発が30分も遅れたのは痛い。

diary_17042802.jpg

離陸して1時間半ほどで枕崎上空を通過。

もう少し東側を進んでいたら、開聞岳を見ることができたのだが。

diary_17042803.jpg

宮崎上空と思われる。

真ん中に大淀川が流れて、河口南側に宮崎空港の滑走路が見える。

diary_17042504.jpg

本州最南端・串本町と潮岬上空を通過。

diary_17042805.jpg

成田に15分ほど遅れて到着。

チーバくん、ただいま。

 

こうして4日間の台湾出張これにて終了。

仕事の合間を見つけてどこかにお出かけ・・・が全くない完全仕事漬けの内容だった。

 

この後、自宅に戻って、荷物を詰め替えてGW休暇の準備を整えて、わずか8時間後に再び出国。

入国と出国が同じ日付で押されるなんて今回が初めてで、再び海外に出発した。

次のページから、ヨーロッパの旅行記書きます。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2017.04.16 郭沫若記念公園のシバザクラ [地元ネタ]

 今月は仕事がものすごく忙しくて、平日は1日12時間以上職場にいる状態。週末も昨日の佐倉のチューリップを見に行った後で仕事をするほどで、例年以上にとにかく忙しい。

 4月は花の時期。そんな忙しい中でも何とか時間を作って、昨日のチューリップ、そして今回のシバザクラを見ることができた。


 シバザクラは自宅から徒歩圏内にある。秩父や富士山の麓が有名だが、そことは比べ物にならないほど面積が小さい。でも、小さくても綺麗に咲くところがいいのだ。

diary_17041601.jpg

その名前は郭沫若記念公園。

郭沫若は、戦前に市川に住んでいた中国人の文学者であり、毛沢東政権時代の中華人民共和国の政治家でもある。

郭沫若の当時の住まいをこの地に移築して、公園として整備している。

diary_17041602.jpg

diary_17041603.jpg

diary_17041604.jpg

ここ最近、毎年のように見に行っているが、今年は残念なことに雑草が多くて鮮やかな赤白ビンクになっていない。

とあるところから聞いた話では、庭を手入れする業者が今年から変わったそうで、そしたらこの有様。今までは雑草なんて気になっていなかったので、今年は何とも残念だった。


来年こそは、再び鮮やかなシバザクラを見せて欲しいものである。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
メッセージを送る